« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

久しぶりに

 午後まで仕事がありましたが、家族がお出かけだったこともあり、本当に久しぶりに山道のほうまで出かけてきました。暗くなる前に帰るということで常陸太田近辺まで、リハビリを兼ねてユックリと。花粉症がひどいので、マスクをしっかりとつけてフルフェイスヘルメットをかぶる。これが結構大変なんですよね、ぴったりしたヘルメットだと。

 しかしまあ、乗れてないです。バンクするのが怖いなんてことは、もちろんないのですが、やはりクイックな旋回には思い切りも必要ということで、まあちょっと大回りしながらでしたが、切り替えしの多い小さいコーナーの連続する山道をフラフラと走ってきました。高速コーナーとかは誤魔化しが効きやすいので、時間も無いしちょうど近いところにあるので、という感じです。

 やはりバイクに対してワンテンポ早めの動きというのが遅れがち。そうするとバイクはクイックに動いてくれないので、ちょっと大回り気味に。まあ、この辺はしょうがないです。景気良くコーナーの中にラインが引いてあるので、それにビビッってのもありますしね。怖いときは無理しても得るものは少ないですから…と言い訳気味に。

 しかし、平地に着いたところでRZ-Rとすれ違ったので、これ幸いと(他にバイクがいなかったので寂しかったというのもある)急いでユーターンして追いかけてみましたが、すれ違った後ではやっぱりなかなか追いつくものではないですね。なんだかんだ言いながら、結局タイヤ端っこまで使ってるし…。しかし、オイルの焼けた臭いを追いかけて、ってのはなんだか懐かしい感覚。2ストってほとんど見なくなっちゃったしなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

モト3

 モト3ていう単気筒250のバイクのレースが始まるそうですが、単気筒の250っていうと、結構楽しそうですね。昔のSRXを筆頭にする単気筒250は、あまりのノンビリさにガックリきてしまうことが多かったのですが、今の技術とインジェクションなら、もっと楽しいバイクを作れるのでしょうか?

 レプリカというか、市販車レース用に最初から国内4メーカーでレギュレーションの様なものを決めて、それに沿った単気筒250のスポーツバイクをだしてくれると嬉しいですね。一定の線を決めておけば、コストが過大になりすぎるということも防げるでしょうし、なにより市販車のレースをするときにもイコールコンディションで戦えます。

 かつてのレプリカブームの反省を生かして、こういう取り組みをしてみても良いのでは?と思ってしまいました。エンジン出力、最低重量、ブレーキ(シングルで何ミリまでのディスクとか)、タイヤサイズの均一化、フレームの素材とか、販売価格上限まで、コストをかけなくても楽しめる様な取り組みができたら良いのにな、と。

 まあ、国内向けの新規スポーツバイクなんて開発できないよ!と言われそうですが、こういう取り組み込みなら、意外と海外のユーザーも(メーカーも?)興味を持ってくれるんじゃないかな~と淡い希望を持ちながら、なんとなくイメージで書いてしまいました。若いバイク乗りが適度なバイクできちんとライディングを楽しみながら勉強できそうで、良いイメージがあるんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

ロッシュ

  別冊モーターサイクリストをぱらぱら見ていたら、あら懐かしい顔が。元GPライダーのレイモン・ロッシュですね。すっかり白髪になっちゃって、でもよく考えてみるともう50超えてるんですよね。そりゃ自分も年取るわけだ。先日見たローソンが意外と若く見えただけに、ちょっとビックリしましたが。

 今はヘルメットの会社をしてるみたいですが、クラシックなジェットヘルメット、そういえばレイモン・ロッシュが~という記事を見たような記憶がありますね。一時シャークヘルメットで働いていたそうです。引退したGPライダーの消息とか、ほとんど情報が入ってきませんから、元気そうでなによりだと思いました。

 ストレートエンド200キロ以上でYZRに放り出されたこともあるロッシュ、今でもバイクに乗っているというのも嬉しいですね。元GPライダーで、現役時代はトラクション、トラクションと言っていたロッシュの現在の愛車はトライアンフのスクランブラー!そういうスタイルのヘルメットを造っているから、というのもあるのでしょうが、これにもビックリ。

 でも、やはりトライアンフのモダンクラシックってちょうどいいんだろうな、と思いましたね。50過ぎてSSってのもありかもしれませんが、わかってる人が必要十分と認めるというのがとても良く共感できます。まあ、自分は速かった人でもなんでもないですけどね。そういうわけで、なんだかとても嬉しくなってしまったので、ついつい記事にしちゃいました。1ページで、バイクに乗った写真もないのは残念でしたが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

雪…

 今年の水戸は例年になく雪が降ります。まあ、ふってもうっすら積もるくらいなんですが、今年は回数が多くて困ってしまいますね。普段ほとんど雪の降らない土地ですから、交通が混乱するというのがいちばんですが、個人的に一番困るのは山の方が雪が積もって、日陰側が融けないってことですね。

 今日は!という日があっても、ああそうだ、雪が残ってるかもしれないし…と山に行くのを躊躇してしまうというのが困るんですね。超いいお天気だからと行ったら雪は残ってる、凍結してる、水が流れてるというのを何度か経験していると、山の方へ足が向かない→今日は乗らなくてもいいかという流れになってしまうことがあって…。

 まあ若いころはその辺ぐるぐる回ってこようと出かけましたが、年のせいか腰が重くなってしまって、結局今年は花粉症が治まるまで冬眠、ということになっちゃいそうです。雪国の人から見たら、なんて贅沢なという感じですが、関東平野で雪も降らないところに住んでいるとこうなっちゃう様です。

 普段使いの250でもあれば…といつも思うのですが、家族の手前、増車というのはありえませんし、スポークホイールやメッキパーツの多い(そして錆やすい)ボンネビルの掃除が大変、ってのも濡れた道へ乗り出すのをためらう一因になっているんだとは思うのですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

エコタイヤ?

http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2010/sri/2010_095.html

 大型ツーリングバイク用的な感じなのでしょうか?まあ自分には関係ない分野の様な気がしますし、なによりマイナーサイズのバイクに乗っているとサイズ自体がそもそも存在しない(ここ20年は選択の余地はほとんどない状態)ですから、ひとごとではありますね。

 しかし、長距離ツーリングメインの人には嬉しい選択肢?センター部分だけ燃費用にしているという感じなんでしょうね。バンクした時にグリップないのは怖いですし。昔のBSのタイヤでも(サクトって言ったっけ?)3分割タイヤ使ったことありますが、意外と普通のタイヤと変わらないので、これもテストしてるだろうし段減りとかしないんでしょう。

 しかしセンター部分の接地面積を増やしって書いてありますから、バンクし始めが最初からちょっと重めってことなんでしょうかね?三角形のタイヤとは全く違いそうですし、フルブレーキングでの感覚も知りたいし、試乗の機会はないかな。車以上にハンドリングに差が出るタイヤですから、やはり慎重になる人も多いんでしょうけど、どうなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

国産電動レーサー

いやいや、寒いですねぇ。そろそろ花粉も増えてきたし、早く夏が来ないかなという気持ちがつのる今日この頃。

電動バイクでマン島に参戦、という記事を見つけたので貼りに来ました。以下のリンク参照。

http://prostaff-jp.com/index/index/page/news.htm

まあマン島ですから、事故なく追われればOKという気持ちで完走を目指してほしいですね。毎年の様に人が大勢亡くなるのは、やはりバイク界にとってもレース会にとってもマイナスですからね。

それにしても最近の電動バイク界は動きが活発。ヤマハのアレくらいしか話題のない日本のメーカー大丈夫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »