« もてぎに向けて | トップページ | 意識の切り替えのきっかけとして »

2012年5月21日 (月)

フィル・リード レプリカ

120519_215301そんなわけで、予定よりはだいぶ早く到着したヘルメット。

 ちょっとイギリスが主張し過ぎな気もしますが、まあイギリスバイク乗ってるし、トリコロールのヘルメットやつなぎもたいして変わらないか…と自分を納得させて。この3本角のヘルメット、ライパの写真なんかを見ていても、走行状態でカッコよく写らない傾向にある様な気がしますが、どうでしょうね?狭い範囲に白い角が密集してして、なおかつ角が太いということもあって…という部分で難しいのでしょうかね。

 さて、今までのLサイズを止めて初XLですが、大昔のラパイドのサイズに非常に近いですね。25年前に初めて買ったラパイドが、やはりこうして頭頂部で支えて(もうちょっときつかったかな?)、頬が緩かった(このクアンタムの方が多分キツイ)のをハッキリと思いだすほどサイズが近い感じです。内装は昔のもっと毛が多くて夏汗でベッタリするのとは隔世の感はありますけどね。

 帽体の大きさも口がくっつかなくなったので、個人的には外見なんか関係なく気に入りました。なによりかぶりの浅い感じが無くなったのは良いですね。昔のギガまではこんな感じでした。そして当時より確実に軽いです。昔のDリングも個人的は好きなんですが、今のプレスのものの方がしっかり感は上ですね。

 久々にまともにかぶれるアライを手に入れてウキウキですが、キープコンセプトのアライですから、サイズとデザイン以外は新鮮味は全くないですね。ついついショウエイやOGKに手を出してしまいたくなる気持ちも良くわかります。自分はあと5年使えば50超えちゃいますから、新しいヘルメットなんて、多分買うとしてももう一回くらいかなぁ…。

|

« もてぎに向けて | トップページ | 意識の切り替えのきっかけとして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィル・リード レプリカ:

« もてぎに向けて | トップページ | 意識の切り替えのきっかけとして »