« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

ヘルメット

 バイクに乗っている時の顔、と言えばヘルメット。オシャレだったり、可愛かったり、でももちろん安いやつで、というのが若い子の選択の条件なんですよね。プロテクションは?とか、実用性能は?とか、そんな事は二の次でございますですよ。こういう部分はもちろんドラマやアニメでも一緒ですね。

 最近つくられた“わんおふ”という女子高生とバイク(スクーター)のアニメでも、半キャップ率が高いですし、製作協力がホンダなんだからもうちょっとなんとかならなかったのか?と思ってしまいますね。将来のバイク人口のためにも、ちょっとした事故やスリップダウンでさえ重大事になってしまうヘルメットを採用すべきじゃない、と思ってしまいます。なにより主人公がジェットタイプですし。

 アニメを見て、最近のバブルシールド付きの安いヘルメットってどんな感じ?って用品屋さんでさわってみたのですが、帽体がペラペラなのは良いとしても、緩衝材が薄くて固いものだったり、フリーサイズでLサイズ以下の人はまともに頭に固定されないとか、乗車用としてどうなのよ?ってのばかりでガックリしたからです。

 まあ、業界も棲み分けの暗黙の了解があるのかもしれませんが、アライだってS-70とかにカワイイ塗装なりシール貼りつけを行うだけで、購入者がバブルシールドをつければそれほど高価でなく数段違いの安全が手に入るというのに、そういうのには手を出そうとしないですもんね。売れないし、しょうがないこと、なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

C 600 sport

 鋭い加速をみせるだけあって、コーナリング性能も結構高そうです。滑った時に怖そうな小径タイヤですから無理はしませんでしたが、コーナリングも、きっちりとバイクの様に乗らないと良く曲がらない設定ですね。意外と足回りは固すぎないのですが、加重をかけて、体をインに入れていかないと良く曲がってくれないのは、さすがスポートというところでしょう。

 中途半端に乗っていると、フロント側が遠くで大回りして、接地感も希薄になりがちですから、きちんと乗らないといけないですね。フロントブレーキが握りこめば効いてくる設定なのは良いのですが、もう少しリニアな感じに立ち上がると良いですね。パニックブレーキとかでフロントを握りこみすぎると、ABSがあっても体が前に滑って、まったく別のところでパニックになりそうです。まあ、慣れでしょうけど。

 元気で良いなと思ってたエンジン音がだんだんと耳について、そのうち音圧で疲れてきてしまうのも含めて、若者向け、しかも普段の街乗りというよりも、週末の楽しみ的な使い道が好ましいのでしょうかね。結構ピンポイントな立ち位置の様な気もするので、検討中の方はゆっくりと試乗させてもらうのが良いかもしれません。そういう意味で、もうひとつGTが豊かな装備と変わらない値段で用意してある、ということなのでしょうね。

 まあでも、やっぱりシートが高すぎ、幅が広すぎるので、せっかくの運動性をスポイルしてシャコタンやローシートを用意するより、現在のシートの前端部のシート幅をガッツリと削ることによって、街中での足つき性の向上をはかるのが良いのでは?と思いましたね。

 音に関しては、ちょっと固い音が疲れの原因になってる様な気がするので、もうちょっと音質をマイルドにしていただけると良いかな。音量だけで言えばルマンの方がはるかに大きかったけど、こんなに疲れなかったのは音質のせいでしょうかね、やっぱり。特に街中等で優しくアクセルを開けた時の音の改善をしてもらえると、普段使いにはもっと好ましいかも。しかし、つくりもガチッとした感じだし、国産の様に変にマイルド過ぎないところは好ましいです。宝くじが当たったら…でも自分はスクーターは110位が好みかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

C 600 sport(@オオツキ)

 日曜日は雲一つない良い天気でした…。家族はお出かけで時間もあるし…。無いのはバイクだけでした。というわけで、車で仕事関係のお買い物をしながら、オートショップオオツキへ寄ってみました。目的はBMWの大型スクーター、と言いたいところですが、実はその存在をすっかり忘れていました。「試乗してみる?」と言われれば、もちろん「します、します。」ですけどね。

 というわけで大型スクーター。実は250超えのモデルは初めて。ちょっとドキドキしながら、でもスクーターだし大丈夫だろう、などと甘い考えで。まず、足がつきません。180センチの自分(足は短い)でもかかとが浮くし…。サイドスタンドを外さないと、ブレーキがかかっていて転がしそうになります…(あ、でも坂道では便利だね)。

 まあそうはいっても、走り出してしまえばこっちのもの。止まってる時に静かだったエンジンが結構アグレッシブな音なのにビックリしながらスタート。うん?15キロ以下でもピタッと安定していて、片手ハンドルでも走れるのは良いですね。ブレーキも立ち上がりが急じゃなくて扱いやすいし、アクセルの開け始めも神経質すぎないで乗りやすいですね。

 とはいえ、ひとたびアクセルを大きく開ければボンネビルなんて目じゃない加速と、ちょっと力を入れて握りこめばリアが浮きそうなほどに効くブレーキで、どう見てもボニーの倍は速そうです。まあ、フルブレーキングしようとすると、ホールドしにくいシートと突っ張らないと体を支えられない足元ということもあって、パニックブレーキには要注意な感じですけどね。(続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

ダラダラと…つ

 さて、前回足をどうこうという話をしましたが、コーナー進入時に足を外してターンインに合わせて戻すというライディングが頭に浮かびますね。あれっておもに重心移動と上半身の自由度がメインだと思うんですけど、そう考えてみると、意外と外足も関係あるのかも。

 インの足を外すとバイクはちょっとでも外側に傾くでしょう。そのあと足を戻すとバイクは元の位置に戻る方向に動くことになります。ここで大事なのは、傾けていくという動作のきっかけ、力の抜き方、その方向が明確になるということですね。その方向に向けて、力を抜いていくというか、加勢していくと…。

 足を戻した時に、フレームのイン側をバイク側に押し込む様なイメージで上半身(脇腹)をフロントタイヤの接地する方向に入れていく(実際はバンクするだけ)、外足をタンクに預けるようにして力を抜いていく、外足の側にあった重心の意識をイン側の腰に移動する、みたいな感じでしょうかねぇ??正直この辺はなにが起こってるのか、ハッキリとわかっている人は少ないでしょう。自分もわかりません、から想像してイメージして試して書いてみるわけです。ヒントにでもなればとね。

 バイクによっても、体格によっても、路面によっても、大きく違ってきてしまうこともあるでしょう。というわけで、こんなんイメージで書いてみました…というのを、各自に想像して、創造してライディングを組み立てて欲しいなと思います。それが体を使うハンドリングが面白いバイクの楽しみだし。同じことをやるにしても、表現が違ってきてしまうというのは、バイク雑誌のライディング講座を見ても明らかですしね。

 そうそう、モンツァのラリーショーの映像がユーチューブにあがってましたが、ロッシのドライビングはスムーズですね。無駄なスライドをさせず、すべての動きにつながりがあって、旋回から加速への移行がスムーズで。派手さが無いのがファンにはイマイチかもしれませんが、好成績の方がみんな喜びますし、ロッシもマジですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

ダラダラと

 と、前振り放置しといて今更本題に。というか、なんとなくダラダラと思うままに書く記事なので、スミマセン。

 コーナー進入で腰を大きくずらしてブレーキングをする。ごく普通の動作ですね。ここでマシンは、大きくイン側にずれた体の分バランスをとるための無意識の動作を行わないと不安定になりますね?安定させるのにイン側の足で調整してる様なイメージがある人も多いでしょう。確かに腰をずらしてイン側の足を外すと、マシンが傾いたりしますもんね。

 でも、ここで注意しなくてはいけないのは外足です。外足?なんで、って思うかもしれませんが、大きく腰をずらして外足外してみてください。バランスとるの難しいでしょう?腰をずらして両足外すとフラフラですが、ここでイン側の足を乗せても強く安定しません。そう、実は落とし穴じゃないですが、外足って凄く安定させるのに重要なんですよね。

 はあ、重要なのはわかったけど、それがなに?ですよね~。安定するってことは、マシンの運動性をスポイルさせているに≒でしょう?違うかな。つまり外足そのままバンクさせようとしても、ゆっくりとしかバンクしなかったりします。そんなことはない、って人はちゃんとバンクに合わせてコントロール出来てるんですよ、多分。

 とまあ、こんな感じで、なんとなく思ってることを正しいか、間違っているか関係なく、ダラダラと書いてみたわけですよ。だからそれがどうした、って話ですけどね。秋から冬の長い夜に、なんとなくバイクのことを考えてみようというだけの話です。ライディングを自分なりに理解していくには、考えて思ったことを次にバイク乗った時に試してみよう…と思うのが大事なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

つぶやき~

 クイックなバンクというと、力任せに…というイメージがある様ですが、逆に力が入っているとクイックなバンクにならない、という罠がありますね。フロントのブレーキを引きずりながらの繊細なコントロールが必要なバンク、力任せにやれば限界点が下がってしまうのは考えるまでもないですね(短時間なら上手くいくかもだけど、タイヤが激しく減るし)。

 そういう時は、やはりバイクの持つ本来の運動性能をうまく引き出したうえで、先行して自分が動いていくことで更に加勢してやるというのがやはり好ましいのではないでしょうか。ハイグリップなタイヤなら関係ないとかいう人もいますが、タイヤの消耗も変わってきます。レースディスタンスのグリップとか、交換サイクルとか、長い方が良いに決まってますしね。

 と書いたのも、前回のケニーパパの言葉じゃないですが、インのステップを踏みこむとか、外側のタンクを押すとか、イン側のハンドル(以前はアウトって言ってた…よね)を引っ張るとか、そういうので受けるなんとなく力技でなんとかなりそうなイメージは正しくないよなぁ~と思うからです。実際、切り返し以外の場面でケニーパパが力任せって見たことない気がしますしね。

 やり方は人それぞれでも、やはりバイクの性能を引き出すのが大事、ということですね。そういう意味でも、ライディングが固まる前からスーパースポーツに乗ってしまうのは、非常に自分のライディングの幅を狭める様な気がする今日この頃でございます。どうしても曲がりすぎる、走りすぎるを抑制する走りになりがちですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

コイル?

 というわけで、コイルを交換してみよう、ということに。怪しい純正でもしょうがないので、海外からノロジーを取り寄せようか…ということで、しばらくバイクは封印。これで解決してくれると良いなぁ~ということで、しばらくオートショップオオツキの裏の方に置かれている感じですね。

 そして話は変わってケニー・ロバーツ。前にインのステップ踏むのは~ということを書いた気がするけれど、バンクする時タンクを押して、イン側のハンドルを引くとか言ってるらしい?ケニーパパ、言葉が少な過ぎるよ…。そのままやったらバイク寝ないじゃん…。聞かれたから、自分なりの解釈を聞いた人には答えたけど、レーサーでもない自分には、ほんとはちょっと自信が無い説明。

 タンクを膝で押す。これは外足でホールドしてる足がバンクしていくときにタンクに当たってる状態そのまま。特に押したりしてるわけじゃない、というのが自分の解釈。じゃあどうして押してるという表現になるかというと、前に書いた“腰をずらしてイン側に傾こうとしているバイクのイン側の、起こそうとしていた力を抜いて、イン側のフロントタイヤの内側のバンクしていく先のところに落ち着く様に、一気にバイクに抵抗しないで倒れていく時の外足の感じがそうだから”…って、なに書いてるんだか良くわからん。

 でも押すというより、バイクのフロントタイヤの先行していく位置にバイクを倒す時の、その感覚がそんな感じだと思う方が健全じゃないかと。そして、多分同じ時に書いたはずのフロントの取り扱い、イン側内側に入っていくタイヤの行く手を妨げない様にイン側の肘を地面に向かってだらんと垂らすようにイン側のハンドルを引くイメージがハンドルを引くという言葉になってるんだと思うんだ。

 単純にやっても出来ないことを普通に言ってしまうのは、やはり普通じゃない人だからこそかもしれませんね。逆に感覚的に乗っていて、挫折して一からライディングを考え直さざるをえなかったスペンサーのスクールの方がわかりやすいのかも(内容は見たことないけど…)。しかし、ライディングってシンプルだけど、複雑で難しいですよね。特にSS系に乗ってる人は、曲がり過ぎるバイクをどう誤魔化して曲がらなくするか、になってる場合もあるんで尚更ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

近くて良かった

 久々に記事を書くのに内容が…。というわけで、ハイ、またエンジン止まりました。気まぐれに止まるのはなんでしょうね?やっぱりコイルあたりが一番怪しいのかな?ストンと止まって、まったくかからなくなってしまうので、怖くて乗れない病が再発しそうです。なにより、どこをどうすれば復帰するのかがちっともわからない。

 まあタイトルの様に、今回は止まった位置がラッキーでした。オートショップオオツキを出て、わずか25メートルほど。最初の角を曲がって、アクセルを開けたら失火してそのまま…。というわけで、押してバイク屋に戻ることができました。まあ、これは結構恥ずかしいんですけど(押して戻るというのが)、引き取りに遠くまで来てもらわなくて済んだということで。

 そういえば前回も今回も、走っているときに止まるときには、必ずバンクしてアクセルを開けた瞬間ですね。なにか理由があるんだろうか?朝乗り出してわずか3キロほどと、今日はオオツキまで10キロほど走って、20分ほど休憩してから走り出してすぐ。どちらも熱くなるほど乗っていない状態ですね。

 2回ほど北茨城の山の方へ行ってみましたが、そのときじゃなくて良かったですね。引き取りの料金を考えると、タンクおろして、ヘッドライト開けて…まで試さなくちゃならないとこだった(そのための工具一式は最近バッグに入れっぱなし)。今回預けてきたので原因がわかると良いんですけど…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »