« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月26日 (月)

ドコモダケの自由帳

Docomodake  auの携帯の話をしていましたが、保育園に通う子供が、ドコモダケの自由帳なるモノをもらってきました。おまけにシールと子供向けケイタイのカタログ…。次の世代の囲い込みも大変ですね。

 カタログには小学生向けと中学生向けの機種がズラリ。小学生になったら、携帯は必要になるんでしょうか?わが家の方針で使わせない、と決めても、大多数の子供が持っていると、なかなか難しいかもしれませんねぇ。

 自分の携帯でも気になるSAR値の話ではありませんが、子供のほうがこういうものに耐性が無いらしいし、脳腫瘍や白血病という、聞いただけでも恐ろしい病気の原因の一つになるかもしれないというのなら、出来るだけ近づけさせたくないと考えるのが普通でしょう。特定の計測条件下という注釈つきですが、自分の携帯よりはるかにSAR値の高いジュニアケータイが結構あるのにも驚きでした(調べてみました)。

 あと2年の内に何かが変わるとは思えませんが、うちの子が小学校に上がるころには、もう少し状況が変わっているといいんですけどね。まあでも、パソコンなんかも使うようになるんだろうし、取り巻く環境は、テクノストレスに弱い子供にとっては辛い状況になっていくんでしょうね。

 ちなみに、ドコモダケのシール、auの電話機にしっかりと貼られてしまいました。ちょっと恥ずかしい、というか気まずいというか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

いよいよ最終売り出し、らしい

   通販のスピーディー(ショウエイヘルメット)のページです。何度か紹介したスピーディーの通販ですが、とうとう代理店終了の最終セールということで、現在ジャケットの60%オフなどの週末セールを行っております(週末セールのページ)。

 もともとの値付けが結構高めだったこともあり(商品としては日本人向けでないからサイズが微妙ということはあっても、モノとしては悪いわけではない)、なかなかバイク人口の多くない現状では商売が難しかったのでしょうね。自分は40%くらいオフのときにジャケットを買いましたが、胸板の薄さを感じること(やや隙間が…)はありますが、しっかりとしたつくりとプロテクターは、高速移動主体の欧州で鍛えられただけのことはある、と納得できるものでした。

 というわけで、60%は正直羨ましかったりしますが、ご興味のある方は、これから3月まで(代理店契約終了)のセールにご注目、です。個人的には、スピーディーはグローブが一番気に入っていますが(しなやかでしっとり、気持ちいい)、同じ様に感じている人が多いのか、すでにグローブは終了のようです。

 それにしてもこのジャケットがこの値段なら…、とボタンをおしそうな自分がいますが、体は一つだし、その前にグッチのタイヤやオイルでも変えたら?と反論する心の声も聞こえます。精神衛生上良くないので、早く売切れてくれるといいんですけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

W51SA

 前回の続きです。携帯電話、といっても、実は自分は月に1,000円くらいしか使わないし、メールもほとんどしない(パソコンがメイン)、かかってこないということで、携帯電話帳と家族に言われるくらい使いません。

 でも、やはり緊急の用事のときは便利ですし、いまさら使えないという環境には戻れないというのも事実です。なので、別に使い勝手に関しては、ヘビーユーザーの様なこだわりもないのかもしれませんが、サンヨー機、なかなか使いやすく感じます。スライドのデメリットというのも、ちょっとメールを書いたくらいでは感じませんし、巨大になりすぎた折りたたみ式に比べて小さいため(軽くはないけど)、自分的には折りたたみには戻りたくない…と感じるほど良い感じ。

 若草色も、思ったほど周囲の風当たりも強くないし、自分的には気に入った色で良いですね。予約録画が出来ない、カメラの写りがイマイチなのと、やたらとすべるのが難点ですが、それ以外は自分的には不満無し、というか満点に近いかも。液晶が小さいというのも、ネット系を使わない自分には関係ないし、重さは気にならないほうなので、その辺は割り引いて考えないといけないかもしれませんけどね。

 前の機種が毎日充電しなくては使えないようにならなければ、あと半年待って性能が落ち着いた頃に、と思っていましたが、使ってみれば今の過渡期の仕様でも特に不満はありません。前の機種よりはサクサク動くし、auは小さく軽い実用機路線は無視のようですから、しばらくはこれでいいでしょう。

 でも、希望としては、winでない1xでストレート(かスライド、今回良かったので)タイプ、電話とメールに特化したシンプルで小さく美しい携帯、こういうのが欲しいかな。ワンセグ、ネット用の大型液晶、お財布(都会人には必須か?)が無ければ(あっても?)、小さくて使いやすい携帯電話って出来そうな気がしますけどねぇ。

 話は変わりますが、なぜかおとといの記事にレッドバロンのトラックバックが…。よりによって携帯電話の話の時になぜ?理解不能ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

久々のケイタイ変更

 久しぶりに携帯電話の機種を変更してみました。自分は10年以上IDO(今はauですね)を使っていますが、今回の機種で5代目、いつも2年半くらいで更新しているようです。

 本当にケイタイの進化は日進月歩で、新しい機種にするたびに驚かされます。ウルトラマンやスタートレックで見た通信機が現実の物になってしまうとは、科学技術の進歩には恐ろしささえ感じる今日この頃です。もちろん宇宙旅行や、宇宙ステーションはまだまだ実現していませんが、自分が生きているうちに見ることが出来るようにはなりそうですね。

 話がそれましたが、A5504Tという機種を、初めてのwin機、初めてのワンセグのW51SAに変えてみました。パナソニック、ソニー、東芝×2と使ってきて、初めてのサンヨー機でもあります。ストレート×2、折りたたみ×2でしたので、スライド式も初めての、初めてづくしで冒険してみました。

 とは言っても、選択の方法は単純。SAR値の低いほうから3つ選んで、その中で自分が一番好ましいと思うものを選んだだけです。脳腫瘍の人が親戚にいると、無用なリスクは負わないに越したことはない、と考えるのは当然でしょう。あとは見た目と色、欲しい機能で一つを選ぶだけでした。

 カシオがバランス良さそうで一番の候補でしたが、SAR値が高くパス。結局、カワサキカラーみたいな緑(いい年して、ですが、すぐ忘れるので目立つものを)が気に入って、これにしてみました。実はサンヨーの機種に関しては、良くないという話を聞いていたりしたので若干悩みましたが、そこは惚れた弱み、使いこなせばいいだけ(グッチのときもそんなんだった様な…)という事で決定、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

デブ

 確かにここ数ヶ月、やたらと食欲があったりして、だいぶヤバイ状況になりつつありますが、ツナギの前が閉まるか閉まらないかぐらいで推移しています。

 体重80キロと書きましたが、180センチで、乗車時の装備重量(夏仕様ですが…)ですので、それほどひどいわけではありません、はずです。装備重量と書かなかったので、一部で誤解を招きましたが、普段サバ読んでるわけではないです、ハイ。

 それでも、革製品のサイズが危険な範囲であるのは明白ですので、なんとか体重(というよりは腹の肉)をあと5キロ(自分的な適性体重へ)落とすよう努力していこうと思ってはいます。思ってはいるんですよ…。

 やはり運動だろうなぁ。酒は飲まないからいいけど、甘いものも我慢しなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

遠目には綺麗です

T100  結構サビも見えてきましたが、こうして光を強くして写しておけば、ウ~ン綺麗じゃないですか。

 日曜日にオオツキに行く前に撮りました。ジェルシートに変えなくちゃ、とずっと前に言った様な気もしますが、スタイル的にはこちら方が好きなので、いまだ変えていなかったりします。その純正シートですが、見てわかるかな?座っているところが若干柔らかくなってきたような気がしないでもないです。

 え~、恥ずかしながら2000㌔に届かない現状ですが、それでこんなになるのは、もしかして体重が…。とはいえ、さすがに80キロぐらいの体重は重い方とも言えないし。やっぱりジェルシートに換装して、こちらは温存しておくのが良いかもしれませんね。

 閑話休題。で、水戸の梅ですが、2割くらいは咲いているようです。まだまだ満開までは時間がかかりますが、少しずつ観光客が増えてきました。上野動物園へ行く電車から、偕楽園の梅を見るお客さんが結構大勢見えました。水戸近辺を通過の際は、偕楽園方面は迂回することが賢明です。オオツキの前の道も混むんですが、この辺は裏道を駆使すると、結構スイスイ行けたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

せっかくの連休ですが(でも嬉しくないわけではない)

 世界最速のインディアン、なかなか観に行けないんですが、監督のインタビューを見てもhttp://www.cine-tre.com/interview/detail.php?inteid=10000704、結構自分好みの映画かもしれないという感じです。

 聞いたところによると(というか、書く前に調べろよ、という感じですが)、プロモーションに持ち歩いてるバイク、ブリッテンの工房で造られたらしいですね。若くして無くなったブリッテン氏ですが、今でも工房は動いているんですね。怪鳥といわれたブリッテン、もっともっと活躍が見てみたかったなぁ。

 でもそういえば、同じニュージーランドから世界へ、という同志でもあるんですよね。ニュージーランドって、バイクが盛んなんでしょうか?オーストラリア、というのは、かつての森脇のガードナーもそうですが、腕の良い若手が多くいる(もちろん若手だけでなく、ドゥカティのおっさんも腕が良いです、ハイ)という印象が強いんですけど。

 連休は結局明日上野動物園に行くことになってしまったので、バイクに乗れたのは、今日オオツキに寄っただけでしたが、水戸の市内は結構混んでいました。偕楽園の梅祭り、大洗方面へのお客様が結構多いようです。こういう時期は、毎度の事ながら、運転技術の未熟な人や、道がわからずいきなり進路を変える人、意味不明な行動をとるご老体など危険が満ち満ちています。十分に気をつけて乗りましょうね。

 オートショップオオツキにはBMWのR-Rの試乗車があり、かつての850乗りとしては試乗してみたかったのですが、明日のためのお買い物に行くという子供との約束もあり断念。次回は必ず。それと、スラクストンが入庫中でしたが、やっぱりオーナーさんとは会えませんでした。ハンドルだけの違いのはずですが、どうしてか一回り以上小さく見える気がします。

 やっぱりスラクストンもいいですね、カッコイイ。ハンドルとライト周りだけスラクストン仕様にしてみようかな…。中古を買って外装のせ替えと、リアフェンダー少しだけカットで金色のスラクストンというのもいいですね。残ったパーツも合体させて、タンクを白-グレーのツートンにして2台体制、なんて夢物語を実現させるには、若干キャラクターが薄いかな~。

 やっぱり旧ルマンと新ボンネというのは、結構い組み合わせなのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

タンクキャップ

 気がつきませんでしたが、純正キー付きタンクキャップが発売されていたんですね。というか、こちらを基本装備にして、薄型をオプションにするのが本来的という気もしますが、コストの点で難しいのでしょうかね?

 本体だけでもメインキー、ハンドルロックキー、ガソリンタンクキーと3本も必要ですし、シートを外すにはレンチまでいる。せめてハンドルとガソリンを1本に出来れば…、と思ってしまいます。もちろん、すべて1本が理想的ではありますけれど。

 で、写真で見ただけなのでよくわかりませんが、純正のほうが良くできているのでしょうか?今度ディーラーに行く機会があったらよく見てこようとは思っていますが、倒したときにガソリンが漏れるとか、水が入るとか聞く社外品より良い様なら、購入を検討しなくてはいけないかもしれませんね。今現在不満はまったくないのですが、バイクの寿命にも関係しそうですし、悩みどころです。

 見た目的には現在使用しているもののほうが好みではありますが、アレはアレで懐かしい感じがするというか、昔はみんなあんなんでしたっけね。不恰好に大きいものが多かった過去のものとは違うといいんですけど。

 どうやら2月の連休はお休みになりそうなので、一日は栃木(か千葉、東京、横浜のいずれか)に行ってみたいと考えています。子供と天気の様子次第といったところです。花粉がひどくなる前の、最後のチャンスと思っているので、なんとか上手く時間をやりくりしてみます。でも、もてぎのHMS中級にも引かれるんですよね~。ああ、なんて優柔不断…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

残念でした

 今日はあったかくて、しかも天気が良かった…。

 というわけで(?)、お仕事のためバイクには乗れませんでした。ガッカリです。しかも仕事の帰り、タイヤも冷たいし路面も冷たいからたまには練習しとこ、と思ってスクーターのフロントを軽くロックさせてみたら、危うく切れ込んで転倒するところでした…。

 あまり馬鹿なことばかりやっていると、本当に痛い目をみそうです。というわけで相変わらずネタも無し。

 そうそう、偕楽園の梅がチラホラと咲き始めていましたね。もうすぐ春ですね。おもいっきりバイク、と言いたいところですが、花粉症の自分にとっては命の危険を感じる時期です。鼻水はフルフェイスで誤魔化すとして(スミマセン、汚くて)、クシャミや涙で前が見えなくなってクラッシュしそうになったことも数知れず…。ヘルメット用のマスク、誰か開発してくれないもんでしょうか(普通のマスクもできないことはないが、シールドが曇って前が見えないのだ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

水戸は一軒しか上映しないけど

 世界最速のインディアン、久しぶりに映画館で見たい映画です。はたしてバイクの走行シーンがどのくらいあるのかはわかりませんが、大画面、高音質で見て見たいものです。

 ちなみに『バート・マンロー、スピードの神に恋した男』も買ってしまいました。文庫になったら買おうと思っていたはずですが、なぜか手元にあるんですよね。困ったものです。大量のSF文庫を買った後なので、まだ読んではいないのですが、映画を見てから読むべきか、読んでから映画を見るべきか、こういうときはホントに悩んじゃいます。

 それにしても映画館に出かけなくなって、いったいどのくらいのときが経つのか…。前にも書いた様な気がしますが、あれほど映画館に通っていたのがウソのように、まるで映画を見なくなってから(テレビでは見るけどね)久しいような気がします。

 一番の原因は、これならテレビで見ればイイや、急いで映画で見なくても…、というような作品が増えたことだと思います。CGを駆使した映画などは、音との相乗効果を考えれば映画館でしょうが、逆にテレビで見たほうが映像の印象が安っぽくない場合もあったりして(最近はそうでもないのかもしれないけれども)、今でいうワンセグぐらいで十分、という印象の映画をいくつも見せられたのも原因でしょう。

 もちろん値段が結構する上に、以前は2本のペア上映(これはこれで、結構掘り出し物が見つかって楽しい、もちろん逆も多いけど)だったのが今は一本だったり、大ホールが無くなり、小ホール(下手すると家庭シアターか?という…)ばかりで迫力や雰囲気にかけるという部分もあると思います。

 そういうわけで、とんと足の遠のいていた映画館ですが、今度は久しぶりに出かけてきたいと思っています。映画館に行くと風邪をひく、というのも気をつけないとね。さて、これの上映館はどのくらいの大きさなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »