« 閑話休題 | トップページ | ちなみに、 »

2010年7月26日 (月)

サーキット試乗車

 今回試乗したのはRC8とスーパーデュークRの2車種。前回のライパで気にいったスーパーデュークの再確認と、同じエンジンのスーパースポーツ、でもとがりすぎてないR無しという形にしてみました。本当はシングルのもうちょっとロード寄りのバイクがあったらそれにも乗ってみたかったんですけどね。

 さて、上記の順番で試乗しましたが、希望は逆で乗りやすいの乗ってから凄いの予定でしたがまあブッキングミスで。しかし、久しぶりに乗るセパハンの乗りづらいこと!ちょっと乗らないだけでこんなとは、年はとりたくないものです。エンジンも開け始めが敏感すぎて、ギクシャク、ギクシャク。恥ずかしいですね。

 それではと乗ったスーパーデュークですが、あれれ?これもこんなにアクセルシビアだっけ?去年乗ったのはR無しだったっけかなぁ…。欲しいバイク筆頭だっただけに、ちょっとガッカリ。開け始めがシビアなバイクはキライなんです。まあ、コーナーの中で開けたり閉めたりするような乗り方する自分がいけないんですけどね。同様にブレーキにも触っちゃうほうなので、ピーキーなブレーキもほんとはキライです。

 指一本でフルブレーキング可能なほどの効きなので、雨の日とか街中では乗りたくない仕様かもしれないですね。慣れればなんとかなるのかな?サーキットではこれでも良いんですけど、エンジンの電子制御やサスセッティングがダイヤルやスイッチ一つで変えられる時代ですから、ブレーキの能力もレイン、ドライと切り替える様な機構が欲しいと思ってしまいますね。ちなみにローソンは指一本でフルブレーキングできるブレーキを欲しがっていましたから、そういう気分に浸るのには良いバイクです。

 大柄な車体も気にならないし、ハンドリングはやはり良い感じなので、セカンドバイクとしてはやはり欲しいですね。振動が激しいステップとハンドル、割り切りすぎたシートは、山道への往復でも音を上げそうなのが難点か。グッチが鈍重な回転上昇と引き換えにマイルドな振動だったのを思い出します。それにしても、こんなに楽しいバイクが海外には一杯あるっていうのに、日本のメーカーはいつまで無難でつまらないバイクばかり造る気なんでしょうねぇ?

|

« 閑話休題 | トップページ | ちなみに、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーキット試乗車:

« 閑話休題 | トップページ | ちなみに、 »