« ショートブーツ | トップページ | ルマン »

2006年5月 9日 (火)

中高年ライダー急増中、50代以上が36%(読売新聞)

@nifty:NEWS@nifty:中高年ライダー急増中、50代以上が36%(読売新聞).

だ、そうです。確かに自分も40代に入ってしまいましたし、バイク屋へ行っても若い人は案外少なく感じていますから、次の世代は少ないのかもしれません。今でさえ売れずに縮小傾向のバイク市場ですが、メーカーが4社もあるのにほとんど輸出のみに頼る、というのも寂しい話です。

 しかし自動車メーカーも乱立する日本だし、すぐに新車に乗り換えることもあり、程度の良い安い中古自動車が多いことも若い世代のバイク離れを後押ししているのでしょう。やっぱりデートは車のほうがいいでしょうし、初期投資はややバイクが安い程度、ガソリン代は倍ほども違わなければ、駐車料金の高い都心部以外はやっぱり4輪車ということになるのでしょうね。

 個人的にはかなりのリスクを伴う乗り物だけに、好きで乗りたい人だけが乗ればいいとは思っていますが、そんな悠長なことを言っている場合ではないのかもしれませんね。50代以上が4割近くということは、少なくとも10年以内くらいには降りてしまう人の数も結構いるはずですからね。

 はてさて、いったいどういう風にすれば良いのか、難しい問題ですね。

|

« ショートブーツ | トップページ | ルマン »

コメント

若者はやっぱりイージーなスクーターでしょう。それから見せることに主体があるようですし。
若者のハーレーもその延長のような気がします。ですから、ハーレーはこの先30年くらいは安泰ではないでしょうか。

投稿: rocketiiidash | 2006年5月10日 (水) 00:45

やっぱりハーレーですかね。
それにしても、やっぱりハーレーも全てインジェクションになっちゃうんでしょうかね。
時代の流れとはいえ…。

いずれは水冷になっていくんでしょうか?

投稿: Ryu | 2006年5月10日 (水) 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中高年ライダー急増中、50代以上が36%(読売新聞):

« ショートブーツ | トップページ | ルマン »