« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

最新ヘルメット

 水戸は来週が黄門祭りのため、今日乗らないと来週また乗れそうも無い、ということでお散歩程度にドライバーズスタンドへ。ショウエイの新しいヘルメットを見てみたかったのと、アライのヴェクターをかぶってみたかったので、行ってみました。

 フロントがガバチョと開くフロントオープン式のメットは、ずっと昔から一度は買ってみたいと思い続けているのですが、なかなか好みに合わないこともあり、使う機会がありません。Jアクターはレジの一歩手前まで、シンクロテックは買い物カゴにまでは入れたのですが、思い切れませんでした。本当はアライでつくってくれるといいんですが、絶対に出さない!と言い切っているので無理でしょう。

 今度のモデルは内装の生地が固めではあるけれど、フロントを閉じたままかぶれるし、ちょっとフロントのガードがやわになってるような気はしますが、結構重さも気にならないし、ウ~ン悩ましいです。ただ、あのデザインだけが、普段トラボンネに乗ってる自分には向いてないような気もします。そういう点では、ラパイドからほとんど何も変わらないような、ベーシックなアライは使いやすいですね、つまらないけれど。

 ということで、ヴェクターの試着。いいですね、これ。固定式内装の良さがよく伝わってきます。最近のアライには珍しく被る時にきつ過ぎないし、なにより口元が広くて内装に口が当たらないし、息苦しくないのは街中重視の自分には最高です。洗うのが面倒なのと、ふわっと柔らかい内装、どちらをとるか。プロフィールが結構好感触でしたが、被り較べると、ウ~ンぜんぜん違いますね。

 モチロン帽体の性能としてはプロフィールのほうが上でしょうが、個人的にはアライには全幅の信頼を寄せてますので、この位の差なら我慢できます。現状で不満たらたらのヘルメットが新しくなければ、今日にでも買って帰りたいくらいです。まあでも、これで次もまたアライが使えそうということで一安心。きちきちでかぶりの浅いヘルメット(昔アライは広告で批判してましたよね)はもう沢山です。

 と、すっかりショウエイは忘れてしまいましたが、どうしてもあのカチカチいうシールドは許せないんです。しょっちゅう開けたり閉めたりする、自分の使い方が合わないだけなんですけどね。

 追記 : やったー、ヨシムラ優勝嬉しいです。高吉の残り5分の青いライトに呆然とした時の記憶が甦り、最後までひやひやでしたけど…。ホンダファンでは?というつっこみは無しで。ことレースに関しては、ちっともホンダファンではなかったりします。ウ~ン、嬉しくてヨシムラ買いたいけど、ヨシムラの製品で使えるのって…、油温計くらい?(マフラーつくって頂戴!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

迫力不足

Motegi_070623  来ました、もてぎの写真。以前は3ヶ月かかったこともありましたが、早くなってビックリ。しかし、まあ、見るからに迫力不足ですね。自分が楽しければイイ!とは言っても、もうちょっとなんとかできたんでない?という思いもしないでもありません。トラボンネの印象が悪くならないか心配です。

 グッチに乗ってるときから、スマートに乗る、というのが自分なりのテーマになっていますが、どうなんでしょう?カッコ良くが一番ですが、腰をちょっとずらしたくらいだと、迫力のある写真にはなり難いですからね。グッチ乗りやトラ乗りはカッコ良いぞ計画もなかなか難しいものです。好きなバイク、人にも良いなぁと思ってもらいたいので、自分なりに頑張っているつもりですけれど。

 腰を大きく落とさないのは、なにもやってできないからではなく、公道ではネガの部分が多いから、公道乗りとしてはなるべくしたくない、というだけのことであります。路上に落ちる様々なもの、突然現われるタヌキなどの小(じゃないな、)動物、工事中で切れている舗装、飛び出しているマンホールというのも経験があります。これらをなんとかやり過ごすには、体をマシンの中心からあまり離したくないということは、苦い経験が教えてくれました。

 マンホールが8センチも飛び出てるなんて、だれが想像できるでしょう。避けようがないスピードでラインの真ん中に現われたときは、本当に心臓が飛び出すかと思いました。フルバンクから少し起こしたところでぶつかり飛ばされましたが、ハンドルはフリー・目線は先、と必死に唱えながら反対車線をいっぱいに使う所まで行きましたが、なんとか戻れました。

 BMWでフェードしたときもそうですが、たまたま対向車が来なくて助かりました。飛ばされた時にはハンドルを飛び越しそうになったり、内足が外れてしまったりしましたが、腰を落としていたら、おそらく落とされていたでしょうね。バイクもどこへ飛んでいってどんな被害を与えたか、考えたくもありません。

 それに、細かい切り替えしが多い、安定したフルバンクなんてほとんど無い、対向車にプレッシャーを与える、何より細かい向き変えの荷重の増減がしにくい(ガーンと寝かせてそのまんまなんて無いしね)などなど、公道でする必要が感じられないんです。もっとも、細いタイヤのバイクばかり、という要因も大きいかもしれないんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

TMR

 久しぶりにバイク雑誌をながめてきましたが、BRMのスラクストンを取り上げた記事が載っていました。ビッグマシンとかいうのだったかな?買ったことないので、イマイチ記憶に自信が無いんですが…。

 ←楽天のモトプランです。まあ、いまさらスラクストンを買うことは無いでしょうが、気になったのがTMRキャブレター。それ単体でもページを割いてもらってるので、なにやらじっくりと見てしまいました。かつてはFCRより欠点が多いというようなイメージであったTMRですが、最近はどうなんでしょうね。一直線に吹け上がるFCRと違うキャラクターだったような気もしますが、使ったことないんで良くわかりません。

 16万円…。あ、あぶない、アブナイ。危険な誘惑に負けそうになってしまいます。でも、気になるなぁ。どんな感じなのかなぁ~。いやいや、キャブはやらないって言ったばかりなのに。ヨシムラバージョンだったりしたら(MJN、グッチ用もあったっけなぁ、GSJの)、誘惑に負けていたかも。あのカラー結構好きだし、ヨシムラってSRXのサンパーを買い損ねてからもずっと気になっているんです。マフラーも欲しいなぁ(グッツィやトラボンネでは、ねぇ…)。

 乗る機会が少ないと、どうにも物欲の方にエネルギーが行ってしまうようですね。しかし、最高出力よりトルクが上がるなら…。ああっ、ホイールに次いで、またまた悩ましいアイテムが増えてしまった。カスタムパーツが少ないのも、ボニーを選んだ理由の一つだったはずなのですが…(でも、使ってる人がいたら、感想下さいネ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

カフェレーサー

 日曜日は子供を連れてお買い物の一日でしたが、高校野球の渋滞にはまったり、海に向かう・帰る車の渋滞にはまったりと、やたらと渋滞にはまる一日でした。

 それにしても毎週の様に見るハーレーの集団。いろんなグループがとっかえひっかえ走り回っているようで、バイクは同じハーレーでも、結構ファッションや装備が違うものだなぁ、と面白く見ています。88キュービックインチのスポーツ(と言っていいんだよねぇ?)で皮の上下、フルフェイスの集団を一度見たことがありますが、まさか峠を飛ばす人たちなんでしょうか?いまだに謎です。

 ハーレー、売れているんですかね?グッチやトライアンフ以上というか、国産車以上に見てるような気もします…。しかし、昨日見た一番カッコイイマシンは、CB750のカフェ・レーサーですね。旧いCBを自分なりに改造して、というのも最近あまり見なくなりましたが、結構若い子なのかな?快音を残して飛ばしていきました。

 旧い国産車はまったくパーツが無い(特にホンダは酷い?)とは聞きますが、それでも頑張って乗ってる人たちも多いですよね。フルオリジナルにこだわるのもいいですけれど、自分なりに改造したカフェレーサーに個人的には惹かれます。自分は外装いじるのがメンドクサイ(…)ので細かいところだけですが、自分のルマンはカフェレーサーである、と思っています(思ってるだけね)。

 SRを除けば、現行車のカフェレーサーって見たことありませんが、やはり旧いバイクの方がカッコイイから(現行車はスタイルが完成されすぎてる?)なのでしょうかね。個人(隠れホンダファン)的にはホンダにドリーム50の250か400cc版(できるだけ小さく)をつくって欲しいと思っています。今ではディテールにこだわるのが下手なホンダですが、デザイン部門どうしちゃったんですかね~(金属加工はコストがかかるから、という現実的な回答を平気でしそうですが…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

宝くじを買ってみた

 もちろん当たるなんて考えてはいないのですが、まあ買わなくては当たるチャンスも無いという事で、たまに買ったりしています。もちろん10枚のみ、いつもバラです。

 当たったら、というのは虚しいのでいいませんが、嫁さんは人に頼まれて買っていったもので100万円台を2回も当てているそうで、う~んスゴイです。でも自分で買ったものは当たったことがないというのも、またウ~ンですけど。

 億万長者、というから億円単位が一等、前後賞なんでしょうが、コレを全て5000万円、いやいや2000万円でも十分か、に分けたら当たりが多くなっていいのになぁ、といつも思ってしまいます。2等は300万円くらいにしてとか、たまには当たる人がいっぱいの宝くじというのもやって欲しいものです。

 もっともお天気とか、“ありえないだろう”という状況でも転倒しないとか、バイク関係で運の全てを使ってしまっている自分にはけっして当たらないような気もするわけですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

水族館へ

 月曜日は大洗水族館へ行ってきました~。もちろん家族連れなので、キューブちゃんの出番でした。

 日曜日の台風の後で、海は見るからに大時化(しけ)でしたが、どうやら水上バイクで流された人がいたようで、消防や救急が出動していました。なにもこんな日に、と言おうとして、台風の日にバイクで走り回っていた自分を思い出しました。人のことは言えませんね。

 海がダメという事でか、水族館は人がいっぱい。年に数回は訪れるので、そんなに一生懸命見るわけではないですが、遠くから来た人は大変でしたでしょうね。イルカショーは30分前にはもう満席、な状態でしたが、プールの中だけ見える下のホールは結構空いていたので、そちらを少し見て楽しみました。

 海岸線を帰ってくるときに、なにやら怪しい集団が…と思ったら、ランボルギーニの集団でした。ニュージェネレーションばかりでしたが、改造しまくりの車も多く、フェラーリも何台か混じってるようでした。いやいや、スゴイですね。我が家を買ってもお釣りが来る車に大改造ですよ。そんなお金があれば、ビモータにグッツィのスペシャルバイクをオーダーしちゃうのに…なんて考えてる自分も相当変ですけれどもね。

 というわけで、風も強くバイクもほとんど見かけない一日でした。ちなみに、なぜだか家族中で風邪をもらってきたらしく、みんな仲良く頭痛を抱えた午後でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

さすがに台風では…

 今回は関東直撃っぽいですね。16日のもてぎのモーターサイクリストスクールに参加しちゃおうかな~、などと企んでおりましたが、家や会社に何事かあってもいけないので、今回はあきらめることにしました。

 モチロン雨は嫌いじゃないので問題無い、というか、雨の日に参加したいと思っていたこともあり、本来なら願ったり叶ったりなはずだったのですが、残念です。どうせ降るなら土砂降りのほうが楽しそうですし、いずれにしても濡れる訳ですから、着替えを持って車、よりはバイクで行きたかったですね。でも、自分もいい年なので、風邪ひいたりしちゃうかも?ですね。

 バイクのカバーが飛ばないようにしておいたり、しっかり対応しておかないといけないでしょうし、もちろん我が家や会社のほうもいろいろと対応策を考えないといけませんね。幸いにも我が家は高台なので浸水の心配はありませんが、わが町水戸は川の町なので被害が出ない事を祈っています。

 そうそう、まったく話は変わりますが、先日のライパの写真、頼む大きさを迷っているうちに新しい写真が増えていました。若干ピントはあまいような気もしますが(小さいし、文字が入っているので良くわからない)、新しいものの方が気に入りました。コーナリング中というよりは立ち上がりの部分なので悩みましたが、結局四つ切で頼んでしまいました。それにしても後から追加されるとは、早く頼んでしまわなくて良かった、かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

比較してみました

Img0181

G0706231072 いつもお世話になっているライダースクラブさんのライディングパーティーの写真ですが、前回の分は注文したものが届くのに時間がかかるので、ちょっとお借りしてしまいました(問題あればすぐ消しますね)。

 グッチとボニー、もちろんライダーは一緒、自分であります。ぱっと見でもわかるように、全然ライディングが変わりません。どちらも完熟走行中ですので、バンク角に余裕があるのはいずれも同じ。ライディングポジションがどうこう、というのも無く、バカみたいに同じ乗り方に見えますね。ボニーの方がハンドルが高い分おきてるけど、腕の角度もほとんど一緒です。

 ちなみにこの辺が公道上でのバンク角の限界(自分の設定した、)とほぼ同一のはずです。完熟走行の時は、いつものバンク角以上はなるべく使わないように(遊んでいる時意外は)しています。それでもグッチの方が明らかにリラックスしているのがわかるでしょうか?トラのアップハンドル、気にならなくなったのは、午後の走行中間くらいからでしたし、それでも単発のコーナー以外ではまだ気になっています。

 コンパクトなルマンに対して大柄なボニーという、いつもの自分の見解も、こうして並べてみると良くわかりますね。スラクストンではハンドルが遠すぎるはずです。う~ん、さてこれからどうしたものか…。やはりフラットな幅の狭いハンドルが一番欲しいかな。もちろんセンタースタンドが上げられないグッチ(腰痛で)の復活も望ましいけれど、コレは多分無理。実は今日も腰痛がひどくて苦しんでるし、困ったものです。

 とりあえず電気系の強化、ハンドルの交換、この辺が来年までの課題でしょうね。エンジンに手をくわえるのは好きでない(グッチも周辺だけ、壊れるのが嫌だから)ので、その中でも比較的効果的な電気系を強化して、なんとか少しでもトルクアップを狙う(振動が増える危険性あり、でも)といったところでしょう。情緒もへったくれもなく、一気に回る様にするならFCRキャブですが、超強力な個性のあるグッチならともかく、ボニーには付けたくないんですよね。

 ただ速く、というのはどうでも良いんで、気持ちよく楽しく遊べるバイク作りというのは、ライダーによっても走る環境によっても違うし、だからこそ難しくも楽しい作業ではあるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

気にならない、が素晴らしい

 サーキット走行前に取り付けたクランクケース内圧調整バルブ、やっぱり自分的には正解だったようです。本当に気になっていた普段の町乗りでの乗りにくさが、ほとんど気にならないようになりました。まあ、本当はそれくらいほんのちょっとのこと、なのかもしれませんから、それに2万円はどうなのよ?と言われると、やはり返答には困っちゃうんですけどね。

 グッチにつけたホットイナズマも同様ですね。自分のグッチには(電気系が弱ってるということもあってか、)結構大きな効果がありましたが、最近の良くできたバイクに同様の効果があるとは思えない、という気もしています。小さな変化は感じられるでしょうが、それにこの値段?ということになるのも十分わかりますしね。

 というわけで、低速域のギクシャクが緩和され、開け閉めに過敏に反応しなくなって(コレを嫌がる人にはもちろん向いてません)、Uターンもできるようになりましたし、なんとか8の字も書けるようになりました。ちょっとした交差点での振舞い、渋滞での低速走行、気になるとどうしようもない部分が改善されて、アクセルの開け閉めの荒っぽい自分には素晴らしい効果があったわけです。

 もうどうにも矯正しようがないこの癖ですが、普段スクーターに乗っていてガバッとあけてしまう、回転落ちの遅いグッチでアクセルストッパーまで一気にアクセルを戻す癖がついた(そんなにしても変わらないんだけど、気分的にね)、そんな感じの成り立ちです。ちなみに、グッチに乗っている限りにおいては、この癖、実は実影響がほとんどありません。なもんで、10年以上そんな感じでしたから、最近はすっかりあきらめています。

 次回はスーパーウエポン、とかこの前書いた様な気がしますが、そんなわけで、最新のSSなんて乗りこなせない!となるのは眼に見えているわけです。ヤレヤレですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

ターン

 サーキット走行を見て“コーナリングスピードが遅い”って、言われなくてもわかってる(そうしてるんだし、)んですが、やっぱり言われるとちょっと悔しい気もします。

 自分が乗ってるバイクを見てもわかるように、基本的にはコーナリング性能が普通のバイクに、スポーツでないタイヤをつけているものばかりです。唯一NSR250Rがレーサーレプリカですが、速いバイクで遅くしか走れなかったことも、こういうバイクに乗っている原因の一つかもしれません。自分はあまり気にしていない様でも、深層心理的には傷ついていたのかも?

 まあ、何度も書いているように、“自分は公道のライダー”という意識は結構強いです。サーキットで抜きつ抜かれつが好きでないのも、基本的には一人で知らない道をある程度のペースで、というのが好きというのがベースにあるからでしょう。山でも、ストレート以外で抜いたことはありません、というか、それ以外で抜くのは相手にとっても自分にとっても非常に危険なことだと思いますし、慣れないライダーに対してしていけない行為という気がしてしまうのです。

 そんなわけで、ブレーキング重視、安全に小さく旋回、立ち上がり重視という自分の走りが組み立てられているわけです。ですから、本当は低速からトルクがあって、旋回力が強く、でも攻撃的でないバイクが理想なのかもしれません。“攻撃的でない”には、どこまでもコーナーで頑張れちゃう、などというのはダメだし、腰を軽くずらした位でちょうどいいようなバイク以外はついつい行き過ぎてしまうのでアウトです。

 人間の方がセーブできれば一番いいんですが、ついつい調子に乗ってしまうのは、なかなか矯正が難しいものです。というわけで、基本的にはコーナリングスピードは安全マージンをたっぷりとって、ということになるわけです。そんなこんなで旧ルマンやボニーに乗ってるはずなのに、遊びのつもりのサーキットへ行くと、いつも“どこまで行けるか試したいなぁ~”という危険な誘惑に負けそうになるのは、まだまだ子供のままの様で…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

来た、来たー!

 いやはや、何を書いても、これをみれば一目瞭然というのが来てしまいました。そう、先日の6月23日のもてぎのライパの写真です。全走行写真を見る事ができるようになったので、今までの様に、どんな写真が来るかわからないから…ということが無くなった反面、公けの場にその勇姿(と言えればいいのに…)が晒されてしまうわけです。

 いつもは4つ切りで買ってましたが、今回良く見てみるとデータの販売もあるようで(もちろんちょっと高くなりますけど)、どちらにしようか考えてしまいます。というのも、かつての写真のいくつかは、カビさんにやられ(バイク道具と一緒にしまっておいたら…)てしまった、という経験もあるからです。もっとも、今回の様な写真ならもらわなくて結構、という考え方もあるわけですが、さて。

 それにしても、ですよ。なぜか一人だけツーリング、といった風情が泣かせます。上半身の位置が高いから、コレは午前中の写真でしょうね。まあ、でも自分の走りはいつもこんな感じです。ほとんどの緑クラスのバイクとは、コーナリングスピード自体はそれほど変わりませんでしたから、効率が良いといえばいいのでしょうが、リラックスしすぎていて緊張感に欠けますね。

 コーナリングスピードをもっと上げていくだけではダメですね。もっと腰を落としたり、頭を含めた上半身をイン側そして前に落としていったり、倍くらいのバンク角にしないと(ステップ、マフラーを変えて、スタンドを外して・・・、不可能!)、写真写りは良くならないですね。そもそも、ライダーが緊張するようなスピード域でないというのも、写真にははっきり写ってしまいますから、ポリシーを曲げて、コーナリングスピードを上げていくのも本当は必要でしょうね。

 やっぱりちょっと悔しいので、次回はスーパーウエポンを投入…できるといいんだけどなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

雑記

 rocketiiidashさんのブログを見たら、自分のことが…。サーキット走行、半分ではないですが、三分の一以上ではありますね。特にライディングパーティーは続けて一日中乗れるので、次はこうしようとか、さっきの失敗を生かして、というのがすぐにできるのが良いところです。次は一ヵ月後、といってもその頃には忘れてますからね、きっと。

 で、一日中走っていると、コレが結構な距離になってしまうわけです。昔は11時から4時頃まではバイクの時間、とか言って日曜に出かけてましたが、今は子供が寝てる2時から4時、しかもその間に他の用事も済ませなくてはいけないということで、なかなか山のほうまでは足を延ばせません。小学校にでも行けば、少しは状況が変わってくるんではないかと思っていますけど…。

 そんなわけで日曜日は、オオツキが暇ならオイル交換でもしてもらおうかな、などと考えていましたが、最近はBMWも好調のようで結構忙しそうでしたので、バイクを眺めて、本を眺めて、エンジンが調子悪いので、(グッチとの)買い替えを検討しているスクーターのカタログをもらって帰ってきました。そうそう、rocketiiidashさんのエリミネーターも初めて見ました。ブログにもある特製の排気チャンバーですが、通常状態では見えないのが残念な感じですね。個人的にはVマックスよりエリミネター派でしたので、懐かしくもカッコ良いスタイルには見惚れてしまいます。

 そう、一回はカワサキに乗りたい、と思い続けて(KR250の頃から)早20年。結局乗らずじまいでしたが、機会があれば、ぜひ。スクーターはカワサキ無いですもんね。ジレラやアプリリア、ピアジオのスクーターが欲しいんだけど、やっぱり国産にしておいた方が無難かな…というところで悩んでいます。150~200くらいで、スポーツタイプのホイール系の大きいものが希望なんですが、残念ながら国産車には無く、アドレス125でお茶を濁そうかな、という感じです。

 通勤と買い物しか使わないので、確かに外車は勿体無いし、雨ざらしなのでトラブルが怖いところ、そしてパーツの問題もありますし、妥協は必要かもしれません。リードのエンジンのOHでもいいんですが、結局タイヤ交換したり、オイル、フルード、サス交換していくと、結局買うのと変わらなくなってしまうし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »