« 来た、来たー! | トップページ | 気にならない、が素晴らしい »

2007年7月 8日 (日)

ターン

 サーキット走行を見て“コーナリングスピードが遅い”って、言われなくてもわかってる(そうしてるんだし、)んですが、やっぱり言われるとちょっと悔しい気もします。

 自分が乗ってるバイクを見てもわかるように、基本的にはコーナリング性能が普通のバイクに、スポーツでないタイヤをつけているものばかりです。唯一NSR250Rがレーサーレプリカですが、速いバイクで遅くしか走れなかったことも、こういうバイクに乗っている原因の一つかもしれません。自分はあまり気にしていない様でも、深層心理的には傷ついていたのかも?

 まあ、何度も書いているように、“自分は公道のライダー”という意識は結構強いです。サーキットで抜きつ抜かれつが好きでないのも、基本的には一人で知らない道をある程度のペースで、というのが好きというのがベースにあるからでしょう。山でも、ストレート以外で抜いたことはありません、というか、それ以外で抜くのは相手にとっても自分にとっても非常に危険なことだと思いますし、慣れないライダーに対してしていけない行為という気がしてしまうのです。

 そんなわけで、ブレーキング重視、安全に小さく旋回、立ち上がり重視という自分の走りが組み立てられているわけです。ですから、本当は低速からトルクがあって、旋回力が強く、でも攻撃的でないバイクが理想なのかもしれません。“攻撃的でない”には、どこまでもコーナーで頑張れちゃう、などというのはダメだし、腰を軽くずらした位でちょうどいいようなバイク以外はついつい行き過ぎてしまうのでアウトです。

 人間の方がセーブできれば一番いいんですが、ついつい調子に乗ってしまうのは、なかなか矯正が難しいものです。というわけで、基本的にはコーナリングスピードは安全マージンをたっぷりとって、ということになるわけです。そんなこんなで旧ルマンやボニーに乗ってるはずなのに、遊びのつもりのサーキットへ行くと、いつも“どこまで行けるか試したいなぁ~”という危険な誘惑に負けそうになるのは、まだまだ子供のままの様で…。

|

« 来た、来たー! | トップページ | 気にならない、が素晴らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターン:

« 来た、来たー! | トップページ | 気にならない、が素晴らしい »