« ルマンといえば、 | トップページ | おっ、来た来た »

2007年1月24日 (水)

乗れないと、ろくなこと考えない…

 本屋さんで今日発売のゴーグルを眺めていたら、なにやらトライアンフ特集がされていました。盆栽ルマン(見て楽しむわけではないので、こう言われるのはホントは心外)を持つ身としては、カスタムパーツには目を奪われます。

 特に前から欲しい、欲しいといっているマグタン(というか、キャストホイール、できれば重いアルミがいいんだけど)のシルバーをはいたスペシャルカラーのボンネビルを見ると、やっぱりこれも良いなぁ…と物欲に駆られてしまいそうなのをグッと我慢しなければなりません。

 ルマンをとりあえず保留してもらった手前、わかり易い散財は、夫婦不和の原因になりかねませんからね。そこで目をつけたのが(懲りないですネ)、クランクケースの内圧調整バルブ。今でもルマンの強烈なエンブレに比べればなんとも感じないエンブレですが、エンブレ軽減、高回転域でのシフトチェンジのスムーズ化などの微妙な効果に2万円チョイの出費をどう考えるか。

 ルマンにこそ、という気もしますが、あまりにも今の状態に慣れすぎていて、かえって使い勝手が悪くなりそうな気もする(走りのリズムを変えたくない)ので、でも興味もあるし、ならボンネビルで…という事なんです。ちょっと苦手な低回転域でのアクセルの反応が、ちょっとでもマイルドになるなら高くないかな、と考えています。

 思ったよりルマンの車検(オオツキでホントに車検だけ依頼)が安く済んだんで、これとハンドル交換を目標に今年は進めていきたいと思っています。長く乗りたいんで、少しづつ、と考えることにしておきましょう。

|

« ルマンといえば、 | トップページ | おっ、来た来た »

コメント

はじめまして。日立に住む中年おじさんです。
再び2輪の世界に戻ってこようと、悪友にそそのかされながら
当時(アーリー80's)の憧れのバイクを手に入れるべく物色して
いる最中です。
トライアンフとルマン1000。いいですね。それぞれ違ったツイン。
私の理想です。
ルマンといえば、週末の朝、R349沿いのR461とクロスする折橋の
交差点スパーにルマンⅢが来ているそうです。ご存知でしたか?
一度見せてもらいに行こうと思ってます。

投稿: 日立のおじさん | 2007年1月28日 (日) 07:38

はじめまして、自分もいつの間にかバカボンのパパと同い年(不惑+1)になってしまいました。

いいですよね、80年代バイク。でも、国産は部品が無くて大変みたいです。旧車でも、BMWやトラは結構部品があるようですね。グッチは外装品以外は結構なんとかなるんですけどね。

折橋の方はしばらく行ってないですね。自分は昼ごろに行くタイプです。ルマン3は折橋に行った時に、帰ってくるルマン3(ツナギ、気合入ってるなぁ~)に一度すれ違ったことがあるだけです。もう5年くらい前かな?

山でも旧いカワサキはブンブン走ってますが、旧い外車はほとんど見かけませんね。まあ、でも山では安全第一(のはず)。長く楽しまなくちゃ損しちゃいますからね。無理せず、楽しみましょう。

投稿: Ryu | 2007年1月28日 (日) 15:53

こんばんは。
Ryuさんとは同年代です。健康の話が多くなってきませんか?

バイクですが、あれもいいこれもいいで一つに絞りきれません。失敗しないためにも、じっくりと納得できる一台を手に入れたいと思います。

購入した際にはまた遊びに来ます。
ではまた。

投稿: 日立のおじさん | 2007年1月30日 (火) 00:21

自分はルマン、ボンネビルと、非常に思い入れのあるバイクを最近は選ぶようにしています。失敗したかも…、と思ったこともないわけではありませんが、完璧なバイクは無いし、それならやっぱり思い入れのあるバイクの方が後悔がありません。

確かに体が悲鳴を上げるときもありますが、ゆえに大きく重いバイクは止めました、乗れるうちに乗らなきゃ損々という事でもあります。

購入の報告を楽しみにしてます。無理せず、でも貪欲に楽しんでしまいましょう。

投稿: Ryu | 2007年1月30日 (火) 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乗れないと、ろくなこと考えない…:

« ルマンといえば、 | トップページ | おっ、来た来た »