« ルマン(続々) | トップページ | スピーディーの通販 »

2006年5月17日 (水)

ジェルシート 続

 ジェルシートで走ってみました。最初に気になったのは、実はジェルうんぬん以前に形の違い。

Gels 純正シートが前から後ろにかけて低くなり、フロントシートのほぼ後ろ一杯でお尻が落ち着く場所があるのに対し、スクランブラーのフラットシートはどこへ座ってもほぼ平らなので、シートベルトまで腰を引くとなんとなく後ろ下がりに感じることもあり、いまひとつ落ち着く場所が無いというか、シートストッパーが欲しい様な気がしてしまいます。

 これは身長180センチというのが影響しているので、逆に背の低い人にとっては、いちばん前に座っても後ろにずり落ちそうにならずに落ち着くこの形は、願ったり叶ったりなのかも知れません。シートの幅が結構広いようなので(角が丸くないし)、そういう点ではいちばん前に座る人以外は足つき性で若干問題があるようで、一番後ろに乗る自分では、踵が地面に着いていたのがやや浮くような感じになっています。

 また積極的に走るような場面では、シートストッパーのある純正のほうがいいような気もしますが、これはそのうち慣れるんじゃないかと思います。実際ジェルといっても押したときはともかく、乗ったときにはブワブワしたり、ムニュムニュするわけではなく、節度をもった固さがあるように感じますので、不安な感じはありません。意外と純正とそれほど変わらないような気もしますが、やはり振動や衝撃に対してある程度以上の効果があり、また面圧が低くなっているような感じもあるので、長距離が楽しみになってきました。

Gel_4  形も意外と慣れてしまうと気にならないようで、この前は違和感があったのが、今回はカバーを開けた時から、自然な感じがしました。というか、ホワイトのパイピングもキレイで、これはこれで良いんじゃない?という気がしてきました。交換自体はネジ2本なので、気が向いたら交換して、という使いかたをしてみようかな。

 それにしてもスタイル的にはやっぱりハンドルが高くてかっこ悪い感じもするので、もともとの希望通りフラットに近く、ある程度垂れ角のあるハンドルを探さなくてはいけないようです。もう少し幅も狭く、フォークに近いところにグリップがくると、バイクも少し小さく感じるし、なによりクリップオンに慣れ親しんだ自分にとっては楽なポジションになります。意外と直立は腰が辛くなりますから、適度に前傾が一番です。

 さて、長距離ではどうなるか。結構シートの角で股の下側が痛くなるような気もしますが、どうなんでしょう?

|

« ルマン(続々) | トップページ | スピーディーの通販 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェルシート 続:

« ルマン(続々) | トップページ | スピーディーの通販 »