2019年11月14日 (木)

リアステア

 リア充じゃないけど、リアステアのことなら少しはわかります。「モーターサイクルの構造上、ラウンド形状のリアタイヤを起点として、コントロールを行うことにより、フロントタイヤがステアすることをリアステアと言います。」こんな感じだと思います。つまり、リアステアで曲がるというのは、通常全てのバイクにおいてごく普通に起こることでしかなく、リアステアで曲がるというのは、フロントがステアすることで曲がるということです。ま、リアタイヤは左右に切れたりしないので、当然ですが。

 リアタイヤの曲率により、トラクションをかければ旋回状態のまま加速できる。十二分なトラクションがかかれば、さらに旋回の軌跡を小さくすることができる。もちろんこれもリアステアの影響ですが、リアステアで曲がるがここだけを指すという認識は間違っています。リアステアの一番大事なところはコーナーの旋回に入る場所ですから。だって、立ち上がりはだれだって簡単にできるでしょ?そこをもってリアステアの最大の効果とは言えないじゃないですか。

 コーナーで止まるのに「エンジンブレーキをかける」、みたいな言葉になっちゃってる感ありですが、どのバイクでも普通に起こってることですから、リアステアですべてのバイクは曲がっているわけです。だいたい、フロントステアで曲がるってなんですか…。フロントがステア機能を持っていなければ、バイクは横倒しになるだけで曲がったりしませんよ…。だから、言葉の基本の認識から間違っているので、それが他の人に正確に伝わることはありませんよね。バイクはフロントブレーキだけで止まるみたいなのと一緒で、言ってる本人は理解できてないひとなのでせう。

 というあたりで、どうにも他の人と話が噛み合わない…と感じる理由が、ようやくわかりました。ツイッターで「リアステア」と検索したおかげですね。この辺の言葉の一人歩きというか、きちんと届けられてない感は、バイク業界の昔からの謎というか、ま、雑誌作ってる人も割とゆるくしか理解していないのかもしれませんね。これだけライテクと言ってる世の中で、基本となる用語の理解も進められない程度には、解説者がそれぞれ違う事を同じ言葉で言ってるという感じなのでしょうかね?80年代後半以降、もう30年は経ってると思うのですが…。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

カワサキービモータ

 いや、驚きましたね。とはいえ、どう転んでも縁の無い価格帯のバイクの話ですから、気になるも何もないですね。というあたりで、カワサキにお願いしたい、ミドルツインのテージシステムです。ビモータネームだと、ステーキにフォアグラにトリュフソースみたいなこってりこってりにしかなりませんから、テージのハブステアだけを使ってカワサキネームのバイクを造ってほしいな、と。テージの難しさは、超高額商品なのに、買ったライダーはリスクを冒さないと乗り方が理解できない、という部分です。

 そして、テージシステムに適合する若い子を見いだせないという点が、テージシステムの未来を狭くしてると思います。興味ある、でも400万、500万出せるのか?って話ですよね。だから、もう徹底的にコストダウンして、流用パーツ使いまくりでいいので、ハブステアバイクを手の届く価格で限定販売できないか?と。限定にせざるを得ないのは、Uターンが難しかったり、雨ざらしだとハブステアが死ぬという欠点(あえて言ってみる)があるからですね。誓約書にサインして、リセールも制限しないといけないかもしれない。

 当然、露天にカバーのみという人も多いでしょうから、ホイールロックを兼ねるハブカバーを標準添付してやるみたいな方策も必要でしょう。でも、こうして普通に使われないと、いつまでたってもガラスのハブセンターステアになっちゃいますから、量産による低コストと進化を目指した方が将来につながるのではないでしょうか?でも実際、ハブセンターステア乗るかな?さすがに那須のライパで乗ったものよりは、格段の進歩はしてるのでしょうが、乗りづらいですよね(苦笑)。

 あの丸太を転がすような、思い切ってコーナーのイン側にころりとするのを想像すると、なかなか厳しい感じもしますが、新しいのは普通に乗れるという声もありましたから、おそらく今は大丈夫なのでしょう。ブレーキの感覚、バンクの感覚、思い切って攻めるには、やはり最初は転倒のリスクを考慮して、高額過ぎる商品ではやりたくないですね。ライパのテージも、アームに溶接跡がありましたが、外装まで考えると、いったいいくらかかったのか…。ゾッとするのは、貧乏人だけではない。と思うんですよね。H2のエンジンって、殺しにきてるわけではないないんでしょうけど…(殺すと言っても、お財布の事ですよ、一回転ぶとスーパーバイク買えそうですし…)。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

ブロンクス?

https://www.harley-davidson.com/jp/ja/motorcycles/future-vehicles/bronx.html#wxxrV4f2UqVpjrgV.97

 ビューエル系の新車なんでしょうかね?見た目がちょっとドゥカティ要素が多いというか、全体的にはヤマハ風味というか、もう少し冒険してほしかった感はありますが、電動バイクと同じ路線という感じなのでしょうね。逆にメインテナンス的な問題でタンクに付いてるっぽいメーターとかは整備性からも普通でよかった気もしますが、その辺にアイデンティティを出してみた、ということなのかもしれません。というか、ヤマハもボルトのエンジンでこういうのどうでしょうね?

 ちらっと見た感じ、重そう、イマイチ操舵の応答が鈍い、トラクションがかかってる感が乏しい、というイメージでしょうか。この辺は乗り手の問題もありますから、雑誌試乗記が出てこないとよくわからないですけどね。ハーレーとかは割と普通の人(モデルさん?)を宣伝ライダーに使うことが多いので、わかりにくいんですよね。スポーツスターよりは高回転域を常用しても平気な耐久性、を得てたりするのでしょうかね?それともやっぱり同じ程度?興味は尽きないところです。

 ステップの基部が広くなりがちなハーレーですけど、一生懸命ステップを追い込んでる感はありますかね。とはいえ、それでも乗りづらそうな雰囲気はありますが、プロモーションビデオの二人ともハンドルでバイクを動かそうとするタイプに見えるので、低い位置でコントロールしてくれる人の映像が見たいです。浅いバンク角でのハンドルの応答性が悪い感じも、そういう乗り方のせい…ではないか。立ち上がりでトラクションで曲がる感が見えないのも不安なところ。アクセル開けても立ち上がらない車体とかも。

 なんて言ってますが、どうせ買うお金もないので、余計なお世話でしかありませんけどね。重心が低い?、でも重量物がリアタイヤとステアリングヘッドをつなぐラインから両方に大きく離れて存在してる、だとちょっと粘るハンドリングを想像してしまいますし、できるだけ荷重の増減を意識してバイク自体に動いてもらう方が、スムーズにクイックに動くと思うんですけどね。

 まあ試乗する機会があれば逃さない様にしたいところですが、多分試乗車として置くところも少ないでしょうね。価格も高そうですし、乗れるから乗るというより、楽しい方を選ぶ的な自分の価値基準からすると、スポーツスターのロードスターの方が楽しそうではあるのですが。宝くじが当たれば購入するリストに入れておきましょう。

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

ちょっとハーレーも見てきた

Eia8sfwx0aay5id  ドリームのカブをチラ見した後山の方へと向かいましたが、ちょっとハーレー屋さんの前を通りがかったので、ぐるっとUターンしてのぞいてきました。あ、外から見るよりずっと広いんですね、このお店。こちらの道はごく稀にしか通らないので、気が付きませんでした。裏に試乗コース?みたいなのもあるんだ。SR400で行くと恥ずかしい感じですが、でかいハーレーの横にとめて、お店の中も覗いてみました。

 やっぱりスポーツスター系はあまりないですね。ビッグツインが数台という感じで。割とおしゃれな店内は、人が5~6人いるのに、凄く静かな感じで落ち着かないです(苦笑)。ドリームなんかも静かですが、なんかちょっと雑然として、あちこちで話声がしてる感じの方が落ち着きます。とはいえ、バイク屋にいる時間はそんなに長いわけでもないので、気にならなくなったりするんでしょうけど。静かに本読んだり、スマホいじったりね。

 試乗もよければ、という感じでしたが、スポスタは883だったので遠慮しときました。それより気になったのは、お店の中にいた人たちはシュッとしたビジネスマン風の方が多かったのですが、ドバドバとやってきて、結構な音のマフラーで空ぶかしを繰り返す半ヘルのイカした(レじゃなくてしだからね)お兄さん方が外に来てたこと。ディーラーとはいえ、やはりハーレーはこうなっちゃうんかねぇ…と、さんざんグッツィで爆音を轟かせてた人間が言ってみたり。

 まあ、ちょっと苦手なので、早々に退散して山の方へ。今日は気合が入ってないので、軽く流して。気合の入ってそうなグロムさんがいましたが、さすがに上りはきつそうですね。自分は荷重移動を意識しながら、片手、両手離しででトコトコと。やっぱりちょっとSR400だとギア固定が難しいので、NC700Sが懐かしくなります。ツインの禁断症状が出ますね。しかし、またガソリンが高くなってる。でも、いつもと同じセルフの店ですが、前回より10円高いけど、なんだかかなりパワー感がある。同じガソリンでも、仕入れ時期で違ったりするもんなんでしょうかね?不思議です。

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

できるのかな?

 ヤマハの3輪車、トリシティは2度モニターに落ちちゃいましたし、ナイケンは試乗会で乗ることも出来なかったので実際のところはわかりませんが、個人的にはリア乗りの練習にもいいんじゃないかと思ってました。まあ、乗ったことが無いのに適当なことを書けないと思って書きませんでしたが、試乗する機会はやっぱりその後も無いし、ネタもないので拾っておこうかと。フロントに不安を感じる人が、その回復のために役に立つのか知りたい、というのは前書きましたね。

 それより積極的なライディングの練習と言うか、確認みたいなものでしょうか。意外と、ヤマハの広告もそうですが、ナイケンのライディング写真を見ると、みんな普通のバイクみたいにフロントタイヤ依存と言うか、不安の裏返しの過荷重(そもそもバイクのフロントも超ヘビー)と言うか、普通のバイクと同じように乗ってる人が多い気がします(見てる写真が多いわけでもないので、気のせいかもしれませんが)。ちょっと位では滑らない、滑っても一気に倒れることが少ないという3輪車のメリットを、全然生かしていない気がします。

 ハンドリングや、フロントの応答性でそういう乗り方になってしまうのかも?という疑問があったので書きませんでしたが、もしできるなら、リア一輪車的な、フロントを投げ出した(と言うと語弊がありますが)ライディングを試してみるといいかもしれません。フロントが滑るかも…という恐怖がほとんど無い分、きちんとリアでバイクをコントロールするという基本を学べるかもしれないですしね。この投げ出すという表現は間違いなんですが、イメージとしては、内側に転がる様に回り込むフロントタイヤを行く方向に勝手に行かせる…内側に勝手に放り込まれるのを邪魔しない…という感じでしょうかね。

 山道を攻めてみたい、と言ってたのがこの部分で、フロントに荷重をかけないと怖くて乗れない、曲がるとは思えない、そういう思い込みの解消に役立つのではないかなぁ?と。ライディングを変えるというのは怖いし、体に馴染んだものを修正するのも大変ですし、乗り換えてフロントがまた一輪になったら…というのもわかります。わかりますが、それでも、感覚として過荷重の必要性の無さとか、フロントが回り込む感覚の体得とか、得られることも多いんじゃないかと…。

 とはいえ、やはり試乗したことが無いので、ホントに出来るかどうかは知りませんけどね(無責任)。ライパで貸してくれる人がいたら(そして壊しても文句言わないなら)、ちょっと思いきり走って検証してみたい、と思ったりもしますが、楽しさならハーレーで無理する方が楽しそうですね。速さを求めるのは、レーサーの方にお任せしますし。

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

マルケスのライディングについて、雑感

https://twitter.com/HondaJP_Live/status/1185446445895188481

 アドレスはこれで良いのかな?ホンダの公式にマルケスの裏のストレートエンドの走りがあったので書いた、つぶやきを転載。以下

 こうして見ると、マルケスって思った以上にリアから動かすオーソドックスなスタイルね。まあ、だから激しい走りに見えて、あんまり転ばないんだろうけど。フロントタイヤ寄りの来季中上君は難しいだろうなぁ。

 リアが浮いて外に着いて、内側に着いて、真っ直ぐにさせたところで逆操舵なんか使わないで、クン(頭見てるとわかりやすい)、と重心をインに移すようにしてリアタイヤの設地点を起点に曲がり始めてる。ブレーキをちょっと弱めるとインが起点を中心にクイッと曲がり、完全にリリースした所で上半身を…

 内側に沈めていくけど、あくまでコントロールの要は足の間、尻の下のリアタイヤにあり、フロントに摑まったりせずにトラクションを最大限に生かそうという姿勢が見えるんじゃないかな。そして、ブレーキから立ち上がりまで細かく修正する体の柔軟さが一番のポイントかと(重心を高くしない)。

 細かく見てくと、ブレーキング時の制御とターンインのコントロールで左手を切り替えていたり、シフトダウンがあのあたりだったり、高速からの直角コーナー、しかも下ってるという状況でもターンインのフロントタイヤに集中してないとか、凄くいっぱいヒントはあると思う。

 昔のビデオでひたすらコマ送りにして荒い画面のテレビにかじりついてた自分らの世代に比べて、高精細高速カメラのある今の方がちゃんと色々見える気がするんだけど、意外と今の方が乗り方が出来てないのはどうしてなんでしょうね?さすがにちょっと不思議すぎますね。

 以上。と、深夜のテンションで勝手なことを書いてますね。でも、暴れてても滅多に転ばないのは、きちんとバイクの基本の動きに忠実に動かしてたりするからというのもあるのでしょうね。どうしてもフロントタイヤが気になってハンドルにしがみついてしまう、そしてトラクションでも荷重が逃げてしまうスタイルの中上君は厳しいかもしれないなぁ、と言う意味です、最初の。昔のロッシなら、今のホンダ機、凄く好きそうですが、今は最近のヤマハの傾向でフロントを押し付けるスタイルを強要されてる(クアタラロー除く)感じだから微妙かな?

| | コメント (1)

2019年10月19日 (土)

定説と、感想

 切り口を変えて。SR400に乗る前の情報では一般的に、エンジンは遅い、振動が凄くて回せない・長距離走れない、ドコドコ感はある。フロントサスがプアで乗れない。フロントブレーキもプアで乗れない。リアサスは可も不可もなく。フレームはよれる、タイヤはイマイチと言う感じでしたかね。エンジンは回りたがらない、ツマラナイ、飽きるというのもありましたか。まあ、自分が書いてきたのを見ると、ぜんぜん聞いてたとの違うという感想で。

 とはいえ、この辺は乗ってきたバイクにも原因がありますし、乗り方の違いが顕著なのもそうですね。つまり、一概には言えない。でも、定説とは全く違う印象を受ける人もいる、というのが大事なところです。ライテクもそうですが、あまり人の言うことを鵜呑みにし過ぎると、良いことはないということですね。というわけで、ここも変態が書いてるので、鵜呑みにしないことが肝要です。自分にしか役に立たないシリーズを筆頭にね。そんなこと言いながら、危うく自分も鵜呑みにして違うバイクを買って後悔するところでした。

 クラシック傾向のバイクを多く乗り、ツインシングルしか乗っていない自分にとっては振動もなくスムーズ過ぎて、ドコドコ感もないよなぁという感じなんですよね。FIモデルだから?かもしれません。リア乗りでリアステアというか、フロントは基本放り出してしまう方だからか、フロントサスはもうちょっと細かい動きにしなやかに反応してほしいとは思うけれど、弱いとか足りないとかはほとんど感じません。逆にリアサスは全くダメ。話にならないレベルで、3,000キロ位だったか減衰が抜けてまともにライディングできないという判断で、投げ捨てました(もてぎのライパのフリー走行前に危なくて走行中止した)。リアサス大事。コントロールにおいても、動きでもマシンの中心ですし、ここを妥協しては楽しくなりません。

 ブレーキも、みんな強化してるのが当たり前みたいな雰囲気がありますが、全然ノーマルでOK。たとえ動力性能を少し上げたとしても、自分的にはこのバランスでいい気がします。この辺がフロントサスが足りないにつながるのかもしれませんね。弱い、しなる、曲がらないというフレームは、かなり良く曲がりますし、もてぎの130R全開でもちょっと寝せた瞬間にグニャッとする位で、他では弱さなど気になりません。なんでしょうね、この違い。スタンダードタイヤでもよく曲がりますが、多分一次旋回“超”重視というイメージで乗らない人には難しいのかもしれません。

 ブレーキが足りない、フロントサスが足りないという人たちは、ブレーキが強すぎたり、一次旋回重視のラインに出来なかったり、バイクがしてほしい乗り方が出来てないんじゃないかと思います。ま、あちこちガチガチに強化して、タイヤをハイグリップ化、深いバンク角にできる設定にすれば、こうして欲しいとライダーが思う乗り味になるのかもしれません。が、それはクラシックバイクに歪んだ走りをさせるわけで、あちこちに無理がかかっても文句は言えないですよね?と、SR400を擁護しておきたいと思います。遅くても、バイクなりに乗れば十分な性能で、その範囲でも楽しいバイクですよ。

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

そういえば、

 最近、一時の様にOGK…というか、KABUTOでしたね今は、をたくさん見かけることが減った様な?気のせいというか、タイミングもあるのかもしれませんが、もっと安い無名系のヘルメットを見る機会が増えましたかね。不景気ということもあるのでしょうが、さすがにリッターSS、600SSでそういうホームセンターメットみたいなのを見ると、ちょっと…だいぶ怖いですね。ちょっと元気に走るだけでエネルギーが猛烈なことになるバイクで、本人は怖くないのかな?

 というか、一時の様なヘルメットとか、装備の安全性に関する興味が失われつつあるような印象も受けます。アライも丸いことを強調することに忙しく、昔の様なダメージヘルメットの広告とかも見かけないですしね。ジャケットやパンツも含めて、若い子は見た目重視な感じなのかな?もっと気にしない若い子や中年は短パン、半そでなんてのも、この夏は多く見かけた気がします(例年より乗る時間が多かっただけかも)。転んだことなんでしょうね、きっと。それか、不死身系か。

 まあ、繊維の質、表面強度の重要性とか、装備品ではアピールが無くなってますしね。胸部プロテクターとかだけは、やたらとアピールが目立ちますが、公道では使い勝手が悪すぎることもあって、あまり使ってる人は多くないように感じられます。まあ、夏場だからというのもあるのかもしれないですけどね。意外とブーツだけは、ちゃんと履いてる人も多いですね。グローブは…してない人もわりと見かけますが、転ばなくてもあれ跳ね石とか当たったら結構大ダメージですし、そもそも操作がしづらくないんでしょうか?不思議です。

 まあ、そんなこと言いながら、自分もジャケットは割と普通の使うこともありますし、ジーパンのことも結構ありますね。山の方へ行くときはライディングジャケットと革パンツ(主にカントリージーンズ…パッド類の無い大昔の)が基本ですが、街乗りでライパで使ってる革の上下を着ることはまず無いというか、それは危険な精神状態なのでダメですね。ヘルメットはジェットやシステムを考えたことは数えきれないほどですが、そのたびに「いや、いや、」と思い直してフルフェイス買ってますね。そうそう、ガエルネのタフギア、そこがはがれたのを接着剤で貼ってたの、またはがれちゃって不便ですが、スニーカーとかでは怖くて乗れないですね。

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

闘うライテク(苦笑)

 同じようなことを言ってる、現象としては同じだったりする、見た目はそうだけど実際はそうじゃない。それなのに、ええと、なぜかライテクは相手をけなし、自己正当化をする場となっておるようです。理想論を振りかざす人、理屈をこねてもっともらしいことを言う人、うん、なかなか難しいです。逆に、理屈はさておき、なんとなくそんな感じ~という緩い人。どちらかというと、とっかかりが出来るだけでも、こっちの方が自分は良い様な気がします。とにもかくにも、伝わって、相手が簡単にチャレンジしてみようと思えないライテクは、個人授業だけでするべきでしょう。

 だいたいにして、昔から車やバイク乗りは理屈をこねて実践できないという人の多い分野でありますし。理想論を振りかざし、実際に走ってみると、現実との残酷な差に周囲だけが生暖かい目になる…なんて、ざらでございます。もちろん自分もそちら側の、生暖かい目で見られる方ではありますが(直近のライパの写真なんて笑いものにしかならないしねぇ)、それでもわかりやすさ、理屈は最小限で、現実に起こる現象に対応することで得られるものを得る、と言うスタンスのつもりではあったりします。

 だいたい、やたらと理屈をこねて、専門用語を並べてメンドクサイこと言っても、実際に起こってるのは、ブレーキングから旋回して立ち上がるだけ、の事ですからね。それよりも、理屈っぽい人の方がリーンアウト傾向で力が入ってたりするのは、なにかしら別の要因が絡んでたりするんでしょうか?いつも不思議に思います。上体が起き上がってる人も多いですね。そちらの方が理想的、なのかもしれないですが、トラクション、荷重を活かすという観点からするとズレてしまってるように感じられるんですが、これも理屈で説明できるのでしょうか?

 そもそも、140センチと190センチの人が、シートストッパーで身動きも取れない、ハンドルの低いバイクに乗って、同じようにライディングできるはずもありません。大事なのは、旋回時に十分にタイヤの接地点内側に荷重できるのか?とか、トラクションをどれだけ活用できるのか?という事でしかないですよね。狭いポジションのNCではああいう乗り方しかできなかったけど、広いシートのバイクではまた違う柔軟な乗り方、これ普通でしょう。あまりにもピンポイントな説明は、真実から外れてしまうこともある、という事を忘れない様にしないといけないですよね。

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

オーリンズ在庫処分

https://twitter.com/ricoland_mito

 火事の際にあった在庫一掃セールですが、水戸のライコでオーリンズ半額ですよ!買いに行かなくちゃ…って、もうオーリンズ付いてるわ。しかし、風雨にさらされるサスですし、熱にあってるわけでもなさそうなので、超お買い得ですね。ハーレー用を買っておきたく…え、SRの車検代と同じくらい?諦めるん。

 個人的にはグッツィで悩みに悩んで、850Rでも考え込んだWPと違って、オーリンズはフィーリングが合うんですよね。ボンネビルはオーリンズ安売りしてるのを見かけて決断したということがある位ですし、NCだって新車にオーリンズ付けてもらって納車した位ですからね。もっと高いのはもっといい?使ったことないし、フィーリングの問題が大きいので、性能が良ければいいというわけでもない様な気がするので、興味がわかない感じ。

 SRは車体価格もあるし、安い国産にするつもりでしたが、結局オーリンズにしてしまいました。うん、安心と安全の(安いサスはやはり不安が残るし)選択ですね。でも、おかげで調整機能の付いてないスタンダード品でもオーダーの様にぴったりです。何の調整もしてないです。しっとりとして、地面を離さないグリップは、不安なく思い切って行けます。ターンインのリーンでもバッチリ、欲しい性能を発揮してくれてますし。

 この辺は個人差大きいところですが、好みを探るという意味でも、今回の様な特別セールは嬉しいですね。ハーレー用も充実してた気がするのですが、ハーレー乗りあオーリンズとかあまり使わないんでしょうかね?イメージ的に。スタンダードで乗ってる感が強いバイクですよね。なんとなく。

| | コメント (0)

«そういえば…