« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月

2011年11月26日 (土)

サイズが合わないし

 自分は長年アライヘルメットのユーザーでしたが、次期ヘルメットの候補は帽体の形状的に、入口に余裕のあるヴェクターしか候補に上げていませんでしたが、久々に試してみようと思い、IQとRR5をかぶってみようとしたのですが、今使っているLサイズでは、どんなに顎紐を引っ張っても頭に入りませんでした。

 XLはゆるくて今L使ってるんだけど…とアライの人に聞いたら思いっきり引っ張れば入ります的なことを言われるんですけどね。どう考えても無理です。顎紐の基部が傷みそうな勢いで引っ張っても(お店の人、ゴメンナサイ)、まったく頭が通りません。かといってXLをかぶると、余裕で左右に動かせるほど緩いのですよ。

 というわけで、現在自分に使えるアライヘルメットはヴェクター一択という状況には変わりはない様です。というか、Iシールドに移行しようと思うと、ぶかぶかのヘルメットをかぶるしかない状況ですね。前に聞いた時にはXLをLにする内装は無い、って言われましたしね。ゆるくて動いちゃうヘルメットを買うわけにもいかないということで、やはり自分は他のヘルメット変えなくてはいけない様ですね。

 ベルはちょっと心配だし、その割に割高で却下、HJCはやはりかぶった時のフィット感がイマイチで却下。ということでショウエイかOGK?OGKはLのサンプルがなくてサイズがわからないので、現時点ではショウエイしか選びようがない感じですね。しかし見るとやたらとシールドが高いし、どうもヘルメットの外形がなぁ…。今のところXR1100かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

久々にオオツキ

 来年2月に車検になってしまう様なので、12月に入ると相談にもいけなそうだし…ということでボンネビルでオオツキまで行ってきました。しかし乗ってないなぁ。前回の車検から1000キロ乗ったんだろうか…という様な状況なのは、我が家が行動が家族単位である、というのが一番の理由ですね。スーパー行くにもみんなで、だったりしますし。

 まあそんなこんなで、子供が勝手に出歩くようになるまでは、超ローペースが続きそうですが、そのうち乗れなくなりそうなのが怖いですね。ボンネビルだとたま~に乗ってもフルに近いとこまで持ってけますが、SS系は怖くて乗れないだろうな(と言いつつ、試乗するとフルスロットル、フルブレーキだったり…)。

 オオツキはちょうどBMWを買いにいらしていた方がいた様で、ほとんど話は出来なかったのですが、久々にBMWのスーパーバイクを眺めたり、昔馴染みのお客様とご挨拶したり、楽しかったからいいかぁ、という感じです。どうせ出すのは1月ですし、年が明けてからまた行きましょう。

 そしてついでに近くにある南海部品にヘルメットを見に行ったのですが、セール品というやつがサイズ合わないのばかりで…。それより大変だったのが、アライならヴェクター一択というのを、Iシールドのもやっぱり候補に入れようとかぶってみたのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

適当なことを書いてみると…

 ロッシのシモンチェッリのスペシャルヘルメットのビデオが“Rossi pays tribute to SuperSic with special helmet”としてモトGP公式にあがっていますが、このスロービデオ見ると、ロッシがハンドルにしがみついていない、というかひじや手首はわりとフリーになっている様子が見えますね。

 まあ、どのくらいのペースで走ってるかにもよりますが、ホンダワークスの2人ペドロサ、ストーナーとかロッシは、シートからの荷重重視的なスタイルに傍からは見えます。肩を見ると、すぼんでいるというか、力が抜けている感じですもんね。シートと内側ステップあたりでコントロールしながら、必要に応じてハンドルの入力も、という風に見えます。まあ見えるだけでわかりませんけどね。

 でも、速いライダーのライディングスタイルを真似るにしても、ハンドルにかぶさる様なライディングでは見た目が違うものになってしまいますしね。この3人は上半身がインに落とし込んで、というより、積極的に動かしながらマシンをコントロールしているという点でも似てるような気がします。

 コーナリング中にステアリングヘッドの中心に頭が来る様な感じも一緒ですし、コーナーも頭からというより、肩腰から入って行くイメージに見えますね。調子が良い時のロレンソが、頭からコーナーに入って行く(小排気量的ライディング?)のとは全く違って面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »