« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

カブか、リードか

 見てきました、新型カブ。家族を乗せた車付き、だったので、カタログ貰ってちらちら見て、大体の価格を聞いただけでしたが、第一印象はリトルカブみたい?という感じでした。なんでだろう?ボディラインがそう思わせるのか、なんとなく小さく感じたからか。それにしても、現物を目の前にすると、またこれはプラスティッキーな印象が強いですね。

 まあ、どこからどう見てもカブですが、どうせプラスティックのカバーだけの問題なのですから、もうちょっと新しい提案とかあっても良かったのじゃないかとは思いました。なにやってもカブマニアからは批判されるのなら、思いきったこともできたんじゃないか、とね。まあ、逆にもっとも古いカブの様なカタチというのも良かったかもしれないと思いましたが、プラスティクな感じでそれでも高価だし、今までのユーザーの乗り換えを考えればキープコンセプトが一番安全ではありますね。

 お店にはリードの新車もあったのですが、やはりシート下のスペースは便利だし、チューブタイヤじゃないタイヤも捨てがたいし、と悩んでしまいました。中古で買った今のリードが、最初からあまり本調子でなかった様な(何しろスピードが出ないしね)感じでしたし、やはりエンジンを酷使される小さいのは、新車を自分で慣らして使うのが良いのかも。

 中古もちゃんとしたのなら良いのですが、どうもサビサビで調子もイマイチでも結構良い値段が付いていたりするので(近くの店で買おうというのがいけないのかも?)、定価が乗り出し位という新車の方が、(あとで整備にお金がかからない分)お得な様な気がするのですよね。BMW屋さんのオオツキに小さい国産を頼むのはちょっと心苦しいし(忙しい時に整備とか頼みづらいし)、他の近くのお店はみんな潰れちゃいましたから、小さいバイクは近所のお店で、とは思っているのですが、ねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

ご無沙汰

 とくに何があったわけでもなく、ココログのログイン方法が変わったのに伴い、ユーザー名を思い出せなかったので、しばらくログインできませんでした。とはいえ、とくに記事にするようなこともなく、毎日ダラダラしているだけだったりしますけれど…。

 ですが、まあ水面下では、通勤用バイクがずっと調子悪く乗っていないので、後継機か重整備かでずっと悩んでいたりするのです。まあ、このご時勢ですから非常に限られた予算の中でどうするか、という事ですね。エンジンのオーバーホールとフォークのオーバーホール、リアサス交換にタイヤ交換をすると、なんだか新しいバイクを買ったほうがはるかにお得な感じの見積もりになってしまうのですよねぇ。ツーストは好きとはいえ…。

 再挑戦したいといっていたカブに、とうとう新型が出たという事もあって、現在お悩み中なワケです。タイカブの110エンジンに4速というのは魅力?かなりプラスティック満載の外装が抵抗感あり、なのですが、旧型の在庫車の90の予算と5万円も見積もりが違わないのならテレスコピックで力のあるほうが、でも見た目もなぁ…という感じで煮つまっています。

 気持ち的には4速のある、ボトムリンクでない新型に傾きつつありますが、でもヘルメットや荷物を考えるとスクーターの利便性が…、とあいかわらず優柔不断で。明日の日曜日の午前中は、ちょっとバイク屋でものぞいてこようかと思っています。新型カブ、置いてあるお店があるといいんだけどなぁ(ちなみに色は青が良いかなぁ、と思ってます)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

日曜は寒かった

 雨の予報だったこともあり、前日の夜6時頃に眠った(本を読み始めたら止まらなくなった)こともあり、せっかくの午前中を無駄にしてしまいました。まあ、積ん読の本が少し減ったから良しとしておきましょう。基本的に文庫のSFやFT,軽い小説しか買わないのですが、ひどい時には20冊以上積んだままになってしまうので、たまに山を崩してやらないと大変なことになります。

 というわけで、バイクには乗れなかったのですが、子供の自転車の練習に那珂川の川辺に行ってきました。自分は子供の頃から自転車大好きでしたが、うちの子はあまり気が乗らず。こういうのは遺伝関係ないですね。補助輪を外して、草の上だからこけても大丈夫という事で、ある程度自由に遊ばせてきました。

 ハンドルに力がとか、バンクを怖がらないで、とか、言うのは簡単だけど、子供には難しいですよね。バイクに乗ると、大人だってできないんですから。まあ、それでも何度も転びながらも、草の上でダメージが少なく済んだこともあってか、真っ直ぐなら転ばず乗れるようになりました。ヤレヤレ、ですね。まあ、これで乗れるようになって行動で乗ると、今度は心配が増えてしまうのは目に見えてますが、こればかりはしょうがないですね。

 というわけで、すっかりバイクの話題無し、かと思ったら、前に山で見たビモータのBB1でしたか、スーパーモノが水戸方面に走っていくのを見かけました。アレは水戸の人だったんですね。レッドバロン系のお客さんなのでしょうか。結構エンジン系のノイズが多かった様ですが、大丈夫?どうやら自分と同じ時間帯に山を走っているみたいですので、また会うことがあるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

日曜日は暑かった

 暑かったので、半そでTシャツでバイク乗ってる人も結構見ましたが、自分はもちろんライディング用のジャケットを着て、暑苦しさを振りまいていました。午前中に時間があいたので、1時間ほどぶらっとお散歩に行ってきました。もちろんボンネビルです。オイル交換後なので、オイルの慣らしをかねてノンビリと。

 オイルの慣らしなんていらない様な気がしますが、まあ、なんというか、癖みたいなもんです。空冷シングル用という事で期待していましたが、新しいオイルに変わった程度にしか良くなってない?(つまり、いつもどおり?)まあ、このへんはだいぶ昔の記憶との比較ですから、正直良くわかりません。でも、気持ちトルクが太くなった?

 水戸から城里町を通って笠間へまわり、川と山と田園風景の中をノンビリと走ってきました。まあ、田舎ですから、ちょっと走れば大自然がいっぱい。良いところに住んでますね(都会が恋しい人には向かないでしょうけど)。トコトコ走るのも楽しい、ってことはいいことですね。グッツィの時は、ついアクセルを開けたり閉めたりしてしまいましたが(エンジンが楽しすぎて)、このくらいのエンジンが今の自分にはちょうど良い様です。

 あまり負荷をかけた運転をしていないので、今回はオイルの熱ダレまではわかりませんでしたが、印象は悪くありませんでした。そうそう、今回走っていて気になったのが、ハンドルの振動。結構大きく感じました。ハンドルウエイトをもう少し考えてみるべきか、とも思いましたが、グッツィに比べればたいした事ないかもという気(ただし、グッツィの方が振動が大きくても柔らかかった気はする)もして、長距離を走るわけでもないし、とりあえずいいか?という感じであります。この辺、長距離乗る人は気になるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

やはり雨は楽し

 7月のライパは雨かもしれないなぁ、ということで、雨の中の走行は一度は体験しなくては、と思っていたこともあり、オオツキの帰りの雨はある意味好都合でした。今まで雨の中ではほぼ走ったことのなかったボニーですが、思っていた通り乗りやすいので安心しました。ステップがやたらと滑ったのが困りものでしたが、サーキット用のブーツなら大丈夫かな?

 細いタイヤ、弱いトルク、強力すぎないブレーキ、安定性のあるハンドリング、溝の多いタイヤと、晴れのサーキットでは弱点となる部分が全て利点となるのですから、乗りやすくて当たり前?重量がもう少し軽くて、車体が一回りコンパクトなら言うこと無しなんですけどね。低くしたハンドルも自分的には乗りやすさにつながっていて、好印象。

 そうそう、ハンドルで思い出しましたが、ハンドルを低くして余ったクラッチのワイヤーがマフラーに接触していて溶けていました…。タイラップでフレームに留めてもらいましたが、動くワイヤー(クラッチを引くと結構なテンションがかかる)ですから、2本のタイラップで留めなおしたほうがフレームに傷が付いたりしないかもしれませんね。

 さて、雨の中での戦闘力はまずまずということで、とりあえず一番遅いクラス希望としておきましたが、雨降りなら午後からは一番速いクラスで走ってみるのもアリかもしれません。レインタイヤ持ちがいたら話になりませんが、普通の人なら雨でもタイヤ交換なんてしませんから、開けた途端にぐんぐん離されるストレートはともかく、ブレーキングとコーナーは多少なりとも…とか言ってると、いきなりこけたりするんで、無茶は禁物でのんびりいきたいと決めておきます。なにしろ、この一年2輪で千キロも走ってないですからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

ライパに向けて

7月20日のもてぎのライディングパーティー、申し込んでしまいました。行けるかなぁ~?天気は大丈夫かなぁ?いろいろ不安はありますが、まあ、なんとかなるんじゃないかと思っています。あとはきちんと乗れるかどうか、ですね。先日の件もありますし、もう少し真剣に取り組まないと、せっかくの機会を十分に楽しめないですしね。

 まあ、それ以前にきちんとダイエットしないと、背骨がつなぎに入らない状態だったりするんですけどね。適正体重を少し越えたくらい、ですが、ジッパーが上がらないんでは何の意味もありません。昔ダイネーゼのつなぎを試着した時、胴回りが余りすぎて困りましたが、ヨーロッパではある程度余裕ができた大人の買うもの、という事でありますから、今の自分には(お金には余裕は無いが、腹回りの余裕はたっぷり)ぴったりかも…。

 タイヤは今回は十分に持ちそうですが、BMW用の鉱物油に交換してみようと思っていたオイルは、やはり安全策という事で合成の空冷用とかいう新作のモチュールにしてみました。空冷ツインで夏のサーキットですから、どうも分散性に優れたオイルは逆効果(?空冷は隙間が広く造ってあるしね)で好ましくない様な印象が強いです。まだオオツキではだれも使っていないらしいので、よくわかりませんが、家に帰るまで乗った印象は悪くないですね。

 あとはステップのバンクセンサーをどうするかと、アライ用のチタンコートのシールドを手に入れるくらいですかね。普通のミラーシールドっていうのを買ってみましたが、日に焼けるしまぶしいしで、やはり高くても効果の大きい(と自分は思っている)チタンコートのシールドが欲しいです。でも、この季節は、やっぱり雨降りかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »