« 比較写真 | トップページ | ジェルシート 続 »

2006年5月16日 (火)

ルマン(続々)

 長すぎて3回になっちゃいましたが、一応最終回。久々に乗るルマンは本当に楽しかったんですが、周囲の自分を見る目の冷たいこと…。ボンネビルの時とは大違いです。

 もちろん音量の大きさが一番の原因。これはもう自分でもうるさいので困っていたりします。そしてグッチに乗ると騒ぐイタリアンの血(生粋の日本人ですけど)が全開を誘うことで、事はさらに深刻な状況へ…。いやまあ自制心が無いのがイケナイだけなんです。不惑の年なのに。

 2ストのときもテールパイプを乾かしていた自分がちょっと悲しかったのですが、まったく成長していませんね。これがボンネビルを選んだ本当の理由だったりしないこともないのですが…。今のところボンネビルではジェントルな走りが実現できているので、このまま何とか続けたいと思ってはいるのですが、さて。

 でルマンの様子ですが、やっぱり点火時期やタペット調整だけでなく、タイヤ交換(カチカチ)、前後サスのオーバーホール(オイルにじみ)、ミッションのオイルシール交換(大ごと)、オイル交換にブレーキパッドの交換と、乗り続けるには相当な出費が必要になります。もちろんこのまま誤魔化しながら、というのもありでしょうが、乗れば全開のルマンは誤魔化しようがありません。

 車検に保険の費用まで考えると、軽く中型が一台買えそうな勢いです。とりあえずで車検だけ通して、保険は最低条件にするか、約束どおり(守る気無いんですか…)放出するかで悩んでいます。でも悩んでる割には、用品買ってへそくり全部無しって、あきらめてるってことなんでしょうか。

|

« 比較写真 | トップページ | ジェルシート 続 »

コメント

グッチに乗ったことはありませんが、私もイタリアンのMonsterに乗るとスロットルを開けたくなってしょうがありません。同じ心境のように思います。

投稿: rocketiiidash | 2006年5月16日 (火) 21:58

ホント、イタリアンてネェ。
でもグッチは3千回転あたりでドロドロ走っても楽しい!
ので渋滞や街中も苦になりません。
そういう点ではもう少し完成度が高ければ、
なかなかに強力な魅力を持つバイクなんですけどね。

投稿: Ryu | 2006年5月17日 (水) 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルマン(続々):

« 比較写真 | トップページ | ジェルシート 続 »