« なんとか復活(の兆し、腰痛編) | トップページ | 茨城県 »

2006年10月 7日 (土)

行けなかったけど、残念

 昨日は今年最後のもてぎのライディングパーティーでした。仕事を抜けても大丈夫そうな感じで、さらに雨の予報が出ていたので、これ幸いと申し込もうと思っていたのですが、ご存知のように腰痛がでてしまって今回は断念いたしました。

 お天気は雨と風、晴れ男の自分としては望んでいた天候(?)でしたが、やはり一日サーキットを走るライパでは体力的にも大変ですし、サーキット初心者も多いということもあるのでしょう、キャンセルとなってしまったそうです。一日サーキットを借りる費用、ネモケンのブログに大赤字、と書いてありますが、本当に大変でしょうね。それでも安全を優先するあたりがライパらしく、嬉しくもあったりして。

 一日雨、のサーキットは那須のエクスプローラー時代に一度だけ。あとは降っていても後半にはドライになったり、サーキットを出たら豪雨とかでした。実は雨の日は好きなんです。雨のEXサーキットでは深い水溜りができていたり、川ができていたりしましたが、楽しく走ることができました。

 実は晴れと雨でタイムがそれほど大きく違いません。もともとがタイヤに乗ってエイヤッ、というのは苦手だし、公道が基本にあるので、あえてそういう走りに慣れない様にしている(というとカッコいいですが、怖くてできないだけ)部分もあります。この辺がサーキットに結構行っていても、基本が公道(リカバーの効く範囲で走る)の自分らしさだと思っています。

 というわけで、晴れだと全く歯がたたないSSマシンなども、雨が降れば十分射程圏内に入ってきたりするわけです。もちろん雨なので無理すればスリップダウンもありえます。いつもの自分を見失わない程度に頑張って走るのが楽しいわけです。コーナーはそういうわけでいつもどおり遅いわけですが、ブレーキングと加速体制に入る早さを生かして、なるべく直線区間で抜いて(安全第一)走ります。

 晴れ用のタイヤの多いSSの弱点をついた、雨の日だけの楽しみですが、普段抜かれっぱなしのグッチで、どんどん抜いていけたりするのは結構楽しかったものです。ブレーキングでもフロントが軽くスリップする位のブレーキングで突っ込めるのも、インテグラルブレーキのイイとこでした。もっとも水溜りにつっ込んで、フロントが切れ込むのを3回もやったところで少しセーブしましたけど。

 というわけで、雨の日に乗ったことのないボンネビルでしたが、コントロールしやすい細いタイヤや安定性のあるハンドリングもあり、雨なら行ってみようかな~、と考えていたわけです。腰痛がなければ行っていたでしょうが、そうしたら現地で中止の報を聞き、ガックリと帰ってくるところでした。あの天気でも、何十人かは現地入りしていたそうですから、残念な思いをした人も多かったでしょう。

 ストレスからか、会社帰りの雨風の中、普段着ない合羽を着てスクーターで走り回ってしまう自分に苦笑しつつ、なんか小学校のころ、雨の日の帰り道でドロだらけになって帰ったのは楽しかったなぁ、とふと思いだしてしまいました。もしかして、あの頃から成長していない???

|

« なんとか復活(の兆し、腰痛編) | トップページ | 茨城県 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行けなかったけど、残念:

« なんとか復活(の兆し、腰痛編) | トップページ | 茨城県 »