« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月14日 (金)

見るからに遅くても楽しんでます

 前回ポジションのことを書きましたが、自分のように山道走るのが好きで、なおかつ決まった道ばかりを走るわけでもない、たまにはサーキットも走るというのは、正直ボンネビルとは相性が良くないだろうと言われることもありますが、80年台前半くらいまでは、ごく普通だったと思うんですけどね。レプリカというか、SSが凄すぎるだけなんじゃないでしょうか。

 山道行ってもバイクとタイヤの性能におんぶに抱っこで、傍から見てると危なっかしくて怖いライダーさんが多いと感じるのは、自分が年寄りの余計なお世話人間になってしまったから、というだけばかりじゃないと思うんです。数字的性能でしかバイクの魅力を語れないというのは残念な気がしますが、日本人は数字好きだしねぇ。メーカーもそれしか強調してこなかったし。

 自分の好きな、知らない道をリズミカルに、というのは速すぎるSSではなかなか難しい。ちょっと真面目に加速すると、進入のブレーキングに厳密さを要求されるし、進入速度が遅すぎちゃうと曲がるのもギクシャクしちゃったり。そういう点ではとても気楽に乗れるんですよね、こういうバイク。ちゃんとアクセルも開けていけるし、リカバーもききやすいし。

 まあサーキット行くと、セカンドバイク欲しいなぁ~と切実に感じることもありますが、無理に人と競らなくていいというのは逆の意味で楽だったりします。ストレス溜まらず楽しめる人なら、自分のライディングに集中できるというのが一番の利点かな。まあ、バシバシ抜かれまくりが気にならないならですが・・・。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

ポジションが気になったり…

 今回はユックリ走ったということで、普段はあまり気にしないようにしているライディングポジションも結構気になってしまいました。現状、スクランブラー用ゲルシート、スラクストンのバーハンドル裏返し、この二つだけオリジナルとは違っています。普段はこれでも大体は満足なんですが、気になり始めると、結構気になったりね。

 普通の人と違うらしいのですが、個人的にはハンドルがもっと垂れ角が欲しいです。結構垂れ垂れでも困らないのですが、フラットに近いハンドルは疲れます。手のひらの小指側が痛くなるし、腕も肘が持ち上げられるので疲れが。ハンドル切るときも(勝手に切れるのですけれどね)妨げやすくなるし、切り返しとかでもハンドルが邪魔です。

 普通にまっすぐ走ってるときでも、ハンドルに寄りかからないので垂れ角があったほうが楽なんですよね。超低速域でも乗りやすいし、という話を人にすると“馬鹿じゃないの?”という目で見られるどころか、直接言われますしね。ちょっとこの辺は特殊な趣味といったところでしょう。ちなみにステップは現状で満足。もうちょっと高くても良いけど、そうするとシートとの兼ね合いで足がツライですから、このスタイルのバイクでは不必要でしょうね。

 シートはノーマルよりちょっと高いので足が楽ですが、シートの角が角ばっているので、長距離ではモモが痛くなったりするのが難点です。でもやはりゲルシートは楽でお気に入りです。しかし、ステップ位置はノーマルでもかなりバックステップ気味なので、余計に垂れハンドルが欲しくなるんでしょうね。腰を落とすタイプのライダーなら、これ以上バックステップにすると逆に乗りづらいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

ぶらぶらっと、

 日曜日はお散歩以降ということで、ボンネビルでフラフラと出歩いてきました。どこ行こうかなぁ?ということで、とくに目的地も決めずに出発。結局用事を済まして、そこから一番近い6号国道を北へ向かって高萩へ。花貫渓谷を抜けて山道という、グッツィ乗ってる頃にはたまに走ったルートにしました。

 まっすぐダラダラと走るのはあまり好きではないのですが、たまにはそんなのも良いかなという気分だったので。途中日立の澤畑モータースさんの前を通りましたが、モトグッツィが置いてなかったですね。店頭にあったらちょっと眺めさせてもらおうと途中から考えていたので残念。またの機会に。

 途中スプリント900にすれ違って、おや?と思ったらスピードマスター(アメリカ?)ともすれ違ったり、珍しくトライアンフデイでした。茨城でトライアンフって、本当に全く見かけませんからね。RZV500なんかも2台見たり(ライダーが違うから違うバイクだと思う)、ちょっと変わったバイクの日?

 とりあえず花貫ダムの見学をして…と思ったら展望台は立ち入り禁止の様でガッカリ。まあ、渓谷の眺めを見られたので良いか。そのあとはいつもの山道につながっているのですが、ここも今回は前を走る乗用車にあわせてユックリと。たまには目を三角にしない走りも大事ですよね。コーナーのライン取りとバイクの挙動、荷重の増減をじっくりと感じながらノンビリ。それにしても、もう山の中はかなり寒いですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »