« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月28日 (水)

しっかりしたジーンズ

 個人的に気に入ってはいていたエドウィンのZYシリーズですが、最近はあまりつくっていないのか、見かけなくなってしまいました。耐熱・難燃性があり、ケブラーの倍以上の強度があるというザイロンという繊維を使ったジーンズです。

 ダメージドというのか、洗ってすり減ったタイプのものは見かけるのですが、バイクに乗るのに膝に穴があいているのはどうかと…。パッドが入っているわけでもないのですが、やはり涼しすぎるし、もしもの時にも傷が増えそうです。もっとも、ザイロンが入っていると厚手でゴワゴワするし、普通の人がはくには穴くらいあいてクタクタしていた方が好ましいのかもしれません。

 バーゲンで見かけるたびに(こういう買い方しているから売れない→作らないんでしょうね)サイズがあれば買って、今は3枚残っていますが、これで転んだことは無いので実際の強度はわかりません。でも秋冬に風通しが悪かったり(少し温かい)、固くて厚手のところが(なんとなく)頼もしく感じられて好きなんです。普通のジーンズをはくと、すかすかして気持ち悪く感じるほどです。

 裏地というかザイロンが黄色い網目になった構造が裏に露出していることもあって、洗っていると表面から黄色い構造が顔を出してくるので、そういう点でも不人気なのかもしれません。バイク乗り位しか買わないのかなぁ?という感じではあります。実際クシタニではエドウィンと共同開発でバイク用のジーンズを作っていましたしね。

 なぜだか昔からエドウィンをはいていますが(人気はイマイチの様ですが…)、家の近所のデパートはエドウィン・メインだった、というだけの理由ような気がします。幼少期の刷り込みがもとで、今でもなぜかエドウィン一筋、ていうのもなんか不思議。最近では股上の浅いモデルが主流ですが、深いほうが好きな自分はザイロンモデルも深いのが欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

サボってます

 先週はバタバタと仕事が忙しく、またまた好天に恵まれた日曜日は、先週に引き続きひどい頭痛の風邪にやられていましたとさ…。 というわけで、ネタも無い事もあり、更新していませんでした。まったくひ弱な自分にはイヤになります。これから年末にかけて、さらに忙しくなるっていうのに、先が思いやられます。

 話はガラッと変わりますが、乗れない時期は物欲が高まるの法則で、何回か買い物をしているGT商会のセールも始まり、ヘルメットを買ってしまうかどうかで悩んでいます。通勤用のスクーターでかぶっているアライは6年ものということもあり、ふちゴムが剥がれては貼りを繰り返してきましたが、さすがに酷くなってきたので、盗られても惜しくない安いのを一つ、と考えているのです。

 安全性とシールドの使い回しを考えるとアライが一番好ましいところですが、違うものも使ってみたいし、何よりアライは盗られてもいいと言う値段ではないですからねぇ、考えちゃいます。HJCのサイマックス(一度はシステムヘルメットを試してみたいし)やショウエイのワイバーン(高いけどデザイン重視で)がいいなぁと思いつつ、無難にプロフィールという選択をしそう…。

 先行き不透明(今後も継続されるのでしょうか?)ですが、コストパフォーマンスならばやはりサイマックスが価格的に見ても好ましいかな。テレオスはあまりにも貧弱な感じがしますし、見たことはないけれどコチラのほうがしっかりはしてそうな気がします。日に焼けそうな白よりは銀色の方が経年変化による色の違いが気にならないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

やれやれ

 今日になってやっと頭痛も治まりましたが、なんだか一年中風邪をひいているような気がします。それにしても、また日曜日に調子が悪いとは。いい天気でバイクがいっぱいでしたが、結構寒くなってきましたから、装備には注意して風邪をひかないように気をつけないといけませんね。

 普段の生活では100ccのスクーターしかないのですが、なんだか今年は寒くてかなわん…、と思っていたのは風邪のせいだったんですかね。年のせいかと思って落ち込んでいましたが、ちょっと復活。それにしても、250のフォーサイトに乗っていた頃の暖かさが懐かしいので、もう一度フォーサイトに戻ろうかなぁ。

 サイズ的には今のリードくらいでちょうど良いのですが、防風(防雨)的にはやはりもう一回り大きいサイズのスクーターが欲しいですね。180センチもあると、はみ出す部分も多いので困っちゃいます。フォーサイトはシートが低すぎて腰が痛くなってしまうのですが、アレ以上大きいのは乗りたくないし、非常に選択肢が少ないですよねぇ。

 アプリリアのスカラベオ250が結構好みなのですが、外車は普段使いには厳しいかな。特に自分は荒いような気がするので、やめておいた方が無難でしょうね。そうすると国産でいいものが無い。フォーサイトも生産中止で、今後手に入らなくなりそうですから、あきらめてこれを買っておいたほうがいいのかもしれませんね。海外用のハイシートがあるといいのになぁ。

 あとはグリップヒーターと、リアのボックスと、大型シールドも(ノーマルが傷だらけになったら)試してみたいなぁ。というわけで、乗用車としてのスクーターの情報を収集中。フォーサイトも、もう結構少なくなってきていますねぇ、どうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

身の丈で考えると、

 人によってちょうど良いというのは違うと思うし、年齢によっても変わってくるものだと思うのだけれど、先週の日曜日のHP2試乗後に乗ったボニーは、柔らかくて心地よく、ああっ今の自分はこの位でちょうど良いのかな…と思わせてくれました。

 しょっちゅう山やサーキットへ、という使い方ならともかく、あいた時間でちょろっと、という今の自分にはこの程度が安全、ということでもあります。なかなか乗れないと、ついアクセルをワイドオープン、なんてこともあるわけで、速すぎると身も周囲も(免許証も)危険になりますからね。ハンドリングが良くて、適度なスピード、でも一生懸命走ってる感じがする、というのがいいですね。

 まあ、それでも、TMR換装計画やダイマグ換装計画など、手の内で転がせる範囲でいじる楽しみは放棄したわけではありません。というか、いじっても高が知れてるからこそいじりたい、という感じなのかもしれません。グッチはいじりすぎてしまい、じゃっかん速くなりすぎてしまったのは反省していますが、これならそんなこともないんじゃないか(というか、部品がないし)と思っています。

 V7クラシックという気になるライバルの出現には結構そそられるものがあります(コンパクトさ、軽さ、シャフト)が、スモールツインでは…と思って、できるだけ目をそらしておかなくちゃ、と考えています。ブレヴァ750は試乗したけど、微妙?って感じだったじゃない!と自分によ~く言い聞かせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

V7クラシック②

 最近のクラシックスタイルのバイクの始まりはW650でしたが、あれからもう何年経つんでしょう。一番売れたのもやはりW650なんじゃないのかなぁ?ボンネビル系の合計の方が(アメリカ系を含めれば)多いのかな?遅れて来たイタリアンのドカは苦戦しているようですし、価格競争力の無い(ここのところ、日本では)モトグッツィが今更クラシックを出してきても…と心配しないでもないのですが。

 でも、大きさ的にはミドルサイズだけあり(とはいえ、排気量だけなら100ccしか違わない)、コンパクトで軽量なのはイイですね。ビッグツインの850で実現して欲しかった(そしてルマン1に来て欲しかった、という人も多いでしょうが)、というのが本音ですが、普段使いがメインのこのスタイルのバイク的には、確かにミドルツインの方がピッタリきますもんね。特に体の小さい日本人にとっては、まさにジャストサイズかもしれません(足つきさえよければ)。

 正直デザインは安っぽい、というか急ごしらえという雰囲気がありますが、それでも今までのブレヴァ750のデザインが気に入らないという人たちにとっては、なかなかにツボをついた良いデザインの様に感じます。フロントフェンダーを深くしたり、タンクの塗装をもうちょっときれいにバランスよく仕上げてくれれば、ずっと良くなる様な気がします。

 スモールツインのエンジン(やや貧弱に見える)なのが残念ですが、ルマンも造ってくれれば(ビッグツインでは大きくなりすぎてしまうだろうし、雰囲気的にはこれでいいよね)、言うことは無いですね。これから年をとっていく自分にとっては、グッツィのスモールツインはもってこいかもしれません。あとは価格的にどのくらい頑張ってくれるか、ですが、現地法人の無い、販路の狭い、さらには残念ながらマイナートラブルが無いわけでないグッツィ的には、けっこう厳しい価格が付いてくるんではないかと懸念しています。

 ユーロも高いし、と言えばそれまでなのですが、ハーレーやボニーの素のモデルの価格を見慣れている人たちに魅力的な価格が提示できるかどうか、というのは(ワンクラス下という事実もあり)大事なことだと思うのですよ。アフターサービスの充実を含め、日本でグッツィが売れるかどうか(1100スポルトの特売では結構売れたけど、すぐ降りた人も多かったしね)には、まだまだ困難が待ち構えている様な気はします。

 とまあ、Guzzistとして(ほぼ、元だけど)、心配は尽きないわけですが、楽しくて飽きずに乗れるいいバイクであるのは確かです。とはいえ、壊れないのが良いバイク、という向きにはちょっとハードルが高いかなぁ~。縦置きツインだし、シャフトだし、試乗だけでも(悪魔のささやきが聞こえるかも…)一度は乗ってみないと勿体無いですよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

V7クラシック①

 とうとう来ましたね。噂だけで終わりかと思っていましたが、発表まではたどり着きましたか。もちろんグッチの場合、発売までにまた時間がかかることが多いのですが、さて今回はどうでしょう?

 モトグッツィと言えば、高くて壊れやすいというイメージ(というか、本当かも!?)がすっかり定着してしまいましたが、ここのところの新車群は、結構信頼性も上がっているようです。独特の縦置きVツインエンジンは、そのルックスと個性で特定の人たちに人気だったりしますが、けっして乗りにくいわけではなく、実際そこそこ速かったり、最新型では待ち乗りも楽にこなせるようになりました。

 Guzzistの自分が言うとなんだか眉唾ですが、それなりの維持費(BMWやハーレーとそんなに変わらないんじゃない?)が用意できるのであれば、なかなか楽しめるバイクだと思います。特に今回V7クラシックのベースになったのは乗りやすさで定評のあるスモールツインですから、大きさ重さを含めて、トラ・ボンネやハレの883を持て余してしまう様な女性陣や年配の方には最適ではないかと思われます。

 個人的な希望としては、そういうターゲットがハッキリしているバイクですから、2年間位のロードサービス(もしくはJAF屋ブリジストンカードの2年間の会員サービスとか)付きにするとかして、乗り出しの抵抗を少なくしてやることが必要だと思います。T100よりも高くなりそうな価格ですが、そういうサービスをつけたり、女性や年配の方に優しいサービスをしたりすれば、購入層はお金を持ってると思うんだけどなぁ。

 あとはトライアンフ同様の販売店の少なさを解消し、部品の価格が少し安くなれば、結構売れそうな気もします。もちろんグッチ好きにはスモールツインということで敬遠されるかもしれませんが、これは新規の顧客開拓と、指名買いの人向けのバイクということでいいんじゃないかと思います。(続く、と思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

GS アドヴェンチャー

 メガモトは凄いなと思いましたが、目立っていたのはその隣に置いてあったGSです。アドヴェンチャーというのか、アルミの頑丈な箱付きのGSで、中古車だったようですが、とても綺麗な状態でした。ウインドシールドの出来も良さそうですし、デザインも良い。なによりインパクトがあるというか、とにもかくにも大きいです。

 トラ宇都宮へ行ったときに、タイガーはでかいなあ~、と思いましたが、さらに大きい感じ。フラットツインということ、ビッグなタンクということもあり、幅も大きく見えて、凄い迫力です。スリムでスタイリッシュなタイガーも綺麗ですが、戦車みたいなGSはカッコいいですね。世界的にもフラットツインの生産量の半分近くを占めているらしいですが、なんか納得です。自分もなんだか欲しくなってしまいましたしね。フェロモンが出てるんでしょうか?

 テレレバー初期の頃に乗ってた自分としては、ハンドリングや性格がどうにも気に入らなかったBMWですが(ツーリング能力の高さは思い知った、がツーリングしないんだよねぇ)、最近はだいぶハンドリングや性格もこなれてきて、R1200Sとかはくれれば欲しい位(お金を払って、というほどでは…)ですし、メガモトに関しては、一回り小さければ真剣に欲しかったかもしれません。

 そして、GSみたいなバイクに普段から乗ってみたい、という気持ちもあるんですが、やはりちょっと大きすぎますよね。800のGSが出るらしい、ということですので、価格も含めてこちらは要注目、ですかね。フラットツインではありませんが、ちょうど良い大きさだったら、そうとう気になりそうです。でもホントは、650トリプルのトラの小タイガー、の方が気になってたりするのですね、これが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

HP2 Megamoto

 今日はいいお天気でしたね。子供のお昼寝タイムを利用して、トラ宇都宮へ行ったついでに、オオツキに頼んであったウインカーレンズももらってきていたので、一応報告をかねてオオツキに寄ってみました。

 昨日は混んでいたらしいですが、今日は人もあまり多くなく、社長がおニューのBMWのスーパースポーツ(たまたま試乗会でした)に乗ってけば?と言うので、せっかくですから試乗させていただきました。HP2 Megamoto、エンデューロのロード版というべきバイクで、足つき性の悪さはエンデューロ譲りということもあり、250万のバイクを転がすわけにもいかないので、緊張してしまいました。

 音は元気。車検通るの?というくらいですが、思ったよりずっと良い音。ネモケンのササキだったかのマフラーも良い音だと思いましたが、これはもっと荒い感じがします。楽しそうな感じ。整然と回るのはツーリングには大事ですが、スポーツバイクは色気も欲しいですもんねぇ。そういう意味では振動は少ない方がいいとしても、鼓動感は欲しい、というわがままも言いたくなるのはツインだからでしょうね。

 乗ってしまえば普通に走れますが、やはり足つきの悪さには気を使います。それと、ブレーキが立ち上がりから効きすぎる(ボニーが効かない、というのが良くわかった…)ので、カックン、となって恥ずかしい。街乗りを考えたら、もう少し握りこんでいくとリニアに立ち上がっていく特性にしたいような気もしますが、BM的にはスーパースポーツということなので、サーキットに持ち込むのが前提、なのでしょうね。結局、人差し指一本しか使いませんでした。

 エンジンは音のイメージどおり、ちょっとばらつくというか、振動が多いというべきか、低い回転域でゴロゴロッ、って感じは個人的には好きですね。普通の1200のコロコロッ、って感じと違い、とても楽しいです。逆に回すと一直線にパワーが湧いてきますが、サーキットでもなければ速過ぎて、あまり面白くないですね。

 フラットで広めなバーハン、オフのままのステップ、ペダルという中途半端な操作系ということもあり、どう走らせたいのか良くわからないというか。特に内側に引っ込んだシフトペダルの使いにくさは難点。軽く正確な(感じのする)ミッションを台無しにしている感じがします。モタードという、自分には未体験の分野向けみたいなので、理解できなくて当然なのかもしれませんが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

書くほどのことはないけれど、

 日曜はいい天気でしたが、残念ながら子供の行事のためにほぼ一日潰れてしまいました。結構バイク走ってましたけど、横目でちらちら見る程度(嫁さんに怒られるし、)で我慢しておきました。ちなみにほとんど国産車、というのも最近は珍しい感じ。ホンダが多かったですね。

 さて、乗れないまでも、台風の影響でびしょ濡れ(カバーはしてるけどね)のボニーを天日で乾かして、ちょっと拭いてやりました。エンジンのクランクケースの上に水溜りが出来るので、もうちょっと傾斜がついてるといいんだけどな~、といつも思ってしまいます。

 で、ついこの間書いたステップの位置について、ちょっと試してみました。いつもシートベルトの上に座っている自分ですが、シートベルトの前に座り、ステップの変わりにブレーキとシフトペダルに足を載せてみると、おおっ、腰も伸びて乗りやすい感じになりますね、膝の曲がりも楽だし。やはりほんのちょいバックステップ気味のペダルとアップハンドルは腰に悪いです。

 かかとがステップに当たる位でもいいですが(ホントにちょっとのことなんだけどね)、思いきってもう少し前まで出してやると、足つき性と、取り回しで足をついて動かすのが楽になりそうな感じ(特に女性)です。左のクランクケースカバーのふくらみが邪魔なような気もしますが、スクランブラーのアレほどじゃないし、熱いのもアメリカと大差ないでしょう。

 結構ペダル周りは動かすものや取り回しが苦労するところなので、アフターパーツで、というのも大変かもしれませんね。でも、ぜひともメーカーさんには試してもらいたい(そして背の低い人の多い日本にサンプルを送って欲しい)ものです。

 追記:日本のトラのページにも08モデルが紹介されてます!モーターショーにも出品されてたスラクストンは…、ありませんね。ハ~ッ、やっぱり低いハンドルへの道は険しいようです。部品だけでも入れてくれないかなぁ…。でも、高ければ考えちゃうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »