« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

ストリートバイカーズ

 え~、最近バイク雑誌は立ち読みする程度で済ましてしまうことが多く、気になる記事があった雑誌だけを買うことが多いです。年に数冊程度、バイカーズステーション(新車の図が欲しいとき)、ライダースクラブ(最近は少ない)、クラブマン(好きなバイクの気になる記事があるとき)の3誌しか買っていないですね。

 でも、RSとCSはレース好きなので大体立ち読み(だけでゴメンナサイ)していますし、最近はストリートバイカーズを眺める(読む、じゃなくてね)のが楽しみになっています。お気に入りのバイクを自分なりのスタイルにして、普段使いに使っている様子を見ると、楽だからとスクーターばかし乗っている自分が、いかに年をとったのかということを思い知らされます。

 もちろん精神年齢は非常に低いわけですが、若さが枯れてきているなぁ~、と毎回思い知らされています。見た後は、いつもボンネで通勤したくなるわけですが、ご近所の目とか(朝は遅いけど、夜遅いことが多いので)、掃除が大変だとか、消耗品が…などなど、どう見ても年寄り臭い言い訳ばかりです。ホント20台の頃はバイクばかりよく乗っていたもんだと思います。

 それに、既成概念にとらわれないカスタムや、ファッションとしてバイクを楽しんだり、フルカスタムしていても盆栽ではなくて、本当に楽しそうにバイクを使い倒している雰囲気が、いまの自分にとって、かなりの癒し系雑誌と映っているようです。そんな時代もあったなぁ…、なんて言ってないで、自分もそっちへ戻ればいいだけのことなんですけどね。

 今でもただ乗っているだけでも楽しいんだから、体力が落ちた分、250や400の楽しいバイクで普段使いにすればいいんだよなぁ、とは思っていても、今の国産車のラインナップを見ると…。前から言ってるように、ルマンは売って、トリッカーかVTR250っていうのも、かなり勇気が必要(物足りなさそうで、怖い)なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

とりあえず

 結局、ルマンは整備無しの車検だけ、ということにしてしまいました。古いバイクの上に、結構傷んでる部分もあるので、なかなか人に売るというのは気が引けてしまいます。しっかりと見て、それでも欲しければ安く譲ってもいいとは思っているのですが、その後壊れたりすると嫌なので、部品取りにと思っている人がいるといいんですけどね。

 もちろん起死回生はありませんでしたので、家ではかなり険悪な雰囲気が漂っておりますが、来年取りに行くまでに欲しい人が出れば売りますから、という約束をしてひとまず誤魔化しています。革のジャケットと普段使いのヘルメットをあきらめ、いくつかカメラを放出して今回はなんとかしようと思っています。

 閑話休題。オオツキに中古のテンニ(テニ、テニー)が置いてありますが、シャフトむき出しが嫌いな自分なので興味が無いフリしています。でもついつい視線がいってしまう様で、どう?と社長に何度か聞かれてしまいました。緑のカラーリングが素敵なテンニですが、茨城には3台位棲息しているらしく、普段はまったく見かけないのに、23日には大塚池そばの赤男爵に止まっている別の一台を目撃。急に目撃が増えるとは、どうしたことなんでしょう?

 もっともマットな塗装ということもあり、結構手入れは大変そうです。オオツキにあるものもシート周りは結構細かい傷が目立つようですが、修正しようがないのは辛いですね。乗らないのがイイ、というわけにもいかんでしょうし。まあ、その辺も味のうち、と思えればいいんでしょうけどね。V11は緑色を使ったカラーは全て大好き、その他の色はどうもイマイチ好きになれませんでした。なぜ?これでシャフトがむき出しでなければ…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

案の定

というか、風邪ひいたようです…。

自業自得、なのでしょうが、“お父さんももう年寄りなんだから、いい加減バイク辞めたら?”と言われてショックです。寒くなってきたので、装備には気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒くなってきましたね。

1123  今日(というか昨日)はめずらしくお休みでしたので、子供がお昼寝している時間に1時間半ほどバイクに乗ってきました。ジーンズで出てしまったのですが、いやもう寒くて。

 グッチは結構エンジンが風除けになったり、温風が吹いてきたりということがあるけど、エンジンの横にはみ出ていないボンネでは気をつけないといけませんね。年寄り(には限らず、だけど)は冷やさないようにしないと、長く乗れなくなってしまいますからね。

 帰りに用品店でウインターグローブを物色したのですが、どうやらXXLでないと指がきついようで、XLまでしか置いていない為ネットで探すしかないようです。今のお気に入りは、ジョイフル本田だったかで買った2,980円くらいの手袋なのですが、やはりプロテクションが弱いのが気になっています。

 ついでにのぞいてきたヘルメットコーナーですが、一通りかぶってみましたが、やはり好きなアライはサイズが微妙に合わない(きつい)ですね。TXモタードとかいうのが結構サイズが良い感じだったのですが、バイザー付きはさすがに高速走行の問題やメットインボックスの容量もあり、考えてしまいます。なによりボンネビルには合わなそう…。

 と、暖をとっていると、ついつい無駄使いしそうなので、早々に退散。結局ぐるっとその辺をまわっただけですが、空冷エンジン的には、やっぱり寒い方が調子が良さそうな感じですね。開け閉めのレスポンスがちょっと敏感な感じがしましたが、この辺は気のせいでしょう。

 グッチに乗るとイケイケになってしまいますが、ゆったり走れるボンネビルも悪くないですね。夏は暑くなる、と聞いて外していたジェルシートも、そろそろ付けないと、と思いつつそのままだし、ホイールも中途半端に磨いたまま放置されているし、ガレージとは言わないまでも、風除けと屋根のあるバイク置き場が欲しいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

バスは怖い

 オートショップオーツキは国道沿いにあって、車で行くには非常に便利なのですが、バイクを預けて帰ってくるときには、結構大変です。

 以前友部の駅から歩いて5分の頃は、友部からJRで水戸駅、そしてバスで5分のという感じでしたが、今はバス停まで送ってもらわないと帰れません。およそバスで20分。しかし、まあ、久しぶりに乗ったバスの怖いこと。

 いつも乗らない評判の悪い青いバスしか走っていないので、あきらめて乗ってはみたものの、急加速、急減速は当たり前、完全に停止する前にドアは開けてしまうは、シフトショックは初心者か?というほどで、変える頃にはしっかり車酔いしてしまいました。ルマンで揺さぶられていったのに、バスのほうが酔うとは信じられないのですが…。

 毎日これに乗らなくちゃいけない、学生さんやサラリーマンの人は大変ですね。一台に乗ってそこまで言わなくても、という感じですが、青いバスのウワサを聞いていた身にとっては、“ああヤッパリそうなんだ”と納得のいく出来事でした。みんな何にも言わないんですかね?不思議です。

 しかもバスの時刻の5分前にバス停についたにも関わらず、時間のバスはとうとうやって来ず(すでに通過?)、仕方なくあと13分待って、5分遅れの次のバスに乗車しました。公共交通を使ってください、と言われますが、この有様ではお客様は減って下さいと言わんばかりのような気がします。

 まあ、普段からバスに煽られたり、かぶせられたりしてますから、若干色眼鏡なのかもしれませんが、でも実際もう少しなんとかならないもんなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

どうしよ

 とうとう期日が来てしまいました。というわけで、ルマンをオートショップ大月に置いてきました。

 さて、どうしましょう。ちゃんと捨ててきてねぇ~、と笑顔で送り出されたのはいいのですが、乗っちゃうとヤッパリ未練がありますねぇ。14年も乗ってた(と言っても、腰痛もあり、この2年で1,000キロだけど)バイクだけに、はいサヨナラ、とはいかないのは当然ですね。

 それまでのバイクは2年単位で変わっていたのを考えても、ヤッパリ自分には合ってるということなのでしょうね。かといって、家庭不和も困るので、打開策を考えてはいたのですけれど、甲斐性の無い自分を恨むくらいしかできないのが現実。とりあえず車検をとって、また2年で1,000キロ足らずしか乗らないのではしょうがないのも事実ですし。

 というわけで、グッチのことになると相変わらずグダグダしてますが、それだけ魅力的、でも(20年前のバイクだし)お金がかかるのよね、ということでしょうね。ちなみに大月にはV11テンニの中古もでていて(やっぱり乗る時間が取れないとかで)、期せずしてBMWディーラーに2台の新旧グッチが揃っております。

 緑と赤のグッチが2台並んでいるのはカッコいいですね。BMWに負けない存在感はさすがです。やっぱ、グッチイイなぁ。というわけで、日曜まで預かってもらうことにして、日曜に結論を出すことにしました。

 ウ~ン、起死回生の一発、なんとかひねり出さないとイケナイようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

ヌーヴォー

 11月の第3木曜日、ボジョレー・ヌーヴォーが解禁されました。お飲みになりました?

 自分はほとんど酒が飲めない体質なんですが、日本酒とかワインとか、なめるのが好きだったりするので、3種類ほど試してみました。今年は、まあまあという感じで、若干果実味が足りないのが気になりますが、これは飲んだワインだけかもしれないですね。

 最近フランスワインの、特に有名な高級ワインの値上がりがひどく、庶民の手の届く存在から遠ざかっているようです。ちょっと奮発した位ではどうにもならないので、最近はブルゴーニュ、ボルドーのそれなりのものには手を出さず、ボルドーの安いのや、ローヌ地方のワインばかり飲んで(なめて)います。

 飲んだら乗るな、と最近は非常に厳しく言われていますが、ちょっとでも飲むとフラフラの自分にとっては、何当たり前のこと言ってんの?という感じなのですが、飲める人の世界というのは別世界なのでしょうね。

 でもね、何度も酔っ払いにぶつけられそうになってる(水戸だから?)自分は、やっぱり飲んだら乗るなは守って欲しいかな、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

しょうがないよね(日記)

 今週はバイク乗ってきていいということでしたが、子供に負けました。いやホント、モトラボロにルマンで、とか考えていたわけですが、“お父さん、プール行こうよっ!”と朝から一人で盛り上がっている子供を放ってもおけず…。

 ということで、今日はホロルの湯へ。水戸市内から30分かからないくらいの銭湯で、温水・冷水のプールを併設しています。温泉だけだと高いのですが、料金に含まれるプールも入れば逆に安いかも、ということで出かけてきました。大月からなら15分くらいかな?

 恐竜の森?だったかのある森林公園はしょっちゅう行っていますが、森林公園からすぐのところにあるこちらは初めての訪問。結構立派な施設ですね。プールは25メートルを核とした冷水ゾーンと、バブルバスを中心にした温水ゾーン、申し訳程度の子供用滑り台の付いた子供用温水プールの3つで形成されています。まだ泳げない小さい子供なので、子供用でしばらく遊んでバブルバスの方へ。さすがに冷水は心臓が止まりそうなので、ちょっとだけ。

 泳いだわけでもないのに、20分も遊んでいたら結構疲れてしまいました。一度着替えて温泉に。まあ、温泉だけだと料金ほどのこともないかな?という感じかなぁ。ついでにと入った露天風呂は寒かったのですが、紅葉がそこそこ綺麗でなんか満足。プールと温泉のダブルは効きますね。かなり眠くなりました。そのあと併設の食堂(そこそこ高いけど、不味くはなかった)で軽い食事をして帰宅。

 昼寝をする二人をおいて、眠いけどちょっとはバイクに乗ろうとボンネビルで出動。ぐるっとまわって和菓子を買っただけですが、やっぱり楽しいですね。しかし今日は寒かったので、湯冷めするし、ウインドプロテクションの弱いトラじゃなくて…、とグッチにも火を入れてみました。前にエンジンをかけたのは一体いつなのか?でもキュ…キュ……キュ・ドドンとほどなく点火、バッテリーは充電が必要なようです。

 かかってしまえばこっちのもの。暴力的な騒音でご近所には申し訳ないのですが、最初片肺だったので、ちょっと回し気味に暖気。少しぐずったけど、調子は悪くないようです。そろそろと走り出しながら、やっぱりトラより暖かい(風が当たらない)よなぁ、と思いながらその辺をグルグルと。今日の夕方、市内でふざけたルマンを見かけたなら、それは絶対自分です。うるさくて危なくてスミマセン。

 適当にエンジンを回して、熱々になったところで終了。セパハンはやっぱり乗りやすいです。そのあとすぐ乗ったボンネビルは、どうしてだかVT250を思わせるエンジンフィーリング。あっちはVだし、違うはずなのに懐かしい感じ。ルマンがアレだから、というのを差し引いても、やっぱりVTっぽい(ちなみに今でもVT大好きなので、いい感じ)よなぁ?と思いながら帰宅。

 ホントにちょっとしか乗れなかったけど、まあ寒かったし、このくらいでちょうど良かったのかも、と思っています。それに今日は車の移動中にラリオみたいな(イモラ?タルガ?)バイクを発見。しばらく付いて走ってみましたが、やっぱりカッコイイですね。水戸市内で久々に見るグッチでしたが、外見は自分と同じバイク(見るのは奇跡?)なので、嫁さんには“お父さんのバイク、だれか乗ってっちゃったんじゃないの(ラッキー)?”といわれる始末。

 若い子かな?乗りなれてないのか、コーナーはちょっとおっかなびっくりという感もしましたが、県外ナンバーだったし、もう会う機会は無いかも。バイクなら声をかけたのにね。本当に日記になってしまいましたが、読み返してみると、結構楽しい一日だったし、まあ良いかという気もしてきました。来週はもてぎのホンダモーターサイクリストスクール中級(だっけ?)があるので、シーズン最後に、とちょっと狙ってたりします。さて、どうなることか。それにしても、今日は眠すぎる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

フロントフォークが…

 といってもスクーターですが、いつものハードブレーキングに耐えられなかったようで、フロントのフォークのオイルシールがダメになり、フロント周りがオイルだらけになっているのを発見してしまいました。

 真っ直ぐ走るし、タイヤも全然滑るようでもなかったので大した量ではないのかもしれませんが、直さないとまずいでしょうねぇ。そういえばSRXもルマン(フォークをつなぐエアのパイプが破裂してオイルまみれになったときは驚いた)もフロントフォークからオイルが漏れましたが、ブレーキのかけ方が悪いのでしょうかね?体重が重すぎるというわけではなさそうですが…。

 スクーターは軽量だし、小径ホイールということもあり、結構振り回しているのがいけないのでしょう。それでもさすがに、リアはしょっちゅうブレーキングで滑らせていても、フロントをロックさせるのは至難の業(雨の日はともかく、ホッピングしたり、すぐ切れ込むし)だけに、フロントをそんなに酷使しているつもりはなかったのですけれどね。

 中古ということもあり、結構錆びている所を見ても、雨に当たるような環境でゴムが傷んでいたのかもしれません。タイヤは新品になっていたしね。それに普通はハードブレーキングを想定した設計はしてないんでしょうし、そんな走り方してる自分が悪いということもあります。

 研究熱心(と言えば聞こえはいいか)な自分は、リアをハーフロックで左右に揺らした状態からどうやってコーナリングするのか?とか、ハーフロックで外側に振り出すのはできるのかな?とか、大きいのでやると命取りになりそうなことを実験したりしていたりするので、設計の想定外の使い方であることは間違いありせん。でも、酷使しているんは主にリアのような気もしますけど。

 というわけで、修理か(結構するらしい…、自分では自信も時間も無いし)、次期通勤スペシャルの導入か、という悩みも増えてしまいました。グッチと2台出して、いっそのこと600のSSでも導入してみようかとか、VTR-SP2やTL-Rのようなツインの失敗作に挑戦してみようかとか、通勤を考えたらトリッカーかVTR250でしょうという真っ当な考えも少し、しながら楽しんでいます。

 大月行くとF800って言われそうですが、ボンネビルとかぶっちゃうんだよな~。でも予算を考えると…、やっぱりトリッカーで更なるお遊びを、というのが妥当な線かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

大洗

 というわけで(なにが?)子供と二人で大洗水族館へ。いい天気で、さらに暑くもなく寒くもないとくれば、もうバイクだらけですね。海沿いは今日はバイクが多く、100台くらいは見かけました。

 ウズウズしちゃいますが、子供と二人っきりで一日、というのも本当にたまにしかないので、こちらも結構新鮮です。10時半に着きましたが、今日は水族館も人出が多く、たくさんの家族連れで賑わっていました。息子も、今まで座っていられなかったイルカショーも初めて見られて、結構満足した様子。結局3時間ほど水族館で過ごし、所望のおにぎりとソフトクリームで昼食、帰宅してゆっくりとお昼寝しました。

Iruka  いるかの写ってない、いるかのプール。ズームの無いカメラを持っていってはしょうがないですね。もっとも、ショーが始まったら、落ち着かない子供を抱えて、写真を撮るどころではありませんでした。ちなみに4列目。ギリギリ水のかからない場所にしてみましたが、本当にギリギリ。1列目の人はびしょ濡れでかわいそうなほどでした。

 さて、バイクですが、今日は旧車会と呼ばれる方々の集まりがあったようで、絞りハンドルや2段(3段はいなかったかな)シート、半キャップ姿もチラホラのKHや750SS、CBやGS、Zなどと併走する機会もありました。隊列を組んで普通に走るツーリングのようで、そうしている分にはバイクも綺麗にしているし、思わずバイクに目を奪われてしまいましたが、なにやら睨みつけられたりして、ああそうね、と思わず反省。でもこの頃のバイク、やっぱりカッコイイものも多いですね。

 ハーレーや国産の大型アメリカンが目に付きましたが、結構小排気量の子供たちも元気に走っていて、なんとなく嬉しくなってしまいました。KSRやエイプ、ボルティーやエストレヤ、この辺のバイクを普段使いにしている彼らを見ていると、自分もその辺のバイクで通勤しようかな、という気になってきます。ウインド(雨も)プロテクションと気軽さを考えると、ついスクーターを選んでしまうのですが、やはりああいうほうが楽しいかなぁ…。

 残念ながら、トラとグッチはまたもや0。面白くて、いいバイクなんですけどね。BMWは結構多いですね。大月でもある程度の数を売ってるのかな?それとも得意の長距離を生かした県外組でしょうか?さすがにF800系はまだいないようですが。

 風邪もだいぶ良いようですし、来週は(出かけておいで、と言ってくれてるので)遠くに行ってきちゃおうかなぁ~。雨降らないよなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

頭いた~い

 風邪が流行っているのか、会社内でも3種類の風邪が確認されていますが、そのうち二つに続けてかかってしまった自分は体力が落ちているのかもしれません。

 そんなわけでボンネビルの掃除も始めた所で挫折していますし、車検が21日までのグッチのほうも何とかしなくてはいけないしで、気ばかり焦って空回りしている今日この頃です。家で寝込むほどではないのは幸いですが、頭痛もひどいし、1週間以上調子が悪いと、気分も落ち込んでしまいますね。

 調子が悪いといっぱい食べてしまう自分は、体重も3キロ以上増えてしまったようで、ウエストもヤバイし、そろそろ生活を戻さないとツナギも着られなくなりそうです。そういえば使うエネルギーが減っているのか、ここのところ太りやすいような気もします。頑なにズボンのサイズを変えずにいるのですが、最近ボタンがとまらないような…。

 今日はお仕事ですし、日曜日も子供を一日見ていることになったので、今週は乗れそうもないですね。子供にドライブ行こうといって、ちょっと遠い日立のモトグッチのディーラーでも覗いてこようかな~、なんて考えていますが、大子の山のほうへドライブなんてのも悪くないし、さてどうしたものか。

 とりあえず、なんとか風邪を治さないことには…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »