« バイクは乗れなかったけど | トップページ | 柔かく »

2011年5月 9日 (月)

ちょっと気になったので(チョイ直し)

 まあたいしたことではないのですが、最近雑誌でも自分の言う様な事が取り上げられたりしてるので、見た目はそれらしい人も増えてきて喜ばしい限りなのですが、どうも上半身の力が抜けてない。とくにブレーキング時に雑誌の記事を見てやってるのとハンドルを抑えるのが混じっちゃって、変なフォームになってる人も。

 あれこれ言ってるけど、基本的にはハンドルに余計な力を加えない、バイクの旋回力を生かすためにブレーキングから進入がスムーズに繋がる様に、突っ張って固定しちゃわないってのがやりたいことだと思います。そのためにどうするか?なのですから、きちんと目的と方法を分けて考えないといけないですね。

 シートにどっかり載る、ハンドルを抑えない様にグリップの握り方にも気をつけながら、ブレーキレバーを絞っていく(2段階と良く言うけど、ギュ~ウとフロントフォークが沈むとこまでスムーズに立ちあげながら、縮まったところでフロントタイヤの限界までグーッとブレーキを引いてやればいい)だけのこと。その時減速Gに負けてハンドルで体を支えない様に、ですよね。

 ま、習うより慣れろなんであとは自分で考えて、と放り投げちゃうんですけどね。基本的にはシートを地面に押しつけるようにと言ったシート荷重と同様に、フルブレーキ時にはステアリングヘッドを地面に垂直に押し付けるイメージ(あくまでイメージ)が大事、と言っておきましょう。フォークの縮まる方向じゃないですよ。シートと同じ真下方向。

 つまりブレーキングは、シートとハンドル、体の接している部分(ステップは複雑なので除外)を真下に押しつける(もちろん力を入れるのじゃなくて、逆に力を抜いてバイクに体重を預ける)様にイメージするのが良いかな?≒車体を真下に沈める様なイメージで、でしょうか。あくまで主体は尻とシートの関係ですが、ステアリングヘッド側も同じイメージ(こちらは実際には荷重しない、肘から先の前腕部の力を重力に引かれる様に抜く感じ)ということで試してみるとヒントが得られるかもしれませんよ。

|

« バイクは乗れなかったけど | トップページ | 柔かく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと気になったので(チョイ直し):

« バイクは乗れなかったけど | トップページ | 柔かく »