« 立ってみる | トップページ | 近くて良かった »

2012年10月11日 (木)

立ち乗りも面白い

 まあそんなわけで立ち乗りですよ。普通に単発のコーナーならブレーキングをきっかけとしてイン側のつっかえ棒を外すだけなので簡単(でもない?)ですが、複合コーナーとなると、やはりきちんとしたライディングが必要です。座った状態でどういう風に身体が動いて、どこからどうやって加重が変化していくのか、マシンホールドが不自由でもハンドルをフリーにしてきちんと切り返すには…と、ゲーム感覚でマシンの動かし方が良くわかります。

 ただ、この走り方の難点として、立った状態から座ってみると、椅子が低すぎると感じたり、マシンを動かすのにリーンウィズではものたりない…と思ってしまうことでしょうか。ついついお尻が落っこちてしまうほどに腰を落として走りたくなってしまうのですよね。普通に座ってると加重しきれない…という感じがしてしまって。

 そして自分は普段かなり後ろよりの乗り方なのに、バンク状態でフロントタイヤにきちんと荷重したくなってしまいます。クラシック風味のボンネビルでさえ、フルバンク状態でその方がちゃんと曲がりますし。でも結局パワーも足りないし、バンク角も足りないバイクでソッチ方面へ行くのは間違いという気もするので…。

 まあ一番難しいのはブレーキングでしょうね。加速はライトに被る様にしてやればボンネビル程度の加速はごまかせますが、さすがに足首と膝周りだけでフルブレーキングに耐える事は難しい。普段あまり押さないハンドルバーを使わざるをえないわけで。それはあんまり好きじゃないんですよね。とまあ、そんな調子で能天気に走ってきたわけですが、道路の荒れとかに対応するのが遅れるので、本当は下見してからやるべき事だったりするのですよね。

|

« 立ってみる | トップページ | 近くて良かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち乗りも面白い:

« 立ってみる | トップページ | 近くて良かった »