« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月15日 (土)

今回は試乗してみようかな

 正式に国内販売がアナウンスされたW800。気になっていながら一度も試乗したことがなかったこのバイク、今度は試乗させて下さい、って行ってこようかな。やはり同じジャンルに分類されるバイクに乗っていると、とても気になるバイクです。買うときにも散々悩みましたが、ボンネビルが壊れたときのために情報収集をしておいても損はないという感じですね。

 山道では無理しませんが、それでも公道はなにがあるかわからない。人間がダメにならなければ、また乗りたくなるでしょうし、なにより年に一度サーキットなんて行ってますから、転倒もそうですが、エンジンなどにも負担がかかっている可能性大ということで、頑丈さが自慢のグッツィよりは繊細なボンネビルですから、念のために。

 二人乗りで荷物満載で高速走行する、というヨーロッパの基準でつくられているであろうボンネビルが、足回りフレームともにしっかりしているのに対して、基本一人乗りで一般道走行が基本設定のW800はやはり線の細さが気になります。まあ、サーキット走るという前提がなくなれば問題は少なくなりますけどね。

 デザインもスタイルもより繊細でクラシックなW800、ボンネビルSEに近いイメージのCB1100、あとはヤマハとスズキもこういうスタイルのバイクに挑戦してくれると嬉しいんですけど、ヤマハはアメリカンがソレ!と言いそう…。意外と評判の良かったサクラ(個人的にはイマイチ、パラ2か3が良いなぁ)は無かったことになっちゃうんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

パンツ2

 記事を書いた後に、なんだかえらく乾燥したような表面だなぁ~ということで、うっすらとオイルを塗りこんでみました。あれれっ!なんだか高級感2割増しですよ。染料が悪いと言ったのも撤回しても良いくらい、良い感じになりました。

 というか、最初からそうしておけば、もっとお客様の満足度が上がろうというものなのに、と余計なお世話な感想も言いたくなります。最近はどうかわかりませんが、意外とレザーオイル塗らない人も多かったりした過去の経験からも、こんなもの…という感想で終わってしまう人がいないとも限りませんしね。

 というわけで、満足度も上方修正。なんちゃって立体裁断がイマイチフィット感が悪かったり、やはりウエストをきっちり留めたいとかという、おもにフィット面での満足度はイマイチですが、それ以外は特に問題なしということにしておきます。フトモモがものすごく太いのが気になりますが、それでも(ストレッチ生地でさらにサポートしてるにも関わらず)動きやすさがイマイチなので、多分細くすると…。

 ひざ裏も抜いてあるのに、結構食い込む感じとか、レプリカ系ならきつそうですが、幸いコチラは楽なポジションですし問題少ないですし、これらのフィッティングももう少し履きこんでいけば結構違うかもしれませんしね。もう少し暖かくなったら、上下を接続して走ってみようと思いますが、現状では上はアンダーきるとキツメ(正月太ったから…)なことで、ちょっと躊躇。ま、これは暖かくなってからのお楽しみに取っておくとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

パンツ

 というわけで、ようやくバイク乗れたのでお次はパンツ。まったく買う予定のなかったパンツですが、なんとかジャケットが着れたということでついつい欲が…。内装での連結は心配だし、とか言いながらもポチっとしてしまいました。皮のパンツがクシタニのジーンズタイプしかないというのも理由の一つですね。バンクセンサーが無いというでグッときた感じです。

 で届いた製品。書いてあるサイズより小さいイメージというインプレがいくつかあったので大き目を頼んだつもりでしたが、ふくらはぎはチョイきつめくらいで、ウエストも脊椎パッド入れてピッチリという、ほぼジャストサイズでした。危ない、危ない。きちんと下調べしておくものですね。

 皮自体はこれもそれほど悪くない。けど染料はイマイチ?縫製は、まあパーツの多いジャケットよりは少しマシという感じ。それより何より驚いたのが、ウエストサイズに結構な幅があるのに、ウエストの調整機構がなにもないということ!ゴムも入っていなければ、引っ張る紐も付いていません。なんとも大胆というか、サスペンダー必須ということなのでしょうか?もしくはジャケット必須か。

