« 前々回の続き | トップページ | あら、珍しい »

2008年2月15日 (金)

マイルーム、キューブ

 キューブ・ラブな自分ですから、宣伝もしちゃいます。ということで、コンランの皮シートが冷たくて熱くてイヤだ!と反対された自分にとって羨ましい、今年の限定モデルが発表されましたね。キューブ アートルームです。

 今年も本皮シートですが、モダンクールな今までのコンランと違い、ルノーの様なポップでカワイイ傾向に向かおうとするのは(大人の男としてはどうかと思いますが)好ましく欲しくなってしまいますね。インパネ周りにイマイチ色気が無いのが難点ですが(メーターの自体をポップにするだけでも激変するんだけどなぁ)、次回はその辺もなんとかしてもらいたいものです。

 基本的にはドアの内張りを変えただけのお手軽仕様ですが、こういう限定イヤーモデルというのは楽しくて好きです。皮のシートの材質が固くて(去年までのコンラン)ひび割れたり、切れたりしないかが心配だったりしますが、布シートより丈夫でキレイにしやすい部分もあり、後はシートヒーターとパンチングを入れてくれれば(通湿防水シートを挟んで)言うこと無しなんですが。

 皮シートというと高級というイメージがあるかもしれませんが、自分的にはどちらかというと質実剛健なイメージです。布シートは洗うことが難しいのに対して、皮は染み込みが少ない事もあり、意外と綺麗にしやすかったりします。布より強度が高く、擦れにくいというのもありますし、色が白とかでなければ(今年のモデルは白だけですが…)、布より帰って実用的と言える様な気がするからです。

 ま、もっとも、最近の布は昔に比べてはるかに丈夫ですし、防汚加工されたものまでありますから、安い皮を使った本皮シートよりよっぽど丈夫で綺麗かもしれませんけどね。というわけで、一家に一台キューブ、と言いたいところですが、そろそろフルモデルチェンジに向かうのかな?燃費の悪いエンジンはなんとかしないといけないですもんね(でもボンネビルみたいで心地よいんだよなぁ、ついトルクバンドで開け閉めしてしまう…)。

|

« 前々回の続き | トップページ | あら、珍しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイルーム、キューブ:

« 前々回の続き | トップページ | あら、珍しい »