« 意識の切り替えのきっかけとして | トップページ | 頭なんですが、 »

2012年5月25日 (金)

背筋を伸ばして

 前回の続きではないのですが、自分が良くわからないライディングテク。ブレーキングはもちろん、タイヤをこすりつける様なバンク中の加速時でも、そうするメリットが自分にはわかりません。誰か教えてくれないものか…と思っています。フロントブレーキしか使わないとかの、リアが浮いてることを前提とした特殊なライディング的ななにかなのかな?

 荷重というのはかけることが出来るということ≒抜くことができるですから、増減が感覚としてわかるようになると、背筋を伸ばすことは荷重が抜けるに近いことだとわかってくるんじゃないかと思うんですけどね。なにか違う特殊なテクニックがあるということなんでしょうか?

 ブレーキングでは当然、リアシートに全体重がかかる様にしなければなりませんが、背筋を伸ばすと…。タイヤをこすりつける様な加速でも、トラクションの方向のコントロールとか、スリップした時のスライド量のコントロール、オーバースライドのリカバーとか、常に柔軟性が要求されるのに…。うーん、わからないなぁ。

 というわけで、だれかこの答えを教えてくれないものか、と思っています。25年以上乗っててもわからないことはわからない。いやいや、バイクのライディングってのは奥深くて楽しいものですね。できることならば、みんながそれ相応の対価を払うことなく、上手に乗れる様になってくれると良いんですけどね。

|

« 意識の切り替えのきっかけとして | トップページ | 頭なんですが、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背筋を伸ばして:

« 意識の切り替えのきっかけとして | トップページ | 頭なんですが、 »