 まあ自分はジャストサイズなので脊椎パッドさえ入れれば問題ないですが、この辺も海外製品ならでは、ということなのでしょうか?型が悪いのか、微妙な立体裁断で今二つくらいフィット感がなかったり、膝の位置が微妙だったり(2時間乗ったら慣れたような気もする)、すその長さが短めだったり(サイズ表で見たときは長すぎ?と思ったのに)。ムムム、な感じです。

 昔昔、上野にダイネーゼを見に行った時のことを思い出しましたが、やはり裁縫やフィッティングなど、製品自体は日本製の方が断然上の様な気がします。とはいえ、自分の比較対象はクシタニとタイチだけですから、物によってはまた違うのかもしれませんけどね。まあそうはいっても、この値段なら十分満足です。もうちょっと履きこめば、もう少しこの製品にも慣れるでしょうし、それよりなにより大変なのは、お正月に増えたウエスト…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

ご挨拶

 すっかりご無沙汰のオートショップ・オオツキに新年のご挨拶に。ようやく乗り初めです。寒いからやめたほうが…と家族には言われましたが、同じ格好でも暖房のない車は寒く感じるのに、バイクはそれほど寒く感じないんですよね。まあ、だんだん寒さがたまってはくるんですけどね。

 新しい皮パンツ(ストレッチ生地の部分が寒そうでしたが、今回は慣らしなのでオーバーパンツなし)をおろして、上はスピーディのロングジャケットという、バーゲンコンビ。バイクにまたがってから上着の内装を付け忘れていたことに気がつきましたが、太陽もまぶしかったのでそのまま出発。結局それほど寒くなかったので、防風性能の高さを再確認できたかたちですね。

 昨日東京行ったらバイクいっぱい走ってましたし、水戸も?と思いましたが、あまり多くはなかったですね。オオツキに行って挨拶するのがメインでしたが、ちょっと遠回りして、田舎の道を気持ちよく走ってきました。いや、やはり寒い時期は空冷エンジンだれなくていいですね。

 久々のバイクに慣れない冬グローブでしたから、なるべくのんびりと。気持ち良い程度にフル加速しながら走れるのは、やはりパワーが公道にぴったりだからですね。そしてこの寒さなのに、困ったことがひとつ。前に暑い時期に表面が溶けた黒いブーツ、また溶けた部分が広がってしまいました。赤はさすがに限界っぽいからこれ使いたいんだけどなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

新年明けましておめでとうございます

 昨年はほとんどバイクに乗れない一年でしたが、もてぎのライパには参加出来たので良しとしましょう。今年はもう少しバイクに乗れる一年になるよう、現在の置かれた環境に対応していくことも大事ですね。大切なのは確かな計画性、とか、どっかの金貸しみたいな感じになってしまいますが…。

 さて、そんなライパですが、今年はなんと土曜日!それだけでもう行けないこと決定ですね。残念です。暮れの方は日曜日ですが、こちらはスケジュール的にも無理な気もしますし、しょうがないですね。せっかくの皮の上下デビューは来年に持ち越しということになりそうです。

 筑波はスポーツ走行だし、袖ヶ浦はちょっと水戸からだと遠すぎるし。まあそれ以前に筑波は寝っぱなしのコーナーが多いというコースが個人的にはパス。これは公道の走りにあまり役に立たないし、最終コーナーの様なコーナーで食われるスピードを上乗せして突っ込んでいくようなコーナーは、スローインファストアウトの自分には相性が悪いですしね。

 まあでも黄色クラスの普通の人だったりすると、進入が逆に速すぎてバイクを安定させるのに精いっぱい(向きが変えられない)だったりして、進入でブレーキ強めで大きく差が開いても、アクセルワイドオープンでゴールラインまでには追い付いちゃう(今のボニーのパワーでは無理そうですが…)なんてこともありますから、むやみに突っ込んじゃえってだけではなんともならないんですけどね。

 年に一度の運動会と称して楽しみにしてるサーキット走行ですが、行けない代わりに少しづつ山の方に走りこみして来年に備えるということになりそうです。5000キロチョイでサーキット3回走っているタイヤですが、フロントもあまり減ってないので経年変化を考えてもそろそろ使い切ってやらないといけないですし、頑張って走らないとですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »