« RATラリー、見たかったですね | トップページ | グランプリ »

2006年5月26日 (金)

モトGP

 今年もGPが開幕してはや5戦目。モトGPではだれも敵わないと思っていたロッシの不調で大番狂わせ。でも、ワンサイドゲームではなくなったこともあり、久しぶりに観戦が楽しく思える今日この頃です。

 そして何より、元気な若手の大量流入という、年寄りばかり、といわれていたモトGPのメンバーの入れ替えが活気を生んでいるんだと思います。もちろん日本のバイクばかりですから、日本人ライダーに活躍してほしいところですが、250の元気のよさに比べて、モトGPの二人はなかなか苦労しているようですね。

 ロッシは確かに上手いし、何に乗っても速く走れると皆が疑わずにいたところでのこの不調。マシンがよくないのも事実でしょうが、ライダーとしても過渡期なのかもしれませんね。まあ、でもいつまでも情熱を持って楽しく、というのは難しいものですから、コレがまた良い刺激になって、あと何年もこれからの若手相手に活躍してくれると嬉しいんですけど。

 でもあのロッシですから、意外とシーズンが終わると、またロッシの年だった…、ということになっているかもしれません。ヘイデンとカピロッシには最後のチャンス(だと思う)の今年に何とかチャンピオンをとってもらいたいですね。とくにカピロッシに関しては、原田以来わだかまりのある人もいるようですが、生粋のファイターでどんな状況でもアグレッシブに走り続けるし、ジジイ世代としても若いもんに一泡吹かせて欲しいと思っています。

 もちろん来年以降のレギュレーション改定で、現在はトップグループにいるドゥカティが上手く対応できない可能性が無いとはいえないので、その前に資力に勝るホンダ・ヤマハに勝ってもらいたい、という気持ちが大きいからでもあります。後はマシン・タイヤのトラブルが無く、タイトル争いに残ってくれば、カピロッシならやってくれるんじゃないか、と期待しています。

 来年はまた国産車を応援するとして、今年はドゥカティ(とカピロッシ)に、ぜひとも頑張ってもらいたいと思っています。

|

« RATラリー、見たかったですね | トップページ | グランプリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モトGP:

« RATラリー、見たかったですね | トップページ | グランプリ »