« いよいよ最終売り出し、らしい | トップページ | 風邪? »

2007年2月26日 (月)

ドコモダケの自由帳

Docomodake  auの携帯の話をしていましたが、保育園に通う子供が、ドコモダケの自由帳なるモノをもらってきました。おまけにシールと子供向けケイタイのカタログ…。次の世代の囲い込みも大変ですね。

 カタログには小学生向けと中学生向けの機種がズラリ。小学生になったら、携帯は必要になるんでしょうか?わが家の方針で使わせない、と決めても、大多数の子供が持っていると、なかなか難しいかもしれませんねぇ。

 自分の携帯でも気になるSAR値の話ではありませんが、子供のほうがこういうものに耐性が無いらしいし、脳腫瘍や白血病という、聞いただけでも恐ろしい病気の原因の一つになるかもしれないというのなら、出来るだけ近づけさせたくないと考えるのが普通でしょう。特定の計測条件下という注釈つきですが、自分の携帯よりはるかにSAR値の高いジュニアケータイが結構あるのにも驚きでした(調べてみました)。

 あと2年の内に何かが変わるとは思えませんが、うちの子が小学校に上がるころには、もう少し状況が変わっているといいんですけどね。まあでも、パソコンなんかも使うようになるんだろうし、取り巻く環境は、テクノストレスに弱い子供にとっては辛い状況になっていくんでしょうね。

 ちなみに、ドコモダケのシール、auの電話機にしっかりと貼られてしまいました。ちょっと恥ずかしい、というか気まずいというか…。

|

« いよいよ最終売り出し、らしい | トップページ | 風邪? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモダケの自由帳:

« いよいよ最終売り出し、らしい | トップページ | 風邪? »