« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

スモールツイン・グッツィ

 新しい刊が発売になってから言うのもなんですが、先月のネモケンの記事読んで気になったのが、パワーの無さをそれほど悲観しないでも、という点。残念なことに、ビッグツインに比べると、グッツィのスモールツインはかなり非力です。ゆえにやはりかなり遅いです。遅いんだけど、あまり遅く感じないってのはありますけど。

 いまさらここに書いてもしょうがないことですが、その点だけは注意してほしいなぁと。試乗できないで買う人も(都会以外には)たくさんいますから、元グッツィ乗りとしては、やはり買ってからがっかりしないでもらいたいので余計なことを。自分も試乗どころか、実車も見たことないままに中古車買いましたからね。そうとうな冒険でした(試験場のみの大型免許もなかったし)けど、プラスもマイナスも理解して買ったので10年以上乗りましたしね。

 最近のモデルについては全く詳しくないのですが、750ブレヴァだけは試乗したことがあります。規制前のモデルですので比較は微妙ですが、ビッグツインの様な強大トルクは無いです。でもやはり750のツインですからそれなりには走ります。それなりです。でも、不思議と遅くは感じないです。そういう点ではボンネビルに似てますかね。でもあの形ですから、峠でも400に軽く負けたりする動力性能を納得して買わないと…です。

 グッツィにとってなにより大事なのが、縦置きVツインのエンジンの面白さ!でもね、これもまったく受け付けないという人も結構いました。だからできるだけ試乗してほしいんです、ホントに。スモールツインはエンジン自体一回り以上小さいので、軽やかな感じが良いです。エンジンも鼓動感がそこそこあって、その点ではボンネビルより楽しいでしょうね。

 車体もコンパクトで女性にも扱いやすいし、今やスモールツインにだけ色濃く残るシャフトの癖が気にならなければ、チェーンよりメインテナンスも楽ですし。部品代やメインテナンス費用はちょっと多めにかかるかもしれませんが、気に入ってしまえば、それを補って余りある個性がずっと楽しめます。街中とツーリング中心に、外観のカスタムしてカフェに行くためのバイク(カフェレーサー)と考える人にとってこそ、のバイクだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

ぶつぶつ

 ここのところツイッターを始めたりして、すっかりご無沙汰しておりますが、まだ生きています。もう書かないとか言った自分のライディングについての記事を書いているんですが、これがまたまとまらない…。

 頭で思っていること、体がやっていること、自分が意識していることなど、まとめようとすると、やってるのに感じてなかったり、思ってないのにやっていたり、なんだか良く分からなくなってしまいます。

 う~ん、う~んとうなりながら、もう少し走りに行けばまとまりそうな…と思いつつ、なかなか休みがなかったり、子供を預かったりで思うにまかせません。まあ、焦らずポチポチ書いていこうと思っていますので、期待せずにお待ちください。お蔵入りもあり得ますしね。

 そうそう、ようやくライダースクラブを発見。立ち読み(スミマセン)しましたが、凄いイタリア車ばかり(笑)。景気良くてうらやましい限りではありますが、あまり現実とかけ離れた夢だと、見ようと思う気も失せるんじゃないかと心配しちゃいますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

「道に迷って…」50ccミニカーで高速道

 というニュースがあがっていましたが、そういえば最近自分も50ccのミニカー、何回か見かけました。すでに絶滅したとばかり思っていたミニカーですが、しぶとく生き残っているものもあるんですね、ビックリです。

 混合交通の中においては完全な異物(50の非力なエンジンでボディ付き4輪を走らせようというのだから、その性能は…)でありますが、昔は結構な数走っていたのを思い出します。とにかく、路肩近くは走れない(左が酷い荒れようで、ハンドルが暴れて走れないらしい)ということで、車線を半分使って走っているので、危険な追い抜きを何度も見たことがあります。

 酷いときには延々とクラクションを鳴らされて煽られているのを見たり、どうしてあんなもん許可してしまったのか?と良く思ったものでした。今のヤクルトの販売車(配達車)は結構パワーというかトルクあるようですが、あれって電気?でも50より速いようですが、今あの辺の交通法規ってどうなってるんでしょうね?

 先日見かけた白いミニカーは、2ストのうなり声をあげながら、ノロノロと街中を走っていましたが、乗っていたのは結構若い人?ちょっとぶつかってもひとたまりもないないようなグラスファイバーっぽいボディ、今では許可にならなそうな安全性を持っていそうです。新しいものは造っていないのでしょうから、絶滅待ちという状況なのでしょうか?お年寄りが多いだけに心配してしまいます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

売れてる?のか、仕入れてないのか

 日曜日はお天気がイマイチだったこともあり、昼過ぎまで寝てしまいました。台風がひどくなかったのは良かったのですが、すっきりと晴れてくれないと、バイクのカバーをはずすのも…。紐とか、いろいろビショビショだったりするのですよね。キュッと縛れるのは良いのですが、地面に近いところに紐があると大変です。

 そんなわけでバイクは乗らずにバイク雑誌を見に本屋さんへ行くだけに。今月はネモケンがインプレッションを書いてるというライダースクラブのグッツィの記事を見ようと2軒回ってみましたが、RC売ってないし…。最近は入荷数も少ない場合が多いですから、また入荷数が減ったのか?それともやはりネモケンの記事は読みたいという人が買ったのか?

 仕方がないので他の本をパラパラと見て帰ってきましたが、新型バイクが年に数台とかって状況だと、なにを記事にするかが難しいですよね。ライテクだったり、ツーリングだったり、真剣にバイクのインプレというのも最近は少ないし、立ち読み以上の価値があるのか?というと微妙な感じ…。

 バイクも少ない、乗る人も新規参入組も少ない、と良いことのほうが少ないような状況ではありますが、だからこそもっと元気な紙面に期待したいんですけどね。ローテーションで書いてる記事とか、広報資料と変わらないようなインプレ(しかも切り口がどこも一緒だったり)、広告やタイアップ広告などばかりでは、ネットで情報拾ったほうが安上がりだし有用な情報を得られたりしますからねぇ。

 今の時代は、昔の様にメーカーの顔色をそれほどうかがわないで自由に記事を書ける、なんてことは無くなってしまったのでしょうね。メーカーと雑誌社と、お互いに首を絞めあっている様な気もしますが、仕方ないことなのでしょう。作り手側の質の低下も感じさせられたりして、どうしても良いものをつくるというところまで届かないのかもと思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »