« 水冷フラットツインのGS | トップページ | SとTのRX »

2013年6月17日 (月)

アーシング

130609_130002 こんな感じで黄色いバイクに青いコードが…。正直あまりよろしい感じではありませんが、せっかくあるものですし、予算はすでに来年分まで影響を与えそうな感じですし、ここは実をとって、乗ってれば見えないということで。

 バッテリーからセルモーター付近、エンジン後部の部分、ヘッドパイプ後ろのコイルのあたりと、3か所にラインを引いてみました。が、先日ちょこっと書いた様に、安定した状態で比較しながらやっていなかったので、効果、そして逆効果の部分がちょっと見えないのですよね。かかりが悪いのは関係ないとは思うのだけれど…。

 梅雨の晴れ間で時間が空いていて、ちょっといじってみようかな…という奇跡的な時間があれば、一つづつ付け外しして様子を見てみることにしましょう。長いコードが一本残ってるので、それもどこか(本当は左右のシリンダーのあたりに一本づつなんだろうけど、ボルトが…)に付けようかな。

 さて、コイル、イグナイターと交換しましたから、後はエンジン側の信号拾うところ以外は大丈夫(ケーブルがダメだったら泣くだけだ~)なはずですね。アーシング、接点磨きとか、地味な電気の調整もしたし、もう止まらないで欲しいなぁ~。

|

« 水冷フラットツインのGS | トップページ | SとTのRX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーシング:

« 水冷フラットツインのGS | トップページ | SとTのRX »