« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月21日 (木)

ホントはちゃんと乗れてなかったり…

 しばらくアップハンドルのバイクに乗っていて、どうやら変な癖が付いていたようです。山の中で気がつきましたが、左手がハンドルを押し引きしていますね。もともとハンドルを切る方向にはあまり動かさない様に乗っていた自分なのですが(切り替えしなど、多分無意識に動かしているのは除いて)、こんなに顕著に現れるものなんだ、とちょっとビックリ。

 まあ楽して乗っていると後が大変なので、中間の低速コーナーの無い部分で、左手を離して真剣に走ってみましたが、左手が無い方がスムーズだったり…、ペースは両手とほとんど変わらない、というのが泣けますね。変な癖がついちゃいました。

 腰というか尻というか、荷重のかけ方や腰の入れ方などもぜんぜんダメで、途中で手放しでコーナリングしてみたり、ちゃんとした乗り方を思い出すまで時間がかかったのにも愕然。ぜんぜん頭で理解して乗ってるから大丈夫、じゃないですね。あまりにもブランクが長すぎたと言うべきか、書くのが恥かしいほどです。

 山を降りる頃にはだいぶ勘が戻りましたが、ハンドルに力が入るのは完全に直らず。どうしたものか、思案中だったりします。リーンウィズで乗ろうとしていましたが、しばらく少し腰を落として乗ってみてもいいかもしれませんね。腰を回してステアリングヘッドを頭の中心に、という乗り方の再確認が必要なのかも。

 しかし、書かなくてもいいこととは思いつつ、反省と自戒をこめて文章にしてみました。でも、文章にすると、頭で引っかかっていた事がなんとなく理解しやすく、対策も考えやすいような気もしますが、これは昔から反省点や練習法をノートに書きながら乗ってきたから、という事もあるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

カワサキはNo.1?

 一回山へ行ったりすると、一週間で書ききれないほどのネタが…。できればもう少し乗ってやりたいのですけれど。というわけで今回は、いつも思うのですが、いつもの山に行くとカワサキ多いよな~という事です。

 ファンクラブがあるのか、茨城はカワサキのシェアがそもそも3割もあるのか(!?)、という事ですが、普段そんなに見かけないZ系、ゼファーがウヨウヨしている光景は、ある意味異常ですね。とくに旧いZ1、2とか、Z-FXとかもたくさん走っている。しかもいじってあって、みょうに速いバイクが多いというのは、異次元に迷い込んだような違和感を感じてしまいます。

 さらに普段見かけないZXとかも結構いたりして、ニンジャがブンブン走っているのですから、日本のトップメーカーはカワサキだったっけ?と思ってしまうのですよ。自分が行く時間帯がたまたまそうなだけかもしれませんが、W650も何台かは見かけますし、対抗できるのはホンダのCB系くらいなものです。

 旧いバイクという事では、カワサキに乗り続けている人は、現役率(真剣に走ってる)が非常に高く羨ましいですね。日本車でこんなに旧いバイクにきちんと手間をかけて乗り続けているのって、やはり魅力的なバイクが多かったという事なんでしょうしね。しかもグッツィ乗りの様な、不幸自慢までしていたり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

いい天気

 日曜日は良い天気で、久しぶりにオオツキより遠くまでバイクに乗ってしまいました。最近はオオツキの往復くらいでしかバイクを乗っていなかったですから、200キロも乗ってくると、体よりも頭がやられてしまいますね(帰ってきてから寝込んでしまいました)。まあ、もっとノンビリ乗れば、そんなこともなかったんですが…。

 というわけで、ハンドルの調整もかねて山のほうへ行きましたが、基本的にはそこそこのペースで作動と角度の調整を、という事だったはずなのに、山に付くころまでにはブレーキ1センチ上げ、クラッチ5ミリ下げ、ハンドル手前に少々回し、とだいたいの当たりをつけて調整し、結構ドンピシャだった事もあり、かなりいいペースで走ってしまいました。

 真剣に走るのって、いつ以来?ここ2年はそんなことしていなかった様な気もするので、とにかく目はすぐ慣れても、時間を引き延ばす感覚を保つのが大変で、頭が痛くなってしまいました。普段ボンヤリと生活していると、一秒間にいろいろな事をしなければいけない(倒しこみ時や、滑った時など)のは結構大変ですね。さすが最後には集中力が途切れがちになってしまいました。

 それにしても、ビモータのスーパーモノ(って言うんだっけ?)とか、マーニのスフィーダ(アルチューロ?)とか、超レアでカッコいいバイクが結構いたので、眼福眼福。ビモータとはちょっと一緒に走りましたが、さすがにレーサーレプリカについていくのは無理ですね…。同じスピードで突っ込むと、ガードレールの外に行ってしまいます。そうそう、それと、いつも思うのですが、山でのバイクの比率の3割超はカワサキって、凄い数ですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »