« つぶやき~ | トップページ | ダラダラと…つ »

2012年11月22日 (木)

ダラダラと

 と、前振り放置しといて今更本題に。というか、なんとなくダラダラと思うままに書く記事なので、スミマセン。

 コーナー進入で腰を大きくずらしてブレーキングをする。ごく普通の動作ですね。ここでマシンは、大きくイン側にずれた体の分バランスをとるための無意識の動作を行わないと不安定になりますね?安定させるのにイン側の足で調整してる様なイメージがある人も多いでしょう。確かに腰をずらしてイン側の足を外すと、マシンが傾いたりしますもんね。

 でも、ここで注意しなくてはいけないのは外足です。外足?なんで、って思うかもしれませんが、大きく腰をずらして外足外してみてください。バランスとるの難しいでしょう?腰をずらして両足外すとフラフラですが、ここでイン側の足を乗せても強く安定しません。そう、実は落とし穴じゃないですが、外足って凄く安定させるのに重要なんですよね。

 はあ、重要なのはわかったけど、それがなに?ですよね~。安定するってことは、マシンの運動性をスポイルさせているに≒でしょう?違うかな。つまり外足そのままバンクさせようとしても、ゆっくりとしかバンクしなかったりします。そんなことはない、って人はちゃんとバンクに合わせてコントロール出来てるんですよ、多分。

 とまあ、こんな感じで、なんとなく思ってることを正しいか、間違っているか関係なく、ダラダラと書いてみたわけですよ。だからそれがどうした、って話ですけどね。秋から冬の長い夜に、なんとなくバイクのことを考えてみようというだけの話です。ライディングを自分なりに理解していくには、考えて思ったことを次にバイク乗った時に試してみよう…と思うのが大事なんですよね。

|

« つぶやき~ | トップページ | ダラダラと…つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダラダラと:

« つぶやき~ | トップページ | ダラダラと…つ »