« ジャジャ | トップページ | 欲しかったバイク 2スト編 »

2006年5月30日 (火)

もらい事故

なんであれ、事故は嫌なものです。もらい事故、それも当て逃げだったりすると、後味が悪いことこの上ないですね。

 国道246を夜走っていたとき、前方で信号のために車がたまっていたので、軽くブレーキングしながら進行中、いきなり後ろからスリップ音が。と思った瞬間、リアに衝撃があり、リアが持ち上げられました。30キロぐらいしか出ていなかったと思いますが、逆に動いていたおかげでショックがやわらげられ、転倒もせずに済んだんだと思います。Nsr

 端によると車も停まってきました。若い男性の車の被害はバンパーが少しへこんだ後があるくらい。とりあえず車を空き地に入れてもらい、警察に電話をしてもらうことに。しばらく待っても警察が来ないので、道路近くに見いくと、猛スピードで発進して逃げる車…。

 ナンバーを控えるとか、免許証を預かるとか、相手を入れて車両の写真を撮っとくとか、なんかしらしとかないとねぇ、とその時おまわりさんは言いましたが、初めての事故でそんなに落ち着いて事故の処理が出来る人はそう多くないんじゃないでしょうか。免許取るときも教えてくれないし。

 まあ、結局自分が甘かったということで、深く反省しました。NSRは、傷があるところも使えるところは使っても12万円。泣くに泣けないですよね。結局この後、何が悪いのかエンジンの調子がイマイチのまま、治らずじまいでした。

 皆さんも事故の時には十分な注意を。できれば(なかなかむずかしいけど)事故の状況写真を撮っておくのと、証人をお願いして残ってもらうこと、免許証を預かっておくことが大事です。不可能な場合は、相手の車が動けない位置に車を止めましょうね、って、普通はそうそう逃げないでしょうけど。

|

« ジャジャ | トップページ | 欲しかったバイク 2スト編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もらい事故:

« ジャジャ | トップページ | 欲しかったバイク 2スト編 »