« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月12日 (火)

はい、あいかわらずです。

 昨年末からお正月にかけて、今年はバイクが結構走っていましたね。自分がその中の一人でないのが残念ですが、トライアンフも何台か見かけることが出来ました。初日の出か、帰省なのか、普段見かけないトリプル系のストリートファイターやST(シルバーしか見たことないな、そういえば)がほとんどでしたけど。

 そしてなぜか、取締りが効果を発揮したとか新聞に書いてあった暴走族の方々が結構たくさん走っていてビックリしました。ここ数年本当に少なかったのに、今年は結構多く見かけましたね。ただ昔と違って、さらし一枚とかいった気合の入った人は少ないのは時代の流れでしょうか。ジャンパーにフルフェイス(シールドもついてる)といった、普通の装備の人も結構いましたね。

 自分も早く初乗りしたいと思いつつ、子供に誘われるままに遊び歩いていて、なかなか果たせません。平日は顔を見ることも少なく、休みは日曜のみですから、やはり子供に時間を割くほうが優先になってしまうのは仕方が無いことですね。トイザラス行くついでに南海部品に寄ったりするくらいしか出来ませんが、バイクはいつでも乗れますからね、多分。

 そんなわけでスプロケットを注文した以外は特にこれといって何もないのですが、2月の車検のためにそろそろオオツキに持っていく相談もしないといけませんし、そろそろ冬眠から目覚めないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

お正月にしたこと

 っていうと、前回書いたタイヤのエアだけなのですが、年始バーゲンを期待して、水戸の南海部品に行ってみたりしました。ブーツとヘルメット(ローソン風は6年以上使ってるし)を見てきたのですが、あまり安くなかったので、やはり通販で買おうかなと思っています。

 ヘルメットはやはり長年使っているアライが第一候補ですが、久しぶりにショウエイもいいかな?とも思っています。アライはどうも過渡期の様な気がしているので、ちょっとショウエイを試してみるのもいいかなという感じですね。特にモデルチェンジが重なっている事もあって、結構安く手に入るモデルもあるので、カチカチシールドをガマンして久しぶりに試してみようかな。

 できればローソン風に塗りたいところですが、結構金がかかりますからね、塗装は。アライならヴェクターかGP5Xをローソン風というのがいいかなぁ。5万近くになる計算ですから、ヴェクターのカラーリングモデル(鷲の赤かトルネードの赤)を3万ちょっとで買うのが経済的ではあります。シンプルで好ましいデザインがあるといいんですけど、本当は最近のカラーリングはゴチャゴチャしててあまり好きではありません。

 ブーツは、スティルマーチンが老朽化でプラスティック部分が割れたり取れたりしてきてしまっているので、できれば同じ様なので更新したいのですが、残念ながら現在のラインナップは地味なデザイン(スティルマーティンはオシャレなカラーリングが魅力なのになぁ…)と配色(希望の赤ベースが無い!)のために、ここ何年か悩んだままの状態が続いています。

 素材は皮でも合皮でもいいのですが、ネットで見てもオシャレなカラーリングのブーツが無いのには驚きました。どちらかというとセンスの無い色使いのブーツが多かったり、どうもブーツのカラーリングに関しては、最近は気にする人が少ないようですね。スティルマーチンの本国のHPを見ても現在は地味系しかないようですし、やはりもうしばらくは黒を履いて(ボニーでは溶ける!のが難点ですが)様子を見ようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

いまさらですが…

 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。というほど最近は記事を書いていなかったりしますが、まあ、それはそれ。今年もボチボチといきたいと思っています。とりあえずは2月の車検からですね。

 というわけで、お正月休みはタイヤの空気圧を見ただけ。フロントがあまり減っていないのに、リアは0.7キロ位まで減っていて(いつも減りが激しいのはリアだけ)、極小の穴でもあいてるんじゃないかと思ってしまいます。チューブは良いものに変えたいですが、タイヤ自身が減っていないので、これはまだ先かなぁ。タイヤにも賞味期限がありますが、あと一年くらいはなんとか。

 というのも、メッツラーのラジアルが結構気に入っているからで、次回もこれにしたいのですが、これって結構高いらしく、もう少し大事に使いたいからです。ブリジストンのほうが軽いハンドリングで、結構曲がる気がする(試乗車の経験しかありませんが)のですが、かなりクイックに向きを変える自分の走り方だと、この位落ち着いたハンドリングのほうが相性が良く感じます。

 19インチでクイック?とか言われますが、あまりネガティブなイメージって感じません。もちろんサーキットでは曲がらないですが、峠で安全な(これって人によって違いますが)ペースで走っている分には不自由を感じたことはありません。大抵のバイクにはついていける程度には普通に走れますし、昔のバイク様にドアンダーって事はないですね。

 車検時にはスプロケットも交換の予定です。街中でもしょっちゅう6速をさがしてしまうので、加速性能を犠牲にしても(もともとノンビリなのに、どうなる?)、普段の使い勝手をあげることを優先してみました。高速なんて走りたくないほど振動がでますしね(対グッツィ・ルマン比較でも)。さらにサーキットでは遅くなりそうですが、さて、その辺はどうしたものか。やっぱりスキなバイクで走るのが楽しいんであって、そのためだけに速いバイクってのもなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »