« また冬眠? | トップページ | つまらないことですが… »

2010年8月28日 (土)

ライテクばやり、について 3

 もう終わった話かと思っていましたが…という感じですが続きがありました。(以下、前回の続き)まあ、そうは言っても、やはりボンネビル位の性能でも悩みは深いものです。もちろん目がついていかない様なものすごいスピードや、膝が擦りっぱなしのものすごいバンク角などはまったくありませんけれど…。

 逆にものすごくのんびりしたスピードで速く走るためにはとか、少ないバンク角の中でどうやって安全に速く走るかとか、一見後ろ向きに見える限られた性能の中でのチャレンジという部分が大きくなります。これが結構ライディングテクニックの向上につながるんですよね、意外と。もちろん速いバイクが基本のライテクで語られることはほとんどありませんけどね。

 普通にある全てのバイクの悩み、タイヤのグリップの不安とか、バンクの不安とか、ブレーキの不安とかは一緒ですが、はるかに手前の部分で安全な範囲でいろいろ試すなら、やはりタイヤもバイクも最高のものでは不適切です。それに限界が低い≠つまらないでは全くないというのは、ベテランでも普通にこういうバイクをメインにしている人がいることでもわかるでしょう。

 まあ、くどくどとこういうことを書きたくはないのですけれど、凄いのに乗ってるのにタイヤ半分しか使えないと嘆く人や、とりあえず突っ込んじゃえという様な見るからに無鉄砲な人(それでいて速く走れないと言ったり)、恐る恐る凄いのに乗ってる人などは、ちょっと環境を変えてみても良いんじゃない?と思うことが多いもので…。楽しいのをできるだけ長く、というのが自分のバイクに乗るスタンスですが、日本人はすぐ降りちゃう人が多いから、なんでしょうか。

|

« また冬眠? | トップページ | つまらないことですが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライテクばやり、について 3:

« また冬眠? | トップページ | つまらないことですが… »