« 言い訳のような気もするけど | トップページ | 水戸の黄門祭り »

2007年8月 4日 (土)

個人的なライディング感

 続けてそれほどには書くことはないのですが、もう少し書いときます。前に貼った完熟走行の写真と比べてもシートの一番後ろ、というかベルトの後ろにはみ出る所に座っているので前傾ですが、もう少し前に座るとハンドルが邪魔(動きが大きく邪魔しちゃう)で乗れません。この辺が要改良(バイクなり、乗り方なり)の部分です。

 ステップは前の方に見えますが、座ってる位置のこともあり、昔のバイクの視点で言えば、結構後ろよりのステップ(バックステップ)です。なので、自分的には擦っちゃう以外は特に問題を感じません。コレより高いと足の曲がりが強すぎて疲れそうですし、そう考えると結構シート(コレは高めのゲルシートだけど)は低いのでしょうね。

 ステップを踏み込むような操作はしないので、ステップは根元を踏んでます。よく考えてみると、フレームを押してないと気になる方なのかもしれません。立ち上がりで足を畳むのは、やってみればわかりますが、バイクが起きて、曲がりながら加速するためです。立ち上がりで足を開きっぱなしでは、自分は上手く曲がれません。シートの内側に荷重するのが下手なんでしょうね。ステップを踏んじゃってるのかもしれません。ここではできるだけ曲げるのに、若干上半身と頭をインに入れてますね。

 頭は基本的にはヘッドパイプの上です。リーンウィズだと頭を起こした分外へ行ってしまうので、やや上体をインに入れています。上体もヘッドパイプに向けて(というか、体はステアリングヘッドを中心に扇状に移動するのが普通ですよね?)、ハンドルの中心にいる事で、リアが滑ってしまった時や、フロントが滑ってしまった時の対応が速やかにできます。頭はなるべく垂直に、バンク中はイン側にグリッと向けて先を見ています。

 Uターンで、イン側に上体を向けてしまう、という人もいますが、自分は極低速でも上体はステアリングヘッドの方に向いてますね。イマドキのタイヤと、インライン4ならエンジンの重さで誤魔化せるのかな?そういえばホンダのモーターサイクリストスクールでも、そういう人が結構いましたね、確か。後輪をコントロールして、前輪が従輪という理屈で考えると、おかしいような気もするんですけどね。でも実際やってみると、ハンドルを切るような感じで、ややバイクは不安定ですが、よく曲がるようです。リアタイヤを中心にコントロールする、というのとは、まったく別モノですけどね。

 とまあ、こんな感じで乗っておりますわけです。この辺は個人の体格なり考え方、経験などで大きく変わってくるところなので、多分正解って無いんじゃないかと思います。臨機応変が大事ですしね。でも、いろいろと試行錯誤しながら乗るのも楽しいんですよね。

|

« 言い訳のような気もするけど | トップページ | 水戸の黄門祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人的なライディング感:

« 言い訳のような気もするけど | トップページ | 水戸の黄門祭り »