« 夏休み | トップページ | キレイだねっ »

2007年8月23日 (木)

ボクスターとカイエン

 先日、ボクスターとカイエンが並べて止めてあるのを見る機会がありました。ドイツのスポーツカーメーカーポルシェの、普及版(と言っても、オプション付けて乗り出し1千万円近いよね?)スポーツカーですね。

 写真で見るとカイエンのほうが個人的にはカッコイイ、という印象でしたが、アレレ実車を見るとボクスターのほうがカッコいいですね。さすがにオリジナルだけのことはある、ということでしょうか。それでも、この値段だったら…、自分なら違うのを買うかな、お金があればですけどね。中身は確かに抜群にいいんでしょうが、デザインが、特にフロントのオーバーハング(荷室のボンネットも、だけど)の長さが気になります。

 リアが短くフロントが長いというのは確かにスポーツカー的にはカッコいいのでしょうが、隣に並んだティアナより、ハンドルから先端までの距離が長いというのは、詰めたスポーツカーとしてはカッコ悪いような気がしてしまうのは、おそらく切り詰めて切り詰めたライトウエイト・コンパクトスポーツが好きだからなのでしょうね。

 車に乗っていて、(安全上長いほうがいいとはいえ)フロントが手の内に入ってこないというのが我慢できない自分は、キューブやマーチくらいでちょうど良いのかもしれません。車においても全力加速の楽しさ(パワーが余ってない)がないと、足回りに余裕がありすぎると、乗せられてるだけのようでつまらない、と感じてしまう変な人なのでしょうがないですね。

 それにしても、国産車においても、そろそろポルシェを脅かす存在が出てきてもいいんじゃないかと思ってしまいますが、対911のGTRに続いて、対ボクスター・カイエンのヴァリエッタ・シルビア、どうです?日産さん。

|

« 夏休み | トップページ | キレイだねっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボクスターとカイエン:

« 夏休み | トップページ | キレイだねっ »