« 事故はイヤだ | トップページ | 今年こそは…、と毎年言っている様な »

2008年1月15日 (火)

クシタニ・キルティング ロング ジャケット

 今年の冬は昨年買ったクシタニのキルティング・ロング・ジャケットを下ろしてみました。今年のモデルも改良されてでているようですが、自分のは去年のモデルです。最近のクシタニは生産量を絞っているのか、シーズンに入ると売り切れ、ということもあるので入手に苦労しました。結局通販で見つけて買うことができましたが、勿体無くて着られないうちに暖かくなり、今年のデビューとなりました。

 基本的には表地がしっかりした細身のキルティング・ジャケットという感じですが、ボニーにも雰囲気が合いそうなのと、かっこいいキルティング・ジャケットって初めて見たので、ついつい買ってしまいました。もちろんそれまで着ていたジャケットがあまりにもぼろくなっていた(結構洗濯してしまうので2年くらいでダメになってしまう)ということもあります。

 思っていたよりも細身な感じだったので、カッコは良いのですが下に着るものを選びますね。着膨れするにはちょっとスリムすぎたかも。イマドキのライディング・ウェアですから良く考えてあり、きちんとすべてをしめればそんなに寒くないです。下から入るのか、お腹の辺りと胸元がスースーする感じがしないでもないですが、寒いというほどではないかな。今年のモデルは改良されているのでしょうか?

 基本的には黒いジャケット、ヘルメットは使わない派のはず(安全のために)でしたが、このスタイルはやはり黒がイイですよね。シルエットも思っていた通りのカッコよさ(自分が着るとダメかもしれないけれど)でしたし、価格も高すぎない(昔はクシタニは高い、というイメージでしたが)のが、普段使いのジャケットには嬉しいところです。

 あとは洗濯してもダメにならないといいんですけれどね。結構バイクのジャケットは汚れるし、臭くなるので洗濯してしまうほうなので(普段は洗濯できないジャケットは買わない)、洗濯できなかったり、洗濯で傷む様な高機能ジャケットは向いてないのですよ。

|

« 事故はイヤだ | トップページ | 今年こそは…、と毎年言っている様な »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クシタニ・キルティング ロング ジャケット:

« 事故はイヤだ | トップページ | 今年こそは…、と毎年言っている様な »