« 異端者は異端者らしく | トップページ | バイクカバー »

2010年6月16日 (水)

安全マージン

 人によってこれの取り方というのもマチマチなのでしょうが、自分が峠を走るときにリミットをかけている部分についても書いておくことにしましょう。基本的に安全第一(それなら飛ばすな!というのはその通りですが…)ということで、危ない部分を出来るだけ少なくするというのが大事ですね。

 進入から考えると、まずブレーキング。本当のフルブレーキはしていません。かなりハードに見えるかもしれませんが、結構余力を残しています。虫一匹、石ころひとつ、葉っぱ一枚で制動距離がのびますから、サーキット(落ちてるものを拾ってくれたり、旗振ってくれる)の様な本当のフルブレーキングなんていうのは、まさに命知らずにしか出来ない芸当だと思っています。

 そしてラインどりはアウト・イン・ミドルになるように設定して、さらにフルバンクまで寝かせないようにしてます。峠でステップを擦るなんて、まずありません。ブレーキングと同じで、なにか落ちていたら…です。余力を残すことは大事。なにかでラインが一回り大きくなったときにも、ミドルで立ち上がる予定ならそこそこクリアできますし、いざという時にはもうひと寝かせが残っていますしね。

 それと個人的に寝っぱなしがキライということもありますが、ヘアピンの様なコーナーではベタ~と寝かせたまま走らずに、遅くなっても多角形で走るようにしています。ギューッとGがかかって、というのが好きな人もいるでしょうが、こういうところではそれこそ路面状態で一気に飛ばされたりしますからね。自分には無理です。

 ま、基本的に臆病ですから、全開とはいえ、その他のところは無理しません。ガードレール直行なんて、まっぴらごめんですからね。それでも、そう思っていても何事か起こりうるのが二輪の怖いところですから、長く乗りたければ自分なりにルールを決めてせめてそれを守るしかないですね。そのルールに従っていても、長年の慣れや加齢による人間の劣化で危険になることもあるのですから、初心者から超ベテランまで、危険度合いはほとんど変わらないというのをきちんと認識すべきですね。

|

« 異端者は異端者らしく | トップページ | バイクカバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全マージン:

« 異端者は異端者らしく | トップページ | バイクカバー »