« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月10日 (金)

一応、対策などを…

 前々回に書いた、危険な状態をどうやって回避(してないから危険な状態になったような気もするけど…)かも、一応書いておこうかなと。でも、基本的には反射で対応が決まってしまうような気もするので、やはり最初はいろいろと練習するのが大事(ずっと前に書いた記憶があります)、というのが前提ではありますが。

 高速道路で縁石に乗り上げたり、というのは最初のバイクVTのころ、夏の暑さで疲れてボーっとしてたんだと思いますが、渋滞中の左側を走っている時に、右から入ってきた車を避けるつもりでもう少し左に寄ったら、ドカンッ!というもの凄い音と衝撃とともにフロントが飛ばされて若干空を飛びました。幸いなことにリアタイヤが縁石に乗らなかったので、着地の衝撃で激しく暴れただけで済みましたが、リアが乗ってたら前転でもしてたかもしれませんね。もちろん何もできませんでした。

 残念ながら、こういう時は対策も何もなく運次第ですね。渋滞中の車に当たらなかったのは奇跡と言ってもいいかもしれません。超高速でガードレールにまっしぐらに進んでみたり、というのは逆にライダー次第でなんとかなります。やはりVTで何回目かの高速道路でしたが、どのくらいスピード出るのかなぁ~?という素朴な疑問を持った時のことで、体が固まっていたのでしょうね。いや、もう真っ直ぐ。“目線の方にバイクは…”というのを思い出して、一生懸命首ごとイン側を向いたら、金縛りの様な硬直もとけたようで、なんとか無事でしたが、ホント焦りました。

 基本知識は持っていて損はない、という事ですね。パニックにさえならなければ、最悪を避ける事もできるかも、です。中速コーナーの途中で舗装が突然途切れていたりというのは、バイクを立てて切れているところまでフルブレーキングしてあとはあきらめる、以外の手はありません。ので、やはりゆっくり入る、先を見るというのは大事ということですね。コーナーの真ん中に10センチも飛び出したマンホールがあって、というのは反応が遅れて、やはり運で(対向車がいなかった)助かったようなものです。ハンドル、というかバイク自体をフリーにする、という練習をしてたのが効いていました。

 フルバンクした瞬間に飛び出してきた狸に衝突したり、鳥がヘルメットに突っ込んできたりとかはもうどうしようもないです。あっ、と思ったときにはぶつかってます。人じゃなくて良かった…と思うしかないです。そういう意味では運が良かったのかもしれません。走り出てきた子供とか、避けられないだろうなぁ、と思いましたもんね。

 そういうわけで、何度も言うようですが、基本的にはコーナーはスローイン・ファストアウトという古典な乗り方に落ち着いたワケです。やはり命あっての、ですし、自分だけでなく人を巻き込む可能性もあるわけで、無茶な事はそれほど(というのが、難点ですが…)しなくなってきました。公道を走っている限りはそんな乗り方なので、サーキットへ行ったってそんなに走り方が変わるわけではありません。でも、まあ、ホビーですし、いい年ですから、今から目を三角にして走ってもしょうがないって事もありますけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

また風邪

 日曜日は風邪で寝込んでしまっていた(けれど、子供のポケモンカードゲームだけはお付き合いしました、約束だしね)ので、午前中は自由時間だったのに、残念な事にせっかくのお天気の日を無駄にしてしまいました。頭がガンガンしてたのですが、ようやく頭痛がとれました。

 オオツキから朝電話があって(寝てたので留守電聞いただけですが…)、オイルクーラーガードとドレンボルトが入荷したという事でしたので、できれば行きたかったのですが、今回はしょうがないですね。やはりハンドルの方は在庫なし、入荷未定という事で(…)、しょうがないのでバックオーダーとして注文だけは残しておきました。

 やはり夏過ぎ?まあ、こればかりは待つことしか出来ないので、楽しみに待ちたいと思います。そして、今年のもてぎのライディングパーティーは休日という事もあり、早くハンドルが来れば参加してみようかなぁ、と思っています。アップハンドルだと自分的に厳しいので、これはハンドル次第、という事にしようと思っています。

 たまにはサーキットでストレス無くアクセルを開けたい、遅くてもね、と思ってはいても、なかなかタイミングがあわなかったりするのですよね、これが。そんなわけで、今回のオイル交換を済ませるとサーキット走行があるかもしれない、という事で、今回のオイルの選択に頭を痛めています。モチュールの普通の合成のヤツか、BMW指定の鉱物油にしてみるか。やはり合成油のほうが無難なような気がしますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

公道では安全第一、が基本でしょ

 と、まあ、前回の記事の続きだったりするのですが、何度も書いているように、やはり公道は危険がいっぱい!です。20年以上バイク乗っていたりすると、今でも五体満足なのは運が良かった、と思わない人はいないんじゃなかろうか、というほどです。

 自分も高速道路で縁石に乗り上げたり(首都高には縁石があるのね・・・、少し、飛びました)、超高速でガードレールにまっしぐらに進んでみたり、中速コーナーの途中で舗装が突然途切れていたり、コーナーの真ん中に10センチも飛び出したマンホールがあって(再舗装中の途中だったみたい)延々とブラックマークを残しながら振られまくったり、フルバンクした瞬間に飛び出してきた狸に衝突したり、鳥がヘルメットに突っ込んできたりとか、良く無事だった…という事が何回かあったりしましたしね。

 そういうわけで、基本的にはコーナーはスローイン・ファストアウトという古典な乗り方なワケです。スローインならコーナーの途中に何が落ちていても、人が飛び出してきても(Uターン中の車なんてのもあったね、観光の人や山菜取りの人など、けっして珍しくない)、なんとか対応できるわけですし、路面状況が刻々と変わり、きれいにしてくれるマーシャルなどのいない公道では、先が見えないところにハイスピードで突っ込むだけの蛮勇が自分にはありません。

 アウトいっぱいから(コーナーの中がよく見えるように)真っ直ぐに減速して、コーナー入り口できちんと向きを変えながらインベタで、外側のラインと、もうひと寝かしは危険回避用にとっておいて、出口が見えたらアクセルフルオープンというのは、やはり安全に走るためには欠かせない様な気がしています。ので、自分はそうやってますし、人に聞かれたらそう答えていますが、後は各人のスキルと考え方によりますね。

 サーキットと違って、公道は何でもありの危険地帯ですから、サーキットの乗り方や考え方をそのまま、というのはかなり無理があると思います。自分が自信があってそうやってるぶんには問題は少ないですが、同じ様な能力の無い人にまで勧めるとなると、かなり問題があるんじゃないかと思っています。そういう意味でも、人の技術論や乗り方は、鵜呑みにしないというのが賢明です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

曲がりにくい?

 最近バイクに乗れなかった(花粉症対策で)こともあって、空いた時間で本屋でバイク雑誌を眺めていたのですが、19インチのボンネビルは曲がらない、というコメントがとても気になりました。ニューの17インチがとても良い、という記事なので、17インチに乗ってからとも思いましたが、久しぶりに乗ってみたけどとくに曲がりにくいとも感じなかったので、ちょっと書いてみました。

 自分自身は80年代から乗り始めて、そのまま80年代で止まってしまったライダーなので、おそらくそういう意味でこういうバイクの方が乗りやすいのかもしれません。レーサーレプリカのNSR、BMWのR850Rに上手く対応できなかったというのも、そういう意味で今のライダーとは違う乗り方をしている証拠と言えるかもしれませんね。

 クリッピングポイントまでブレーキを結構強くかける様な、とか、バンク角に依存して曲げて行くような、とかいった乗り方、デキマセン!基本的に真っ直ぐ減速して、くるっと小さく向きを変えて、出口で大きくアクセルを開けていく、という昔ながらに基本に忠実な乗り方をしているからです。でもね、こういう乗り方だと、ボンネビルはとっても良く曲がるし、サーキットへ行ってもそんなに悲観的に遅いわけでもない(ストレートは除く、ですが)んですけどねぇ。

 ブレーキを強くかけたままだと曲がらないとか、入り口で向きを変えるように曲げてやらないと旋回中はグリグリと向きを変えてくれないとか、というのはありますが、公道では一般的でない乗り方の範疇だと思います。逆に公道では入り口ではスローにコンパクトに入って、出口が見えたら全開でゴーっていう乗り方でないと危険だと思うので、それこそこういうハンドリングはバッチリだと思うのですけれど…。

 そういうわけで、公道でテストして出てきた記事としての“曲がりにくい”発言だっただけに、とても気になってしまったわけです。普段からどういう乗り方をしているのか?ちょっと、というか、だいぶ不思議だったりするので、ちょっと書いてみた、というわけです。どうなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »