« ライパ写真② | トップページ | NC700X 3 »

2013年8月31日 (土)

ノークラッチ・シフトチェンジ

 結構素早いシフトチェンジをすることも多いので、ノークラッチ?と聞かれることがありますが、きちんと奥まで引き切る様なクラッチ操作をしています。指3本ということも多いので、完全に奥までというわけではないですが、ノークラッチでは変速しないです。だって4ストではエンジンもクラッチも結構いたみますし。

 というわけで、ノークラッチシフト自体はNSRに乗っていた時に使っていたこともありました。2ストはトルクも少ないですし、ノークラッチシフトダウンでも強烈すぎるエンジンブレーキがかかることもないので、禁断のシフトダウンも練習したりしましたね。まあ、最初はちょっとアレですが、慣れてしまうと普通なことになります。

 でも必要に迫られたのって、グッチのクラッチケーブルが出先で切れそうになった時のシフトアップぐらいで、ケーブルが完全に切れた時はシフトチェンジ無しでノロノロと帰ってきましたしね。あの時はハザードランプ付いてて良かった!と思いましたね。スイッチの調子が悪くて手元に来た時には点かなかったのを直しといて良かった。

 とはいえ、シフトチェンジにはタイミングと入力の加減が大事ということが良くわかったので、今でもクラッチをきちんと使いながらも、素早く丁寧なシフトチェンジができるというわけですね。しかし今の世の中、2ストなんて絶滅種に乗る機会なんてほとんどないでしょうから、なかなか練習は難しいですよねぇ。

追記 : 下にさがったのでこそっとヒントを書いておくと、シフトアップの時にアクセルをギリギリしか戻さないというあたりが結構大事かも。この辺はノークラッチシフトを繰り返していると感触がつかみやすいんですけど、4ストでやると絶対ミッション壊すから…。

|

« ライパ写真② | トップページ | NC700X 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノークラッチ・シフトチェンジ:

« ライパ写真② | トップページ | NC700X 3 »