« 廃車 | トップページ | ちょっと買い物 »

2008年11月27日 (木)

犬吠崎

 日曜日は犬吠崎に、といってもキューブで家族でお出かけでした。マリンパークでイルカショーを見て、展望台で水平線を眺めてきただけですが、結構楽しかったです。イルカショーは、大洗の立派なプールのものを見慣れているので“どうかな?”と思っていたのですが、一見ショボイプールですが、いるかとの距離が近くて、これはこれで迫力があって良いものでした。

 というわけで、天気が良くて暖かかった日曜日ですが、バイクの出番はなし。しかし、眺めるほうはたくさんのバイクで十分楽しめました。それにしてもハーレーだらけ、というのはまた何かイベントでもあったのでしょうか? 国産車より多いくらいのハーレーだらけの光景に、口あんぐり。水族館を見ていても、ドドッ、ドドッド、とハーレーの音ばかり聞こえました。

 売れてる売れてるとは聞いていますが、200万を越えるビッグツインばかり、いったい何台見たことか…。人気あるんですねぇ~。いつ見てもグループツーリングの人、タンデムの人が多いというのも特徴かもしれません。乗る機会、乗せる機会が多く、飽きさせない、飽きにくいというのもハーレー増殖のポイントかもしれませんね。加えて信頼性の向上というのも大きいのでしょうね。老若男女を問わず、というのもハーレーオーナーの層の厚さを感じさせます。

 今回はスポーツスター系はほとんど見かけないくらいビッグツインばかりでしたが、いや確かにカッコいいです。個人的にもあと100キロ軽かったら(ありえないけど、自分的にボニーの重さが限界)乗っていたかもしれません。個人的にはスプリンガーが欲しいです。とくにテレレバーとテレスコピックとは違う、スプリンガーのハンドリングには興味津々です。乗り心地やハンドリング性能云々は関係なく、ハーレーだからこそのこのフロント周りに惹かれるのですね。

 そんな妄想を抱きながら眺めてみましたが、スプリンガーってホント少ないですね。何十台も見て、たったの一台限り。やはり性能では良くない、という事なのでしょうか?それにしても、ですよ。どうしてハーレー軍団って、あんなにやかましいのでしょうかね?自分のルマン並にうるさいのばかりって、凄いことですよね。最近は静かなボニーがお気に入りなだけに、余計に気になってしまいました。

|

« 廃車 | トップページ | ちょっと買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬吠崎:

« 廃車 | トップページ | ちょっと買い物 »