« 書くほどのことはないけれど、 | トップページ | GS アドヴェンチャー »

2007年11月 4日 (日)

HP2 Megamoto

 今日はいいお天気でしたね。子供のお昼寝タイムを利用して、トラ宇都宮へ行ったついでに、オオツキに頼んであったウインカーレンズももらってきていたので、一応報告をかねてオオツキに寄ってみました。

 昨日は混んでいたらしいですが、今日は人もあまり多くなく、社長がおニューのBMWのスーパースポーツ(たまたま試乗会でした)に乗ってけば?と言うので、せっかくですから試乗させていただきました。HP2 Megamoto、エンデューロのロード版というべきバイクで、足つき性の悪さはエンデューロ譲りということもあり、250万のバイクを転がすわけにもいかないので、緊張してしまいました。

 音は元気。車検通るの?というくらいですが、思ったよりずっと良い音。ネモケンのササキだったかのマフラーも良い音だと思いましたが、これはもっと荒い感じがします。楽しそうな感じ。整然と回るのはツーリングには大事ですが、スポーツバイクは色気も欲しいですもんねぇ。そういう意味では振動は少ない方がいいとしても、鼓動感は欲しい、というわがままも言いたくなるのはツインだからでしょうね。

 乗ってしまえば普通に走れますが、やはり足つきの悪さには気を使います。それと、ブレーキが立ち上がりから効きすぎる(ボニーが効かない、というのが良くわかった…)ので、カックン、となって恥ずかしい。街乗りを考えたら、もう少し握りこんでいくとリニアに立ち上がっていく特性にしたいような気もしますが、BM的にはスーパースポーツということなので、サーキットに持ち込むのが前提、なのでしょうね。結局、人差し指一本しか使いませんでした。

 エンジンは音のイメージどおり、ちょっとばらつくというか、振動が多いというべきか、低い回転域でゴロゴロッ、って感じは個人的には好きですね。普通の1200のコロコロッ、って感じと違い、とても楽しいです。逆に回すと一直線にパワーが湧いてきますが、サーキットでもなければ速過ぎて、あまり面白くないですね。

 フラットで広めなバーハン、オフのままのステップ、ペダルという中途半端な操作系ということもあり、どう走らせたいのか良くわからないというか。特に内側に引っ込んだシフトペダルの使いにくさは難点。軽く正確な(感じのする)ミッションを台無しにしている感じがします。モタードという、自分には未体験の分野向けみたいなので、理解できなくて当然なのかもしれませんが…。

|

« 書くほどのことはないけれど、 | トップページ | GS アドヴェンチャー »

コメント

おー、宇都宮と大月のハシゴ。

Megamoto、あの脚長Ryuさんも足着きが気になったなんて。私が交差点で疲れるのは当然だ。

そういや、土日は宇都宮で餃子祭りがあったようで、餃子を安くいただけたようです。もしや行ったとか?

投稿: rocketiiidash | 2007年11月 5日 (月) 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HP2 Megamoto:

« 書くほどのことはないけれど、 | トップページ | GS アドヴェンチャー »