« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

ただいま冬眠中

 冬眠、と言うには遅すぎて、もう春の息吹をそこかしこに感じる季節になりました。春眠と言うのもニュアンスが違うので、冬眠のほうがしっくりきますかね。そう、毎年のことですが、花粉症(杉)です。鼻水、鼻づまりならいいのですが(キレイではないけど)、くしゃみと涙目、目のゴミは命の危険があるので、なるべく乗らないようにしているわけです。

 とにかくくしゃみ一回ならともかく、連続してでるような場合、目は涙が溢れたり、くしゃみをした瞬間は目をつぶったりしてしまうので、非常に危険を伴います。バンクする瞬間にくしゃみをすると、まあ曲率やスピードはわかっているので曲がるのには不自由しない、と言いたいところですが、一瞬体が硬直する為、ハンドルに力が入ったりしてとんでもない事になったりします。

 目にゴミが入ると、普段より3割増強された様な涙のせいで前が見えなくなり、フルフェイスにグラブでは目をこするわけにもいかず、結局そのたびに一度止まってグラブを外して…となってしまいます。一時的には薬である程度誤魔化せるのですが、何年か前から薬は止めてしまった(どうしても必要な時以外飲まないようにしている)ので、乗らないにこしたことはない、ということになってしまいます。

 3月後半までは冬眠して、4月くらいからぼちぼち復活していくつもりです。今年はもてぎのライパが春に無いのは非常に助かります。あ、もちろん毎日の通勤に関してはスクーターに乗りますよ。コレも乗らないと、欲求不満がたまりすぎて、また変なパーツとか装備とか(バイクとか)買っちゃいますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

帰ってきたぞ

 車検も終わり、と言っても、2600キロしか走っていないボンネビルはとくだん整備をするところなどなく、オイルも交換したばかりとあって、点検中心で10万もかからずに済みました。ついでにシリンダーヘッドのオイル漏れ(ニジミというには多すぎて)をガスケット交換してもらい(最後の新車クレーム)、戻ってきました。

 2年で2600キロ(書くたびに恥かしい、です)ということもありますが、結局新車保証を使ったのはメーターの曇り(納車時から)とシリンダーヘッドのオイル漏れ一箇所のみ。メーターはメーカーの製造、出荷検査が悪いとして、オイル漏れのみがクレームの対象ということですね。距離乗ってないけど、その中でサーキットで2度ほどツーリング(一回目の前半は慣らしに徹していたし)してきた事を考えれば、とくだん新車の信頼性には問題が無かった、と言えると思います。

 もちろんやたらと錆びるのは困っていますが、コレはまた別の問題(国産も同様だし)。当たりハズレがあるのは大量生産品では仕方ないこととはいえ、今回はハズレではなかった様ですね。ちなみに自分の場合、車はハズレが多く(外装にいくつか難有のパルサー、エンジン・コンピューターが良くならなかったポロ)、バイクは普通が多いです。ノートラブルなんてのは、一度も経験していませんね。

 そうそう、ボンネビルは車検整備中に結構注目度が高かったらしく、何人か見学に来ていたらしいですね(一人はコメント欄で確認していますが)。こういうバイクは欲しい人が買ってしまうと後が続かず、ということもあるので、ディーラーが増えないという事は、やはり販売は難しいのかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

やっぱりスクーター?

 オオツキからセローを借りていましたが、通勤に使ってみたのは一日だけ。妻に、うるさい、近所迷惑、と怒られてしまいました。確かにちょっと元気な音はしていますが、そんなかなぁ?ま、でも自分でも寝てる時のバイクの音は結構気になるような気もしますので、普通の人はうるさく感じるのでしょうね。

 というわけで、せっかく借りたセローは一日で通勤終わり。カバーかけっぱなしのボニーと同じ状態でした。勿体無いですね。確かにトランクが無いと荷物の問題もありますし、カウルがないと雨風の日に不自由を感じる(合羽はめったに着ないので)。いちばん近所に気を使う音の問題もありますし、やはりスクーターが無難なのかもしれませんね。

 住宅街に住んでるとか、夜が遅いとか、ガレージが無いとか、バイク通勤にはマイナスの要素が多いのは事実なので、あきらめも必要かもしれませんね。近所の子供がバイクで騒音(スクーターですが)撒き散らして不良やってる、というのもマイナスの要素の一つかもです。やはり近所から同類に見られている(いい年して…)ような気がしてならないのですが・・・。

 ということで、250バイクに乗り換え計画は事実上頓挫。再びスクーターを物色することにしましょう(買う前にわかって良かったとも言えるか)。でもそうすると125の4ストは力が無くてダメだし、250では大きすぎる。先頃生産中止になってしまったフォーサイトの後継機(ホンダじゃなくても良いんだけどね)が早く出てくるといいんですけど、やはりこのサイズは売れないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

さらに加えて

 グッツィのルマンを見ただけでなく、日曜日の街道はやたらとアルファロメオも走っていました。集まりでもあったのでしょうか?1300GTA、ジュリアスーパーなどの一昔、どころか三昔も四昔も前の車や最新型のスパイダー、アルファブレラなど、これまたカッコ良い車と所々ですれ違いました。

 やはり60年台のアルファロメオの造型は良いですね。4気筒の荒っぽい、でも元気いっぱいの排気音(とガソリンの香り)を聞くと、大昔の憧れがよみがえってくるようです。ジュリアスーパー、欲しかったんだよなぁ…。最近のアルファロメオも結構とんがったデザインで、なおかつ歴史を感じさせる良いデザインの車が多いのですが、やはり自分には大きすぎるし、高すぎます。エンジンのキャラクターも、大人し過ぎるのも不満ですし。

 ロータス・エランに乗っていた知り合いがいましたが、ドアが落ちてきたり、ボディにひびが入ったりと大変らしいですが(もちろんエンジン、駆動系も)、楽しさを考えると止められない、と笑顔で言われると羨ましいなぁ…と思ってしまいます。自分がグッチのことを言うと、みんな変態だの気が…と言うのとは大違いなのが悔しいですが、多分同じような感じなのでしょうね。

 これからますます古い車には厳しい時代が続きそうですが、みんな頑張ってかっこつけて乗り続けて欲しいなぁ、と思ってしまいます(いや、費用も馬鹿にならないのですよ…)。もちろん自分の様に、なかなか体が言うことを聞かなくて…と泣く泣く手放す人もいるのでしょうが、次の乗り手につながっていくと嬉しいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

あら、珍しい

 日曜日は妻の実家関係の用事とかでバイクに乗れませんでしたが、大洗街道でモトグッチ、しかも旧ルマン、さらに見た目フルノーマルという珍しいモノを見てしまいました。そういえば最近旧ルマンを見かける機会がグッと減りましたね。なぜだかたまにイモラ系は見かけるのですが…。

 それにしても、自分の抜けたグッチスポルトのマフラーと比較すると、非常に静か。自分のやつに付いてたノーマルマフラーはもっと賑やかだった気がするんですが、本当はあんなに静かなのかなぁ?不思議です。以前につくばのほうでグッチの集まりがあったときは、結構みんな大きい音がしてたような気がします。

 しかし綺麗なバイクですねぇ~(自分はグッツィ乗りですので…)。ライダーが上手な人だと、さらに良いです。バイクがライダーが乗ったときに綺麗に見えるようにデザインしてあるようです(あくまでグッツィ乗りの意見です…)。個人的に一番すきなのはルマン2ですが、最近発表されたV7のレプリカを使って、イヤーモデルで毎年S3、ルマン1、2,3と限定モデルでも造ってくれないかなぁ~。

 ボニーは気に入っていますが、やはりルマンも捨てがたい魅力があります。スモールツインだとしても、気軽維持してに乗れるルマンがあるならば、もしかしたら買っちゃうかも。というか、非常にコンパクトなルマンなら、これから高齢化していく自分にピッタリかも?と思ってしまいます。そのためにもスタンダードモデルの価格を頑張ってもらいたいところですが、難しいだろうしなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

マイルーム、キューブ

 キューブ・ラブな自分ですから、宣伝もしちゃいます。ということで、コンランの皮シートが冷たくて熱くてイヤだ!と反対された自分にとって羨ましい、今年の限定モデルが発表されましたね。キューブ アートルームです。

 今年も本皮シートですが、モダンクールな今までのコンランと違い、ルノーの様なポップでカワイイ傾向に向かおうとするのは(大人の男としてはどうかと思いますが)好ましく欲しくなってしまいますね。インパネ周りにイマイチ色気が無いのが難点ですが(メーターの自体をポップにするだけでも激変するんだけどなぁ)、次回はその辺もなんとかしてもらいたいものです。

 基本的にはドアの内張りを変えただけのお手軽仕様ですが、こういう限定イヤーモデルというのは楽しくて好きです。皮のシートの材質が固くて(去年までのコンラン)ひび割れたり、切れたりしないかが心配だったりしますが、布シートより丈夫でキレイにしやすい部分もあり、後はシートヒーターとパンチングを入れてくれれば(通湿防水シートを挟んで)言うこと無しなんですが。

 皮シートというと高級というイメージがあるかもしれませんが、自分的にはどちらかというと質実剛健なイメージです。布シートは洗うことが難しいのに対して、皮は染み込みが少ない事もあり、意外と綺麗にしやすかったりします。布より強度が高く、擦れにくいというのもありますし、色が白とかでなければ(今年のモデルは白だけですが…)、布より帰って実用的と言える様な気がするからです。

 ま、もっとも、最近の布は昔に比べてはるかに丈夫ですし、防汚加工されたものまでありますから、安い皮を使った本皮シートよりよっぽど丈夫で綺麗かもしれませんけどね。というわけで、一家に一台キューブ、と言いたいところですが、そろそろフルモデルチェンジに向かうのかな?燃費の悪いエンジンはなんとかしないといけないですもんね(でもボンネビルみたいで心地よいんだよなぁ、ついトルクバンドで開け閉めしてしまう…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

前々回の続き

 ヤマハのシングルスポーツが欲しいと書きましたが、そういえばダメな部分があるのを思い出しました。シートです、シート。ヤマハはSRXに乗っていましたし、借りていろいろ乗ったこともありますが、とにかくシートが悪い(XJRとか大きいのはそうでもないのに)です。チョイ乗り以外は勘弁と思うのは、体重が重くて体が大きいからでしょうか?

 足つき性を第一に考えているのか、コストダウンのためにシートを小さくしているのか、とにかくシートが細身で長時間や長距離にはまったく向いていません。これは男性だから、というわけではないと思うのです。女性のほうが、広いシートが好きなんじゃないかな?と個人的には思っていますしね。

 基本的なフレームの設計の段階からもうちょっと考えてつくれば、こんなことにはならないんじゃないかと思うのですが、あまりにもお粗末なシートは、クッション性も悪かったりして、二度とヤマハに乗るものか!(SRXで菅生に行ったときには確かにそう思った、でも2回行ったけど)と強く心に決めたほどです(確かにそれ以来ヤマハを買ってない)。

 ニーグリップできないほど狭いタンクとか、ヤマハのバイクは乗り手よりもデザイン部門のほうを見てるのでは?と思うほど、バイクの基本的な部分がダメダメな気がします(輸出しない小さいのね)。チョイ乗りならいいのでしょうが、深く付き合えば付き合うほど、長距離を走れば走るほどバイクとの距離を感じてしまう…、コマッタもんです。

 まあ、これはもしかすると180センチの70キロという自分だけの問題なのかもしれませんが、こういう風に思っている人もいるんですよねぇ。イメージ重視のトライアンフ・ボンネビルでさえニーグリップできない!と嘆く人が多いのですから、もっと数を売ろうという普及車なら尚更でしょう。ヤマハ、嫌いじゃないというか好きなんですけど、乗り手に優しくない感じがしちゃうんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

オートショップ大月

 先日ブログのアクセスデータを見てみましたら、このキーワードで検索してこのブログへ来た人が半分近くいました。これにはビックリ。まあ、BMWのディーラーですし、国道沿いに店舗を構えていますから、結構気になって調べる人も多いのかもしれませんね。

 大月で検索してどうして僕のブログに来るのか?という感じですが、実はBMW正規ディーラーの大月ですが、ホームページもブログも無いのです。というわけで、情報を得るため、もしくは評判を知りたい為にコチラのブログを覗いてみているのだと思います。水戸のバイク人口は少ないですが、近隣の市町村を含めてもバイク屋が少ないですから、気になる人も多いのでしょう。

 でも、お待たせしました(ちなみに身内ではありませんが、)。どうやら3月にはホームページがオープンするようです。ブログはどうしようかな?と言っていましたが、さて、どうなることか。今はかなり敷居が高く感じている人も多いようですから、これで少しは入りやすくなるといいんですけどね。友部にあった頃は国産車も多く、もっと雑多な人たちが集まっていましたが、今はBMW乗りばかりで、そういう意味では確かにとっつきにくい印象はあるかもしれませんね。

 BMW乗りがどうこういうのではないですが(自分も一時期乗ってたしね)、なんとなく固い感じの人が多い(友部の頃は、くだけ過ぎ?って人もいたけど)という感じは確かに受けます。ま、でも800ツインやシングルのセールスも好調のようですし、若い人が増えてくればまた印象は変わるんでしょうね。ちなみに店頭にあることからわかるように、ヤマハなどの国産の取り扱いもあるようですから、気軽に一度覗いてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

小さいバイクも楽しい

 火曜日の朝にオートショップオオツキへ車検のためにボンネビルを置きに行ってきましたが(今は大月に置いてあります)、車検証を忘れてしまいました…。シートの下に入れずに、ツーリング用のシートバッグに入れっぱなしになってるのを忘れていました。ボルト2本なんですが、レールを付けていることもあり、付け外しが非常に面倒なんですよね。

 というわけで、また行かなくてはならないのですが、今回は代車(ヤマハ・セロー)をお借りできましたので、楽チンです。最近スクーターより250の単気等のほうが楽しくて、かつ長持ちするのではないか(スクーターは平均3年チョイで壊れ、いや壊してしまうようで)ということで、通勤用にいいかな?と考えていたこともあり、非常に参考になりました。

 ヤマハの250オフはオオツキで代車に借りることが多く、エンジンが元気で(いじってる?以前に借りたのはFCRついてたっけなぁ)非常に楽しいという印象を受けます。振動も、今のセローではほとんど実用上問題ないくらい位になってますし、印象の悪かったシフトタッチも改善されているような気がします。

 ウ~ンこれはなかなか良いかも。店頭にWR250が置いてありましたが、オフ系のハンドリングがイマイチ馴染めない自分ですから、もしSRX250が125チョイくらいの車格であったらイチコロだったかもしれません。最近のバイクはみんな大きいですが、体が大きいくせに小さくてスパイスの効いたバイクが大好きな自分にとっては、そのくらいが普段使いにちょうど良いのです。

 サクラのイメージでつくれれば理想的なのでしょうが、安く上げるにはフレームも現状のまま弱くていいし(というか、楽しく走るには弱いくらい、タイヤも細くて溝の深いものが好ましい、SRの様に)、フラットなシートにしてくれれば大きい体でも後ろに乗ってなんとかなるし、若い子(女の子も!)のエントリーバイクとしても非常に楽しそうな気がします。そつがなくてつまらないか、パンチに欠けたダルなエンジンではなく、はじける感じででもスピードが出過ぎない、のに走った充実感が得られるバイクが実現できそうなのに、どこのメーカーも手を出さないのは不思議でなりません。

 まあ確かに、250シングルスポーツは売れない歴史がありました。見た目も大事かもしれませんが、エンジンは飾らずこのままでも、SRの様に素のままいじりやすいスタイルとか、サクラの様なモダンクラシックなイメージのバイクにすればもしかして…、という思いがあるわけです。もちろんイメージに合ったツーリング装備や、カウル付き(ちょっと前に取り上げた新ヴィンセントの様な)を用意してもらえれば、車検無しのツーリングバイクが無いと考えている層にも訴えることができるのではないかと思うのですが…。

 ついつい力が入って長文になってしまいましたが、若い子が気軽に入ってこられる、年配者が降りずに楽しめる(自分もいつかはその立場になるしね)バイク、というのが、実は今ものすごく少ないんですよね。STやエストレヤは街乗りにしか使えないしやや物足りない。やはり高速域を捨ててもパンチがあって楽しく、ツーリングにも使えるバイクの充実を望みたいところです。ちなみにスピード自体は出なくて良い、と思います。セローのこのままのエンジン特性で、楽しく遅い(体感速度はソコソコなのに)、というのはヤマハならわかってくれるんじゃないかと思うのですが、グッチのルマンに乗っていると、それ以上速いより遅くても楽しい方が長く楽しめるというのが良くわかるんですけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

ミニ・ミニ

 ミニ、と言っても、最近のBMWのほうです。日曜日に子供と大怪獣バトルに向かう途中、そういえば最近やたらと目にするんだよなぁ~、と思いながら数え始めてみましたが、なんと実に十二台ものミニを見かけました。もちろん重複もあるかも、ですが、結構な数が走っているもんです。

 セールスはイマイチとの噂も耳にしていましたが、案外そんなこともないような?一時期多かったポロやプジョーを上回る様な数ですね。もちろん小さい車好きの自分も検討したこともありますが、外車はポロの金食い(部品がやたらと高いのね)で懲りていたのであきらめました。でも今乗ってるキューブ、実はスゴイ気に入っていて、自分用にもう一台欲しいほどだったりします。

 たしかに外観や内装に凝っていたり、ミニという記号もあって、非常に目を引くということもありますが、個人的には外見ほど中身が広くない(昔のミニは…)というのがチョット気に入らない。その点ではキューブちゃんは広々していてとっても良いです。日本では目立ちませんが、外国に持っていったら非常に目を引く、とても個性的な車と思われるはずです。

 ミニは今でもチョット乗ってみたい(新しいロングのがいいかな)とは思ってはいますが、僕はキューブをいじる方が楽しいかも、と思っています。ツルツルの革シートコンランの中古を探してきて、電気系と足回り、ブレーキの強化と細くてハイグリップなタイヤ、軽い鉄ホイールみたいな感じでナニやりたいの?って雰囲気が楽しいかなぁ、と。やっぱり変人っぽいかなぁ。でも、小さい車(軽はエンジンがヤワで、ネェ)って、楽しいんですよね~ 。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

雪、積もりませんでした

  関東地方は結構な雪の降ったところもあるようですが、水戸はチラホラですみました。日曜日は車検整備のためオオツキに行くはずでしたが、雨のため、ではなく、風邪のために行けなくなってしまいました。

 土曜の昼間から体の節々、特に背中が痛くて困ってたのですが、夜寒気がしたり(寒いせいかと思っていたが…)して、なかなか寝つけず、朝の4時に外で写真を撮ったりしたのもいけなかったのでしょう、頭痛が一日とれなくてまいりました。オオツキにはなんとか時間をつくって行かなくてはならなくなりましたが(平日はなかなか時間がとれない)9日までにはなんとかなるでしょう、きっと。

Yuki

というわけで、朝の4時に撮った写真がこれ←。ほとんど積もっていませんし、この後もあまり強くならなかったようで、朝起きてもクルマの雪はたいしたことありませんでしたし、道路も雪は無しでした。無理して行って風邪を悪化させてもいけないということで、今日は子供と大怪獣バトルに行っただけ、後は家で眠っていました。

 VTに乗ってた大昔は、雪が降っても家の近所で乗ってみたりしましたが(もちろん積もると全く進まないし、斜めに進んだりと、結構楽しい、というか危ない)、大きいバイクに乗るようになってからは、支えきれなかったりすることもあり、乗らなくなってしまいましたね。通勤があるときはスクーターで出かけたりすることもありますが、やはり真っ直ぐ進まなかったり、止まらなくて危なかったりすることもあるので、最近は雪の日は自転車が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »