« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

目が痛い(かった)

 先週の日曜日に、花粉の前にバイクに乗ろうという事で、久しぶりにぐるっと目的もなくバイクを走らせてきました。しかし、今年は先週から偕楽園の梅祭りという事で、ここのところの不景気で国内近くの旅行が流行っているのか、かなりの人出という事で、すっかり大渋滞にもはまってまいりました。

 偕楽園駅の端から端まで人がいっぱい、なんて、いつ以来だったか?花は6~7分咲きという感じでしたが、花見期間が始まったばかりでコレでは、観梅デーの終わり頃には散ってしまうのでは?と心配になってしまいました。今年は早めなのでしょうかね。でも今日は雪が降っていますけど。

 ついでに子供に頼まれたトイザラスのお買い物があったので偕楽園近辺を通りましたが、普段は市内から反対側にしか行かない事が多いです。ま、おかげでオオツキにもちょっと寄ったりもできましたが、暖かくなってきたからかお客さんがたくさんいて賑わっていました。基本的にはBMW屋さんなので、そういう時はボンネビルはちょっと場違いな感じではありますね…。

 というわけで、しっかりマスクをしてヘルメットをかぶっていった(マスクを手のひらで押さえながらヘルメットをかぶる-シールドが曇るので注意が必要です)のですが、帰ってきたら目が痛い、かゆい、真っ赤で大変でした。結局夜まで目が痛いのは治らず。でもマスクは片時も外さなかったからか、お鼻はなんともないのが救いでしょうか。花粉症が結構強くでる人は、やっぱり花粉の時期のバイクは厳しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

子供のつきあいで

 日曜日はお天気も良く、暖かなこともあって、バイクに乗られた方は楽しめたのではないでしょうか。電車から見る水戸の偕楽園は、まだまだ3分咲きといった感じではありましたが、朝の8時過ぎでも結構公園内に人が見えました。これからは3月いっぱいまで、渋滞を避けるためにも偕楽園には近づけませんね。

 というわけで、自分は残念ながら電車で東京へ。今回は木場のイトーヨーカドーのポケモンカードゲームイベントへの参加の付き添いです。子供と二人での電車旅は初めてですが、それなりに大きくなってきたという事もあって、楽しい日帰り旅行となりました。

 …本当はちょっとぐずったのですが(自分が道を間違って)、そうでなければブリティッシュビートをのぞいてみようかな、などと考えていたんですけどねぇ。まあ、それはしょうがないとしても、やはり東京はバイクいっぱい走ってますねぇ。木場の様な外れでもトライアンフを2台も見た(水戸で一年で見る数ぐらい)位ですから、都心のほうはもっと?

 二つ目が印象的なスピードトリプルはもちろんすぐわかりましたが、ギュルギュルと(壊れてるわけじゃないよ!)いうノイズが聞こえて振り向けば、二人乗りのボンネビルが。サイドにバッグを付けていましたが、これも良い感じですね。ハヤブサなどの大型スポーツツアラー(?)と、ビッグスクーターがほとんどでしたが、若い人ばかりではなく、それなりの年齢の人も結構いたりして、ファッションもバッチリきめているのが印象的でした。

 そういえば、ハーレーは2台しか見ませんでしたし、ドカティは0台。意外と都会は国産車比率が高いのかもしれませんね。しかし、その一台のハーレーはものすごくチョップしたチョッパーで、えらくカッコよかったです。意外というか、ヤマハのバイクがほとんど走っていなかったのは、たまたま、なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

コメント頂きましたが…

 コメント頂いた件について、どう書いたものか悩んだのですが、正直な今の自分のコメントを。最初に言っておきたいのは、売ったバイクを買った相手がどうしようと、それは相手の勝手なんだよね、ということ。心情的に納得できないこともあるかもしれませんが、手放した自分がどうこう言える立場にないのは明らかです。

 コメントの返信にも書きましたが、残念なことにモトグッツィはマイナーバイクの中の、マイナーバイク。輸入元ですら下取り価格が低く、価格の維持をできないバイクなので、旧車の不人気車ともなれば…。個人的にも時間があればバラしてオークション、と言う可能性がないとはいえませんしね。

 自分が望んだのは、くず鉄にならないこと、ただ一点でしたので、部品だけであれ誰かの役に立てばOKと思っています。そういうわけで、すでに自分のものでないバイクの、バラした部品に対するコメントもできません。過去の記事に記載があるかもしれませんが、そのときは自分のバイクだったのでしょうがないですね。ただ、その件で買った方に迷惑になるようなことがあれば、対応しなきゃね、とは思いますけど。

 そうは言っていても、実際にオークションに出てるのを見るのは辛いので、グッツィ関係は見ない(見る必要性も無くなってしまいましたが)様にします。知ってる人に譲ることができればよかったのですが、イロイロなタイミングが悪かったのでしょうがないです。できれば、誰かの楽しいグッツィライフの助けになってくれると嬉しいんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

ようやくオオツキへ

 やっとオオツキに顔を出すことができました。あいかわらず休みのたびに風邪気味で、頭痛を抱えながらのライディングでしたが、見てみたかった800GSも見る事ができたので良かったです。仕事をしてると平気なのですが、休みになると調子が悪いというのは、仕事的には良いことなのですが、家族的には最低(と怒られます)ですね。

 そんなわけで、先日乗ってからリザーブになったままでしたのでまずは近所で給油して、新しいガスで気持ち良く走ってきました。走ってるときはそれほど調子が悪くない?でも降りたり、信号で停まるとやはりクラクラしたりします。集中してれば、具合の悪いのを忘れる?どうやら自分は単純な生き物のようです。

 預けておいたグッツィは売れたという事で(この不景気にもかかわらず)、おかげさまでカブ系の購入資金程度にはなりました。1100スポルトの下取りが一ケタという脅しを聞かされていたので、手間賃を払ってこの値段なら悪くはないのかもしれません。マグホイールやFCR、クロスミッションなんて、要らない人にはなんの価値も無いアフターパーツですしね。

 F800GSの試乗を勧められましたが、めまいがあったので今回はあきらめました。思ったより大きなバイクでしたし、転がしでもしたら、せっかくの資金もパーになってしまいますからね。それにしても650GSと較べると、圧倒的に迫力のあるバイクですね。箱付けてやれば、もっとカッコよくなりそうです。さらに巨大なR-GSと違って、昔のR-GSのような、いつでもどこでも感があるのが非常によろしいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »