« 中高年ライダー急増中、50代以上が36%(読売新聞) | トップページ | チューブ »

2006年5月10日 (水)

ルマン

 久々に、ホントに3ヶ月ぶりくらいで先週土曜日にちょっとだけルマン1000に乗ってみました。3回ぐらいに分けて何時間かずつ充電しておいたので、エンジンの火入れはケーブル無しのセル一発。

 このまえかけたときは振動で分解するんじゃないかと思いましたが、さすがに今回はそれは無し。でもトラに慣れてしまっているとかなりの振動ですけどね。きちんと暖気をしないといけないところですが、爆音が気になり(前は気にしなかった、トラが静かで…)そろそろと発進。あれ、ギアが渋くなってますね、なんでだろう?

 あー、やっぱりクリップオンは乗りやすいです。ユーターンも簡単に出来ますし、交差点でもスパッと小さく回れます。何とかアップハンドルにも慣れてきたかな?と思っていましたが、やっぱり低くて垂れて、でも遠くないハンドルは非常に乗りやすいです。やっぱりハンドル変えちゃおうかな。

 それにしてもやっぱり自分のセッティングは変なのかも。トラになかなか馴染めないような感じなのも、この変なルマンに長く乗りすぎたからかもしれません。とにかくちょっと傾けるだけでハンドルがスッ、と切れるので頭がオーバーステア気味にコーナーのイン側に入ります。こういう設定だと高速域でまともに乗れなかったりしますが、真っ直ぐ減速して起こしながら加速する自分にとっては気になりません。かえって寝っぱなしでコーナリングスピードを上げる走りにいかないので、自分的にはリミッター的な部分にもなっていますしね。

 スピードが上がってくると、特にコーナーに侵入してスパッとイン側にフロントを切れ込ませてからバンクを安定させる所でネガ(はじかれたり、グリップを失ったり)がでやすいので不安定なんですけど、スッと寝た所で出来るだけそっとフロントタイヤを地面に置くような感じにしてやれば大丈夫な感じです。ちょっとずつバンクのスピードを遅くしてやり、最後にふわっとフロントに加重をのせてやる感じ?

 すっかりわけわからないですけど、こういうのは僕のルマンに乗ってもらわないとわからない部分ですね。口(文章)では限界がありすぎです。おそらくグッチ的なハンドリング(安定した速いコーナリングスピード)とは対極ですが、もともと僕のは16インチですし、18インチ的コーナリングを知らないので良しとしています。ジングウシではダメだしされちゃいましたけどね、まあ僕だけが乗るものなんで良いでしょう。(長すぎなのでツヅク)

|

« 中高年ライダー急増中、50代以上が36%(読売新聞) | トップページ | チューブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルマン:

« 中高年ライダー急増中、50代以上が36%(読売新聞) | トップページ | チューブ »