« みんなオシャレだねぇ、 | トップページ | あきらめました、今回は(多分…)。 »

2009年9月30日 (水)

装備を見直すにしても

 ヘルメットはアライ、ツナギとグローブはRSタイチ、ブーツはスティルマーティンというのが、ここ20年くらい不動の装備ラインナップであります。まあ、ある程度のキャリアがあると、こだわりとか、ここの製品しかサイズがピッタリじゃないとか、そんな感じのことは結構あると思います。そうするとどうしてもなかなかメーカーを変えるというのが難しくなるのですよね。

 アライは1986年にラパイドを買ってから継続的に使い続けていますが、いつも2個体制(足がバイクだと、雨で濡れた時様にもう一つ欲しいんですよね、洗濯時の変えもそうですが)だったという事で、ナバがあったり、ショウエイがいくつかあったり、ノランがあったり、セタがあったりしましたが、最終的にはアライが残っているというのは、やはり自分に合っているという事なんでしょうね。

 そんなわけでベルでは悩むわけですが、大昔のラパイドの感覚というのはキライじゃないので、今の帽体が小さくなりすぎたアライよりは普段使いには向いてる気がします。安全性自体はケースバイケースで変わるものなので、ある一定の基準をクリアしていれば良しとすると言いたいところですが、頭をぶつけると、結構メーカーで傾向が違うんですよね。これが。

 ツナギとグローブは、もうほんとにジャストフィットという感じ(他のメーカーも大概試着してる)で変えられませんし、スティルマーティンはサイズは合っていなくてもデザイン性がとても気に入っているので、なかなか他に出来ないんですよね。もっとも現在輸入されているものはごく普通の感じですので(そのうえ近所はどこにも売ってないので試せない)、次回は別なメーカーも考えなくてはいけないかなぁ、というのが現在の自分の装備一式であります。

|

« みんなオシャレだねぇ、 | トップページ | あきらめました、今回は(多分…)。 »

コメント

はじめまして、こんにちわ。

自分もBELLのM3Jが気になっていて、
いろいろ徘徊しててここにたどりつきました。
私もかれこれ15年くらいアライをかぶっているので、
なかなか踏切れずにいます。
カッコイイんですけどね〜…。

ところで
>>大昔のラパイドの感覚というのはキライじゃないので、今の帽体が小さくなりすぎたアライよりは普段使いには向いてる気がします。

ということですが、私は逆に最近はアライも
帽体が大きくなっていると思ってたんですが、
昔のほうが大きかったんですか?

投稿: ryubow | 2009年10月 2日 (金) 18:11

すみません。ラパイドは1985年という大昔の話です。

自分の使っていたヘルメットで言えば、ギガからギガ2になった時に同サイズでも外殻が一回り小さくなりました。チンガードの内張りに口が付く、それ以前に被りが浅いわ、きついわで、非常に苦労したのを思い出します。
それ以前のFTから(自分は口元が広いGタイプシールド系中心に使ってきました)は入口が若干絞られましたが、さらに古いラパイドは開口部も広く、今の感覚で言えば下がユルユルという感じで、脱ぎかぶりが非常に楽だったんですよね。

もともとLシールド系は口元が狭いので嫌いでしたが、帽体が小さくなってからは、もっと嫌いです。買ってますけどね。たまに口元が広いTX系が欲しくなるのは、G系が廃止になったからですね。

と、話がそれましたが、15年といえば、帽体が小さくなってからだと思うので、年寄りの話で混乱させてすみませんでした。
ここ最近、小さくしすぎた反省からか(入口がキツイというのが定評でしたし)、また少し帽体を大きくしたようですが、ベルをかぶるとわかるように(サイズはアライと同じが適正です)、さらにこちらは入り口ガバガバという感じでしょう?しかも鏡に映る帽体が巨大に感じるという。

 それにしても、ベルは帽体がそれほど固くなく、緩衝材が固めの設定(ヨーロッパ的)ですので、同じ規制をクリアしているとしても、実際の事故ではその差が現れるのではないかと思っています。アライは過去に廃棄する前にはすべて内装をはぎ取り、帽体の様子を見てきましたが、やはり厚さの均一性とかの品質は高く感じます。
 安全性、快適性、風切り音、部品の対応、耐久性など、よく考えるとベルを選ぶ理由が無い、ということになりそうですが、ローソンファンの悲しいところで、ついつい目が行ってしまうんですよねぇ(記事なみに長くてすみません)。

投稿: Ryu | 2009年10月 3日 (土) 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 装備を見直すにしても:

« みんなオシャレだねぇ、 | トップページ | あきらめました、今回は(多分…)。 »