« ジェンマ | トップページ | HONDA Bikes Vol.25(今更ですが) »

2008年9月 6日 (土)

デュアルパーパス(オン寄り)

 ちょっと前(だいぶ前?)までは国産の400にもこのカテゴリーのバイクがあったように思いますが、今では単気筒のオフモデルをちょこっといじったものしか無いのが残念です。大きいクラスでは、BMWのGSとか、トラのタイガーとか、そのほかのメーカーもいろいろと出しているのに比べると、小排気量クラスに無いのが不思議なくらいです。

 個人的には250のこういうスタイルの旅バイク(シートがデカイ)を通勤に使いたいと思っているのですが、出てこないでしょうねぇ。こないだニンジャ250のヴェルシス版を期待、と書きましたが、他の国産メーカーではこういうのをつくれる気筒のエンジンすら現状では持ってないんですね。ホント国産のラインナップは悲惨な状態です。毎年の様にモデルチェンジしてた頃(は、お金が無くて買えなかったけど)が懐かしいです。

 ヤマハも並列2気筒のTRX-TDMとか、ホンダもVTのエンジンを使ったものとか、チョコチョコっとつくれそうな感じですが、やはり売れないんでしょうかねぇ。モンスターをイメージしたVTRを作っちゃったホンダは、タイガーやハイパーモタード(ムルティは売れ無さそうだし…)をつくっちゃえばいいのに、と思ってしまいます。もちろんスズキはGSをイメージしながら東京タワーな4気筒というキワモノで勝負ですね。

 でもホント、ツーリングバイクといえば単気筒のオフ系か4気筒の変なネイキッドしか無いという現状はなんとかならないのでしょうか。ニンジャ250が出て、本当に喜んでいる人が多いというのはわかります。でもやはりセールスには繋がっていないのでしょうかねぇ。個人的にはこのクラスの車検の無いモデルというのは、いつでも通勤快速の候補の筆頭にあるのですが、肝心のバイクがなにも無い、のですよね。

|

« ジェンマ | トップページ | HONDA Bikes Vol.25(今更ですが) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デュアルパーパス(オン寄り):

« ジェンマ | トップページ | HONDA Bikes Vol.25(今更ですが) »