« 見るからに遅くても楽しんでます | トップページ | 久々にオオツキ »

2011年11月 5日 (土)

適当なことを書いてみると…

 ロッシのシモンチェッリのスペシャルヘルメットのビデオが“Rossi pays tribute to SuperSic with special helmet”としてモトGP公式にあがっていますが、このスロービデオ見ると、ロッシがハンドルにしがみついていない、というかひじや手首はわりとフリーになっている様子が見えますね。

 まあ、どのくらいのペースで走ってるかにもよりますが、ホンダワークスの2人ペドロサ、ストーナーとかロッシは、シートからの荷重重視的なスタイルに傍からは見えます。肩を見ると、すぼんでいるというか、力が抜けている感じですもんね。シートと内側ステップあたりでコントロールしながら、必要に応じてハンドルの入力も、という風に見えます。まあ見えるだけでわかりませんけどね。

 でも、速いライダーのライディングスタイルを真似るにしても、ハンドルにかぶさる様なライディングでは見た目が違うものになってしまいますしね。この3人は上半身がインに落とし込んで、というより、積極的に動かしながらマシンをコントロールしているという点でも似てるような気がします。

 コーナリング中にステアリングヘッドの中心に頭が来る様な感じも一緒ですし、コーナーも頭からというより、肩腰から入って行くイメージに見えますね。調子が良い時のロレンソが、頭からコーナーに入って行く(小排気量的ライディング?)のとは全く違って面白いですね。

|

« 見るからに遅くても楽しんでます | トップページ | 久々にオオツキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適当なことを書いてみると…:

« 見るからに遅くても楽しんでます | トップページ | 久々にオオツキ »