« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月29日 (木)

ソムリエナイフ

 クランクケースの圧力バルブ用に取っておいたお金ですが、期末大特価の文字に躍らされて、ついついソムリエナイフを買ってしまいました。

 仕事の道具でもあるので(酒は飲めない…)実用性はあるのですが、シャトーラギオールというのを2本(正と予備)も持っているのに、なんと贅沢な…。一本105円の100均のものでも、開けるだけなら何の不自由も無い(わけでもないが)のですが、フランス製のこれらのソムリエナイフ、一本2万円以上もするわけです、ハイ。

 まあ、バイクでいえばドゥカティみたいなもんで、実用性だけなら、もっと安いモノを使ってもそれほど問題は無い(というわけでもないのが、問題)のですが、見た目、シンプルなれど使い勝手の良いこのナイフ、使い始めて10年以上にもなりますからね。体の一部のようなモノ、に近づいているのは確かでしょう。

 もちろんピタッとはまれば凄いのに、工作精度が低かったり、突然修理不能(つまり、買い替え)な故障をしたり、というような点でも、やはりラテンの血を感じさせてくれます(もちろん、感じたくはない)。自分は結構吟味して購入しているので、壊れたことは一度だけですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

雨…

 今週こそは、と意気込んで臨んだ日曜日でしたが、乗れる時間帯はウェットでしたので、仕方なくお掃除などを少し。

 雨ざらし(カバーはかけてますけど)なので、雨上がりは中は結構ビッショリした感じです。使い古しのタオルやTシャツでは傷がつくようだったので、買っておいたネル生地を使ってワックスのふき取りをしてみました。思ったよりいいですね。こんなことなら最初から使えば良かったです。

 古タオルなどが結構出る職場なので、勿体無いからいろいろと使ってましたが、やっぱりお金をかければ、かけるだけのことはあると再確認。毛がいっぱいついてしまったのは誤算でしたが、最初に一度洗っておくとかすれば、問題ないのかもしれませんね。でもゴワゴワしちゃうのかな?

 あいかわらずスポークホイールは放置状態ですが、やはり塗装部分だけでもキレイになると気持ちがいいもんですね。プラグの横のパイプが激しく錆びているような気もしますが、とりあえず手が入らないこともあり、見なかったことにしておきましょう。意外と錆びはここのところ増えていないようで、錆び止めもそれなりに効果を表してきたようで一安心。

 濡れたエンジンを乾かす為にぐるっと一回りだけ。もっと遠くまで、と思ってしまいますが、帰ってからまたエンジンとフェンダーをちょっとばかりキレイにしないといけないし、楽しみはお天気の日に取っておきましょう。そうそう、押入れから何台か愛車(ミニカー、だけど)を探し出してきたので、今度紹介してみます。実車はなかなか買えないですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

ヘルメット、しつこくもう一回

 何回か書きましたが、本当はシステムヘルメットが欲しいんです。ボンネビルならオープンフェイスだろう、という感じですが、いまさらフルフェイスは止められそうもありません。それでも便利そうなこのタイプ、一度は挑戦してみたいんです。

 シンクロテックを何度買おうと思ったことか。でも、フロントのガードを開けないとかぶれない、というのがどうしても面倒で、結局最後にはあきらめてしまいます。サイマックス(HJC)は開けなくてもかぶれそうなんですが、いまいちチンガードが弱そうで。今度のショウエイの新型も気にはなっています。カッコも良くなっているし。

 実はモタードスタイルのシールド付きオフメットも気に入っている(きつくないし、口元が広い)のですが、高速でバイザーが厳しいんじゃないかと思い、踏みとどまっています。バイクはあまり変えない自分ですが、ヘルメットはいろいろ試したいタイプみたいですね。スクーター用ならこれでもいいはずですが、メットインスペースに入らないんですね、これが。

 シールドのことを考えると、やはり同一のタイプを使うものを買うことが理想的なんですけどね。というわけで、とりあえず次回はヴェクター、イマイチきつければFF5という感じで考えているわけです。でも、同一モデルの同サイズでも、個体差があるような気もするんで、いくつか試して買わせてくれるお店が近くにあると本当はいいんですけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

やっと来ました

 トライアンフからのアンケート、やっと来ました。トライアンフが当たるという(前はだれが当たったんでしょう?世界に一人なら、イギリスの方?)ことなので、早速書いて送ってみました。

 しかし去年はロケット3か675が欲しいと思っていたのに、今年は2006年までの型落ちスラクストンか緑のスクランブラーが欲しいという風にl嗜好が変わってきました。ボンネビルがあるのに、ほぼ同じ車両がもう一台欲しいというのも変ですが、もらえるなら通勤用として掃除もせずに酷使してみたい…(変態?)という考えのようです。

 もちろんスクランブラーならそのまま、スラクストンならば外装をT100と組み替えて(リアフェンダーを切るべきかどうか…)、T100のスラクストン外装を普段使いに、という考えのようです。我ながら変なことばかり考えていますね。まあ、当たるはずのない夢物語だからこそ、妄想が広がるということもあるんでしょうけどね。

 メッキパーツの掃除や、錆びの予防・除去を気にせずにどこまで我慢できるのか(現状でも近いものはあるけど)、そんなバカみたいな勿体無い事に使ったら怒られそうですけどね。それだけ普段から使える安心感のあるバイク、ということでもあるんでしょう。さすがに買ったものをそこまで、とは思っていても、もらいものなら徹底的に…という意識が働くのはなんかセコイ気がしますけど。

 それでもよく考えると、維持費はかかるわけで、一台放出するなら…、と結局取らぬ狸の皮算用はエンドレスに続くんですよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

ヘルメットの続きの続き

 先週の日曜は法事で、またまた横目でバイクを見る一日でした。というわけで、続きです。ショウエイのRFの後はFV、アライの中でもタコチュウなカッコ悪と言われたことの多いヘルメットでしたが、このシールドシステムはナヴァのシールドシステムに似た使い勝手で文句無し。自分的にはアライ一番、と初めて思ったヘルメットでした。

 Gタイプシールドシリーズはアライ的にはあまりうまくなかったのかもしれませんが、口元の広さがあったり、デザイン的にもクラシックラインのラパイド系とは違い新しく、自分の中では今でも思い出のヘルメットシリーズです(ゴストラッカーはまだ使ってる)。ギガ、ギガ2とこの後Gシリーズの使用が続いたのですが、ギガ2からは帽体が小さくなったり、例のDリングが廉価版になったり(ギガからだっけ?)と、低コスト化が進んだのかな?という印象でした。

 FVの後にショウエイGRV、ギガと一緒にセタ、弟にあげたDICと使いましたが、ショウエイはやはりガタガタというシールドがどうにも我慢できず、さらに今のアライのようなキツキツのサイズであったりしたこともあり、自分的に今のところ最後のショウエイとなりました。その後ローソンレプリカを買いそうにもなったのですが、結局やめておきました。

 セタはなんというか、大味?という感じ。形のよさもあって結構愛好者もいましたが、シールドもしょっちゅう合わせ直さないと隙間ができたり、内装はへたりやすかったり、なかなか価格相応という感じではなかったかもしれません。OGKはもう少し良い感じだし、価格的にもやや安めなので、結構気になっているのですよ。

 DICは結構そつのない出来で、つくり自体もしっかりしていましたが、フィット感が僕にはイマイチ。結局、あげてしまいました。ベンチレーションがイマイチだったり、シールドの位置がちょっと低めだったりというところは気になりましたが、GPライダーに供給していたりしたのに、すぐに無くなってしまったのは残念でした。アライ・ショウエイとは違ったスタイルで良かったんですけどね。モデルごとにシールドが違ったり、コスト管理的にはどうかな?という心配が現実になってしまったのかな。

 その後はアライ一筋。RRスペンサー、アストロe(だったか?)、ゴストラッカー(ローソン風に塗りました)、アストロTrという感じですね。Trはスクーター用に買ったはずですが、入り口がきつい事もあり、あまり使っていません。ゴスはサーキットで地面に擦っているのですが、ついつい使ってしまいます。Gタイプシリーズが無くなってしまったので、Gのシールドがダメになるまでは使っちゃおうと思っています。塗装代も2万ちょっとかかってますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

ヘルメットの続き

 前にも書いたような気がしますが、じぶんはアライを中心に、今まで12個位のヘルメットを買っています。20年ちょいで12個だと結構多いようですが、いくつかは弟に取られているし、転倒で捨てた物もあるので、基本的には3年くらいはどれも使っています。

 最初に買ったのはナヴァ3。マルコ・ルッキネリのシールを貼ったカッコイイやつですね。ポリカのヘルメットで、プラスティックらしく軽くて形はカッコイイし、シールドもフラットになるしで良かったのですが、さすがにプラスティックは危ないだろうということでアライのラパイド(最初のやつ)を買ったのですが、異常なほど(ナヴァの後ではね、)重いし、シールドは3箇所のクリック位置でしか止まらないし、なによりシールドベースのゴムは剥がれる、ふちゴム、シールド枠のゴムは剥がれると、トラブル続出…。

 結局洋物をもう一つ買おう、と考えてファイバーとレキザンの複合のノランN42を購入しました。持つとラパイドより重いくらいなのですが、被ってしまうとそれほど重くない。空力的にもアライより優れていたこともあり、こちらをメインにしていたのですが、VTで側溝に落ちたときに被っていたので、おでこを電柱にぶつけていたので廃棄されました。

 シールドの品質がイマイチで高価だったこともあり、結局ショウエイのRFを買うことにしました。やはり洋物のワンタッチのあご紐よりも、Dリングの方がなんか使いやすかったこともありますし(ところが…)、部品が高いのは困りものでしたので。ところが…ですが、昔のアライのDリングは非常に良くできていて、きちっとしまった感は今のものほどではないのですが、閉めていくときのスムーズさは、本当に気持ち良かったのです。

 ショウエイは内装材が固く、肌がこすれてひりひりするし(その代わり、暑いときにはベタベタしないんだけど)、シールドがガタガタと音を立てながら開くのが気持ち悪く(失礼)、しかもシールドの出来がアライよりずっとノラン寄りで曇りやすいことなど、なかなか思うようなヘルメットは無いものだと思ったものでした。

 というわけで、その後もアライをメインに使いながら、その他のヘルメットをサブ用に使ってきたわけですが…、サイズが合わないってのは厳しいもんです。ギガ2から帽体が小さくなってきて、顎ははみ出るは、ほほ骨の上は真赤になるは、チンガードに唇が触れるのは普通のことになってしまったし。それでもやはりアライが一番相性がいいので、あきらめているんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

ヘルメット

 久しぶりにヘルメットの通販ページを眺めてみたら、アライから固定内装のヴェクターという新製品(安いレンジだけど)が出るそうですね。

 アライは好きだけど入り口がきつくて、狭くて…、と文句ばっかり言ってましたが、固定式内装のモデルは内装が気持ちいいし、滅多に洗わない自分としては、次期候補にと考えていたプロフィールよりは(入り口が同程度でも)相性がいいかもしれませんね。あとは口元が狭くないかだけですが、いつも内装とキスしているようでなければOKということにしておきましょう。

 実はOGKのヘルメットにも興味があり、かつてセタやDICのヘルメットも試しているヘルメット好きの自分としては、新型のFF5は形的にも今までよりもスムーズになっていることもあり、これを試してみよう…、と考えていました。でもやはり、サーキットより危険な街中用のヘルメットとしてはアライが一番頑丈そうでいいかな、という考えもあります。

 発売はもう少し先のようですし、やはり被ってみてから決めた方が後悔は少ないでしょうから、もう少し待ちましょうかね。スクーター用の日常使いのヘルメットは、ふちゴムの一部は剥がれて無くなってるし、シールドカバーにヒビが入っているし(なにより7年前のだし…)で、そろそろなんとか新調したいのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

欲しい車

 実は大きい車が嫌いとか言いながら、なぜかトヨタのソアラに惹かれている自分がいます。よく見かけるオリジンも良いなと思ってしまいます。宝くじが当たったらマゼラティやアストンマーティン、なんて言ってるのも変ですね。

 ちなみにそんな自分は(ホントは)日産ファン。VWのポロ(二つ前の愛車)が一番好きで、現在はキューブちゃんに大満足という、ポリシーの無い男だったりします。そんな自分ですが、実は欲しい車があります(車の話の流れで、ついつい書いてしまいました)。初代のシルビアのデザイン。

 スペシャリティーカー、峠の走り屋御用達の車からデートカー、そして峠の走り屋御用達の車に戻って消えていった車名ですが、オリジナルシルビアの美しさには今でも胸がときめきます。あのデザインをモチーフに、ベンツのSLKのコンセプトの、電動メタルトップのモデル(廉価版が固定式で)をつくって欲しいなぁ~、と願っています。

 車格的にはできれば小さいほうが自分好みですが、SLK位の大きさでないと売りにくいでしょうね。スカイラインがドンドンダメになっていくのを見ているのは悲しいので、シルビアも変な車になってしまうくらいなら、このまま消えたままでも…、とも思ってしまいますが、ホント日産は車つくりが下手ですよね。

 昔から日産を見続けている(うちは昔から日産だったし)から余計な先入観があるだけで、実際は今の日産は結構いいものだったりするのかもしれませんが、セールスを見ると、やはりそうでもないようですしね。901の頃の変なエネルギーも楽しかったのですが、やはりエネルギー全開!って感じの車を造って欲しいです。

 どうも頭で考えすぎて、なんとなく当たり障りのないものにしちゃって、いつもソコソコ(の自己満足)を狙っているようにしか見えません。もっと頑張って欲しい、と切に願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

軽自動車

 会社のワンボックスの軽を借りて通勤していましたが、なにやらロスの多そうな音ではありますが、ギャーンという唸りをあげるエンジン、結構いい音がしていますね。

 遮音材が少ないということもあるのでしょうが、給排気音も結構するようで、なかなか勇ましい感じです。ふと思ったのですが、このまま×3で12気筒2000ccエンジンを造ってやると、パワーもトルクも全く期待できない駄エンジンではあるでしょうが、音だけは結構いい感じになるんじゃないでしょうか?

 まあ、イマドキそんな変態な車を造るメーカーも無いでしょうが、最近手堅い車しか無いので、面白い車、見たいなぁ。自分はバイクもスーパースポーツに乗らないように、スポーツよりの車でも、ホットハッチ(5ドア専門)ばかり乗ってきましたが、アクセル踏むとハンドル取られたり、重量バランスが悪くてコーナーで暴れるような車のほうが、アベレージ速度は低くても楽しいと思っています。速いより楽しい(頭を使って走る)優先なのは、バイクと一緒です。

 音と雰囲気だけの遅い車でも自分的にはOKなんですけど、世の中そんなものが欲しいなんていう人はそうそういないですもんネェ。フェラーリは隣に乗ったことが何度かありますが、あれもロスの多そうなノイズの多いエンジンですが、確かにあの音は良いと思いました。V12のFRのベルリネッタ、遅くてもキレイな姿と音なら欲しいかな。

 と言いつつも、やっぱり大きい車は好きじゃない自分は、1500(トルク型)くらいの5ドアの楽しいの、があれば十分なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

花粉症-対策?

 (この内容はもう一つのブログのほぼまる写しですが)皆さん、花粉症は大丈夫ですか?自分は子供の頃からの付き合いで、結構楽ではないのですが、最近では薬の服用は最低限に抑えています。

 床屋さん、レストランなどのように、いちいち鼻を気にしていられない場所に行くときのみ、市販の鼻炎薬を使用しています。仕事中などは、基本的には薬無し、たまに点眼薬を使うかどうか、というくらいです。一番困るのが、実は就寝時なのですが、よほど眠れないとき以外は、マスクをして寝る様にする程度です。そう、鼻がダメだとのどがやられるからですね。

 以前は耳鼻科に行ったり、結構薬を飲んだりしていたのですが、結局対症療法でしかないし、薬漬けを止めてみようかな、とふと思ったのがきっかけでした。で、基本的にやったことといえば、ただマスクをしただけ。1月の終わりごろからマスクをつけていますが、ただそれだけ。

 最初の頃は、症状が出始めてからつけていましたが、早めにつけた方が効果的、というのがわかってきたので、最近では(ちょっと恥ずかしいけど)早めにマスクをつけています。基本的には外に出るときだけでなく、室内でも。通勤のバイクでは花粉だだ漏れ(マスクが出来ない、シールドが曇っちゃう)なのが難点ですが、車通勤は嫌いだし、ネェ。

 仕事でお客様の前に出るとき以外は、常にマスク着用を心がけていますが、これだけで全然違うものです。もちろん鼻が普通である、ということは全然ありませんが、許容範囲に収まっていると思っています。抗アレルギー剤などはできるだけ使いたくない、という軽い気持ちで始めた事ですが、今ではすっかりこちらに慣れてしまいました。

 なにより、鼻炎薬を飲んでも、結局時間がたつと症状は何もしない現在と一緒なのですから、それなら飲まないほうが、体にも、懐にも、精神的にも、断然楽だし、いいことですからね。というわけで、最近は以前よりずっと花粉症の季節が楽(いろんな意味で)になっています。 ちなみに今年は、今のところ全然普通な感じです。目がちょっときびしいかな?というくらいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

やっと、

 久しぶりに、1時間ほどですがボンネビルに乗ることができました。水戸は午前中雨で、午後から晴れてきたのですが、路面が乾いてきたころに本屋さんに行くのに、ぐるっと大回りしてきました。

 咳もほとんど治まってきたので、かなり寒く風もありましたが、思い切って乗ってきてしまいました。やっぱり気持ちいいですね。久しぶりに乗るボンネビルですが、なにやらエンジンからタペット音のような音が…。まあ、グッチの100分の1くらいですから、あまり気にしないようにしましょう。距離も進んでないしね。

 それにしても、ずっとスクーターばかり乗っていたので、シフトチェンジが下手になっているし、超コンパクトに曲がろうとして、フロントタイヤの大きさに打ちのめされたりと、ちょっとガッカリ。下手くそだな~。グッチはいつ乗っても普通に乗れるのに、まだまだボンネビルと仲良くなるには距離と時間が足りないですよね、2,000㌔に届かないようでは。

 なんとなくタイヤの癖というか、ハンドリングも思うところがあったので、次回はその辺をもう少し詰めてみようと思っています。サスはセッティングする範囲が狭いので、乗り方の考え方で調整してみようと思っています。減ったら、次回はブリジストンを試してみよう!、という感じです。慣れたミシュラン(グッチはずっとこれ)、エイボンなども面白そうですが、とりあえず次回BSは決定です。多分これでいろいろ解ると感じられました。

 そういうわけでもあり、とにかく今年の目標は距離を稼ぎ、バイクに慣れ、タイヤを交換しよう、という感じになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

風邪?

 2週続けて良いお天気でしたが、問題の花粉症はともかく(結局あきらめて乗ってしまうし)、ひどい咳が続いてバイクに乗れませんでした。

 2週間になろうかというのに、なかなか咳が止まらず、バイクに乗ることをあきらめました。どうも会社でうつされた様なのですが、うつしたと思われる張本人はだいぶ咳も止まっているので、僕もそろそろ治ってくれるんではないかと期待しています。

 肺の写真を撮られましたが、あまりキレイではない、とのこと。タバコは吸わないし、家では吸う人間もいないのですが、会社で煙を吸うことがあるからか、それとも排気ガスの中を毎日バイクで走っているからでしょうか?いずれにしろ、体の中のことなので、静観するより仕方ないのですけれど、なにか手立てを考えることも必要かもしれませんね。

 というわけで、夜も咳がでて苦しい状態なのにバイクに乗ったりするわけにもいかず、気持ち良さそうに走るバイクが羨ましい毎日です。通勤も会社の軽自動車を借りていたりするので、バイク分が非常に欠乏しております…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »