« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

風邪ひき中です

 仕事を休むほどではないけれど、結構きてます。昨日の夜は耳の下が痛くて眠れなかったり、その前は胃がきりきりと痛んだり。月曜日に、少し調子が悪いにもかかわらず、2時間半もバイクに乗って(頼まれたお買い物をして)いたのがダメ押しになってしまったようです。

 と言いながら、通勤にはスクーターですが(自分用の車は持ってないからだけど)、明日の休みでなんとか直しちゃいたいものです。は~、やれやれ。明日はおとなしくまだ見ていない日本GPでも見ていることにしますです、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

残念、

 いやぁ、連休はお天気も良く、バイクに乗られた方も多かったことでしょう…。もてぎのHMSに参加したいとか言っていましたが、結局連休は二日ともお仕事ということで、お買い物程度に市内を回ってきた程度で終わってしまいました。

 それにしても暑かったですね。涼しくなったり、暑かったり、ウェアの選択に困ってしまいます。年寄りの自分は自己防衛のために、基本的には暑いくらいのウェアを着ていたりしますが、若い子はTシャツ一枚とか、スゴイなぁ(というか、危ないなぁ、か?)と思ってしまいます。何度もこごえそうになった経験から、ついつい過剰に着てしまいますが、走っているときはともかく、お店に入る時はちょっと恥ずかしいですね。

 と言いながら、結局お店の中でも冷房がやたらと強いので着っぱなし、ということも多いのですが…。もちろん変な目で見られたりしますが、スーパーはともかく、本屋さんでも電気屋さんでも、どうしてあんなに寒いんでしょう?普段着では凍えそうです。

 というわけで、普段はバイク乗りらしいウェアなので逆におかしくない様な気がしているのですが、ボンネビルにあわせたウェアを買おうと思うと、なんか余計に怪しい人になりそうな気がして考えてしまいます。普段着の延長だと、怪しさ全開になってしまいそうで。かといって、バイクに置いてくのもなんだし、ぶら下げてるのも邪魔だし、人目を気にしすぎなのかもしれませんけどね。

 話がそれまくりでしたが、お天気なのに残念な連休でした。今週末のモトGPもなんだか微妙な感じですし(仕事ではなく、先週遊べなかった子供のお付き合いで)、何とかなれば月曜日のテスト風景でもちょっと眺められればいいかなぁ…位トーンダウンしております。ウ~ン、小さい子供がいると、なかなか乗れないもんですねぇ~(と言っても、子供と遊んでいるのも楽しいのですけれどね)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

もうすぐ、もてぎ

  今日の読売新聞夕刊を見たら、なんとモトGP(世界二輪選手権だっけ?)の最高峰クラスに出場中の中野真矢選手の記事(参照)が!

 しかも真ん中の見開きですから、けっこうインパクトがあります。今年は成績が上がらないで、来期の参戦は難しいのでは…とささやかれていますが、この記事に対する一般人のホンダへの反響とか、もてぎでの大活躍があれば、もしかして追い風になるのでは?と期待してしまいますね。

 スポンサーのコニカミノルタも大きく露出できましたし、これを契機に他のメディアにも取り上げられるといいんですけどね。もっとも、成績がこのままでは“問題外”ではあるのですから、あとは本人の頑張り次第といったところなのでしょうが。

 国内ではいまひとつ人気の盛り上がらないモトGPですが、海外(欧州)ではF1並に人気のあるスポーツですし、今年は微妙ですが、日本の4メーカーがしのぎを削る舞台のわりに、ちっとも盛り上げようという気が無いというのはどうしたことなんでしょう?と思ってしまいますね。23日には栃木県もてぎサーキットで年に一度のモトGPが開催されますので(水戸から近いし)、興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 ちなみに、轟音(自分はもっと静かにして貰いたい派、です)ですので、耳栓をお持ちになったほうが良いかもしれません。って書くと、誰も行ってくれないだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

ヴィンセント

 山に行った帰り、というか、立ちゴケしてしまったこともあり、オオツキに寄ってウインカーのレンズを頼んできましたが、そのときクラブマン(バイクじゃなくて雑誌です)を眺めていたら、新ヴィンセントの記事が。

 数年前に話題になって、その後消えてしまったとばかり思ってましたが、今でも造っているのでしょうか?ホンダVTRのエンジンのネオクラシックは、妖しさ(怪しさ)抜群で、実はたいそう気に入っているのですよ。130馬力超にスポークホイールは無いだろう(訴訟天国のアメリカなら尚更)とか、どう見ても曲がらなそうなフレーム、無理やりなフレームエアボックスに、性能無視の排気管と、まさにキワモノ。

Big_blkshadow02a  でも好きになってしまえば、あばたもえくぼ。250万円を超えようかという値段は厳しすぎるけど、日本に入ってくることがあったら、ぜひ検討しようと思って数年。すっかり記憶の中に埋没していました。そういえばトラを買う時にも思い出さなかったような気はしますが、コイツもボニーを買う後押しになっていたのかもしれませんね。

Big_blklightst02a  いまの自分的にはブラック・プリンスっぽいこちらのほうが気になりますが、HPを見ると、やはり活動していないような感じ?どうしてクラブマンが取り上げたのかはナゾです。もちろん旧いヴィンセントが買えて、維持できる甲斐性があれば一番なのですが、手のかかる子供がいると、手のかかるバイクまで面倒が見てやれないので、こういう企画モノは結構そそられます。エンジンが国産というのも、安心材料のひとつですしね(そのパワーに耐えられるフレーム・ホイールには見えないけれど)。

 ハイパワーに太いタイヤでも、こんなのならイイかなぁ~(サーキットでSSの連中をビックリさせられるし)?という感じでしたが、良く考えたら、この程度のものは国産車でも造れる訳じゃないですか、エンジンの性格まで自由に変えられるし。たしかに銘が無いと…、ということはあるのでしょうが、どうなんでしょう?VTRエンジンのこれとモンディアルはどちらも大好きですが、ホンダの企画・デザインはイマイチなんですよねぇ~、惜しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

雨降り

 今回の台風、幸い水戸は風雨が強くなったくらいで、それほど大きな被害は出ていないようです。川のほうは、もう少し注意が必要でしょうけど。

 通勤時間にはそれほど激しい雨ではなくなっていましたので、スクーターで通勤。もちろん激しくてもスクーターしか無いので、結局は乗るんですけどね。ポンチョですむか、合羽を着なくてはならないかの違いですが、ズボンを履く履かないは、結構気分的にも後処理的にも負担が大きく違います。ちょっと位濡れても楽な方が良いです。

 バイクの方は、カバー一枚なので心配でしたが、特に異常無し。通気口つきのタイプの為、激しい雨のあとは中が濡れているのが難点ですが、倒れてしまうよりはずっとましでしょうね。また錆との戦いが待っていますけど。グッチの方は通気口無しですが、縛ったりしていないので、きちんとめくれていました。ずぶ濡れです。でも倒れるよりは…ということですね。

 それにしても、ポンチョのフード、いつもかぶらずにヘルメットをかぶってましたが、今日はかぶったままヘルメットをつけてみました。意外とあごの下、のどが濡れずに快適。ビニール(PVCとか)はベタベタした感じですが、そうでないのはかぶったままでも問題ないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

そうそう

 前の記事、画像が拡大表示されないのは修正しました。なんでダメだったんだろう?

 ところで、立ちゴケの話題ですっかり忘れてましたが、久しぶりにお山に行ってきたんでした。折橋のところですが、今回はがら空き。多少すれ違いはすれど、前後にバイクどころかクルマもほとんどあらわれず、でした。

 チョイ乗り以外はもてぎ以来なので、もちろんかなりセーブして走りましたとも。行く途中であんなことがあったし、やはり安全第一ということで。今回は景色を眺めながらのんびりと、腰を一ミリも動かさないリーンウィズで通しました。細いタイヤならではでしょうが、体重のかけ方一つでバイクを動かすのは、ゲームみたいで本当に楽しいです。帰りはずっと片手運転。直角コーナーもヘヤピンも、無理しなければ良いペースで走れますしね。なにより固くなりがちな久々のライディングには、腕の力を意識して抜きやすいというのは大事です。

 帰りの途中でガス欠っぽくなり(立ちゴケのときもなんかガス欠っぽかったんだよなぁ?)、40キロ先のスタンドまでもつのか?と青くなりましたが、リザーブにしてからも結構走る走る。トラブルとは考えたくは無いけれど、あまり乗らないので、キャブあたりが詰まってるのでしょうか?途中転倒していたようなCBRがいましたが、2台止まってくれているバイクがいたようなので、心の中でゴメンナサイして通過。何とか無事スタンドに到着することができました。

 そういえば航続距離が短いのを忘れてました。グッツィのでかいタンクだと、200キロ越えてから給油でぜんぜん余裕で間に合うのですが、今回は160キロちょっとでリザーブへ。ちょっと短すぎるような?エンジンというよりはキャブの調子が悪いのかな?ココはひとつTMRに…、ってわけにはいかないんですけどね、予算的にも。峠、街乗りではちょうど良い加減のノーマルもやはり捨てがたいです。一生懸命走ってるって感じがあると、遅くても楽しいですからね。安全に走れる現状で満足するべきでしょう。

 そうそう、帰りに見かけましたが、なにやらヤマハのパラ2の集まりがあったらしく、TDM、TRXの大群を見かけました。結構生き残ってるTRXが多くて、嬉しい限りです。自分も乗ってた2型SRXみたいなTRX900の登場に期待してた時代もありましたね、そういえば。絶対良いと思うんだけどなぁ、そういうの。今からでも遅くないので、ぜひヤマハさんには挑戦して欲しいものです。もちろん、そのときは買います。がんばって買いますから、シフトのタッチ(と防錆)をグ~ンと良い物にしてください。お願いしま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

 暇で忙しかったので、いつの間にか一週間も経ってましたね。日曜日は子供が嫁さんとお出かけだったので、久しぶりにバイクに4時間も乗ってみましたが、結構疲れてしまいました。ウ~ン、ライディング自体はなんの不自由もなくても、体力の衰えをひしひしと感じてしまいました。

 しかも、タイトルに入れるのを避けましたが、“転がした…”が省略前のタイトルです。そう、こけてしまいました。しかも、結構人のいるコンビニの入り口で、立ちゴケという、絶対こんなところに書けない…という恥ずかしさ。体力だけでなく、集中力にも欠けていたのかな?という感じで、さらにガックリです。

 バイク自体はできるだけそっと置くようにしたつもり(でも、結構ガシャッ!って音が響いたような気はするけど…)でしたが、起こすまでは結構目の前真っ暗(修理代が、なんて奥さんに言えない)な感じでしたが、ダメージが少なくて、ホッ。右に倒してしまいましたが、一発でスッと起こせて良かった、良かった。右から起こすのは結構大変なので(しかも傾斜してるし)、いらないダメージを増やさずに済んで一安心といったところ。

 ああ、やっぱり書かなきゃ良かったかな~(有用な情報の為とはいえ)。ブレーキレバーとブレーキペダル、バンクセンサーと前のウインカーレンズで車体を支えてくれた(良く考えて造ってありますね)ので、まあ多少の傷の付いたレバー、ペダル、バンクセンサーは放置ということで、ウインカーのレンズだけで済んで一安心でした。もちろんミラーも傷が付いてしまった(プラみたいですね、意外)のですが、これもほんのちょっとなのでいいでしょう。

 その後、ドキドキしながらも山へ走りに行ってしまいましたが、こういう時は自重するのが本当は良いんですよね。まとまった時間が取れるのが“まれ”だと、ついつい勿体無いと思ってしまいますが、そういうときこそ気をつけないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »