« 雨降り | トップページ | もうすぐ、もてぎ »

2007年9月 8日 (土)

ヴィンセント

 山に行った帰り、というか、立ちゴケしてしまったこともあり、オオツキに寄ってウインカーのレンズを頼んできましたが、そのときクラブマン(バイクじゃなくて雑誌です)を眺めていたら、新ヴィンセントの記事が。

 数年前に話題になって、その後消えてしまったとばかり思ってましたが、今でも造っているのでしょうか?ホンダVTRのエンジンのネオクラシックは、妖しさ(怪しさ)抜群で、実はたいそう気に入っているのですよ。130馬力超にスポークホイールは無いだろう(訴訟天国のアメリカなら尚更)とか、どう見ても曲がらなそうなフレーム、無理やりなフレームエアボックスに、性能無視の排気管と、まさにキワモノ。

Big_blkshadow02a  でも好きになってしまえば、あばたもえくぼ。250万円を超えようかという値段は厳しすぎるけど、日本に入ってくることがあったら、ぜひ検討しようと思って数年。すっかり記憶の中に埋没していました。そういえばトラを買う時にも思い出さなかったような気はしますが、コイツもボニーを買う後押しになっていたのかもしれませんね。

Big_blklightst02a  いまの自分的にはブラック・プリンスっぽいこちらのほうが気になりますが、HPを見ると、やはり活動していないような感じ?どうしてクラブマンが取り上げたのかはナゾです。もちろん旧いヴィンセントが買えて、維持できる甲斐性があれば一番なのですが、手のかかる子供がいると、手のかかるバイクまで面倒が見てやれないので、こういう企画モノは結構そそられます。エンジンが国産というのも、安心材料のひとつですしね(そのパワーに耐えられるフレーム・ホイールには見えないけれど)。

 ハイパワーに太いタイヤでも、こんなのならイイかなぁ~(サーキットでSSの連中をビックリさせられるし)?という感じでしたが、良く考えたら、この程度のものは国産車でも造れる訳じゃないですか、エンジンの性格まで自由に変えられるし。たしかに銘が無いと…、ということはあるのでしょうが、どうなんでしょう?VTRエンジンのこれとモンディアルはどちらも大好きですが、ホンダの企画・デザインはイマイチなんですよねぇ~、惜しいです。

|

« 雨降り | トップページ | もうすぐ、もてぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィンセント:

« 雨降り | トップページ | もうすぐ、もてぎ »