« 寒かったね | トップページ | 公道では安全第一、が基本でしょ »

2009年4月 3日 (金)

曲がりにくい?

 最近バイクに乗れなかった(花粉症対策で)こともあって、空いた時間で本屋でバイク雑誌を眺めていたのですが、19インチのボンネビルは曲がらない、というコメントがとても気になりました。ニューの17インチがとても良い、という記事なので、17インチに乗ってからとも思いましたが、久しぶりに乗ってみたけどとくに曲がりにくいとも感じなかったので、ちょっと書いてみました。

 自分自身は80年代から乗り始めて、そのまま80年代で止まってしまったライダーなので、おそらくそういう意味でこういうバイクの方が乗りやすいのかもしれません。レーサーレプリカのNSR、BMWのR850Rに上手く対応できなかったというのも、そういう意味で今のライダーとは違う乗り方をしている証拠と言えるかもしれませんね。

 クリッピングポイントまでブレーキを結構強くかける様な、とか、バンク角に依存して曲げて行くような、とかいった乗り方、デキマセン!基本的に真っ直ぐ減速して、くるっと小さく向きを変えて、出口で大きくアクセルを開けていく、という昔ながらに基本に忠実な乗り方をしているからです。でもね、こういう乗り方だと、ボンネビルはとっても良く曲がるし、サーキットへ行ってもそんなに悲観的に遅いわけでもない(ストレートは除く、ですが)んですけどねぇ。

 ブレーキを強くかけたままだと曲がらないとか、入り口で向きを変えるように曲げてやらないと旋回中はグリグリと向きを変えてくれないとか、というのはありますが、公道では一般的でない乗り方の範疇だと思います。逆に公道では入り口ではスローにコンパクトに入って、出口が見えたら全開でゴーっていう乗り方でないと危険だと思うので、それこそこういうハンドリングはバッチリだと思うのですけれど…。

 そういうわけで、公道でテストして出てきた記事としての“曲がりにくい”発言だっただけに、とても気になってしまったわけです。普段からどういう乗り方をしているのか?ちょっと、というか、だいぶ不思議だったりするので、ちょっと書いてみた、というわけです。どうなんでしょう?

|

« 寒かったね | トップページ | 公道では安全第一、が基本でしょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曲がりにくい?:

« 寒かったね | トップページ | 公道では安全第一、が基本でしょ »